Suzuki WagonR (2017 year). Instruction japanese - part 19

 

  Index      Suzuki     Suzuki WagonR (2017 year) - instruction japanese

 

Search            copyright infringement  

 

 

 

 

 

 

 

 

Content      ..     17      18      19      20     ..

 

 

Suzuki WagonR (2017 year). Instruction japanese - part 19

 

 

装備の取扱い/エアコン、ヒーター

5-25

5

■ ファン(風量)調節ダイヤル

フ ァ ン(風 量)調 節 ダイ ヤ ル を ま わ す
と、風量が調節できます。

■ エアコンスイッチ

エンジンをかけ、ファン(風量)調節ダ
イヤルを停止の位置から時計方向にまわ
し、エアコンスイッチを押します。除湿
された風が吹き出すとともに、スイッチ
内の表示灯が点灯します。
止めるときは、スイッチをもう一度押し
ます。

暖房しているときにエアコンスイッチを
入れると、除湿された温風が吹き出し
て、ここち良い暖房になります。

ダイヤル位置

風量

停止

弱←→強

長時間の停車や渋滞では、鉛バッテ
リー保護のため風量を弱くしてくださ
い。

装置保護のため、エアコンの冷却器
を通る空気の温度が0℃近くまで下が
ると、エアコンが切れます。このた
め、外気温が0℃近くまで下がってい
るときに外気導入にすると、エアコ
ンが作動しません。

エアコンスイッチを入れると、しば
らくの間白い霧が吹き出すことがあ
ります。これはしめった空気が急に
冷やされて発生するもので、異常で
はありません。

0

1 2 3 4

除湿暖房

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5

装備の取扱い/エアコン、ヒーター

5-26

次の図は代表例です。お車のタイプにより異なります。

63R50400

※リヤデフォッガースイッチについては、5-32ページをお読みください。

(1) ファン(風量)調節ノブ

(5) OFFスイッチ

(2) 温度調節ノブ

(6) オートスイッチ

(3) 内外気切替えスイッチ

(7) デフロスタースイッチ

(4) エアコンスイッチ

(8) モード(吹出し口)切替えスイッチ

オートエアコン

タイプ別装備

(2)

(1)

ディスプレイ

(8)

(※)

(7)

(6)

(4)

(5)

(3)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

装備の取扱い/エアコン、ヒーター

5-27

5

オートエアコンの使いかた

■ 通常の使いかた(自動で使う

とき)

オートスイッチ(6)を押して温度調節
ノブ(2)で希望の温度を設定すると、各
機能が自動制御されます。ただし、デフ
ロスター位置へは自動で切り替わりませ
ん。
→ 5-30ページ(オートスイッチ)

エンジンをかけ、オートスイッチ

(6)を押します。ディスプレイに次

のように表示(代表例)されます。

63R50410

冷房や除湿をしないときは、エア
コンスイッチ(4)を押してエア
コンを止めてください。エンジン
への負荷が軽減され、燃費の向上
につながります。ただし、エアコ
ンを止めると、室内温度を外気温
度以下にはできません。

フロントガラス、運転席・助手席
ドアガラスがくもったときは、デ
フロスタースイッチを押すか、
モード(吹出し口)切替えスイッ
チを押して 「デフロスター / 足
元」位置へ切り替えてください。
→ 5-29ページ

(モード切替えスイッチ)

→ 5-31ページ

(デフロスタースイッチ)

温度調節ノブ(2)を操作して希望
温度を設定します。設定温度はLO、
18℃∼32℃、HIの間で、0.5℃間隔
で設定できます。

25℃を基準に希望の温度を設定
してください。ただし、外気温に
よっては、希望の設定温度になら
ないことがあります。

作動を停止するときは、OFFスイッ
チ(5)を押します。

(9) 風量

(12)吹出し口

(10)AUTO表示

(13)設定温度

(11)A/C表示

1

(10) (11)

(13)

(12)

(9)

2

3

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

装備の取扱い/エアコン、ヒーター

5-28

5

■ 手動で使うとき

好みにあわせてスイッチを操作してくだ
さい。

AUTO 作動中でも、操作したスイッチ
の機能が優先され、操作したスイッチ
以外は自動制御されます。

すべての作動を AUTO にもどすとき
は、オートスイッチ(6)を押します。

止めるときは、OFFスイッチ(5)を押
します。

■ アイドリングストップ中

エンジン自動停止中は送風に切り替わ
り、エコクールで蓄えた冷気を車内に送
ります。
→ 4-75ページ(エコクール)

設定を切り替えることで、アイドリン
グストップ中の空調を変更できます。
→ 3-105ページ

(セッティングモード(Bタイプ))

エンジンを停止しても設定温度を記
憶しています。

AUTO作動中に、ファン(風量)調節
ノブ(1)、モード(吹出し口)切替え
スイッチ(8)のいずれかを操作する
と、操作したノブやスイッチの機能が
優先されてAUTO表示が消えます。た
だし、操作したノブやスイッチ以外は
自動制御となります。

AUTO作動中にデフロスタースイッチ

(7)を押すと、AUTO表示が消えて風

量が増加し、外気導入となってエアコ
ンが作動します。ただし外気温が低い
と、エアコンが作動しないこともあり
ます。

外気温が低くエンジンが冷えている
ときや、外気温が高いときは、冷風
や熱風が吹き出すのを防ぐため、し
ばらくの間、風が少量しか吹き出さ
ないことがあります。

エンジンスイッチが 

 のときに、

ディスプレイの AUTO 表示が点滅し
たときは、システムの異常が考えら
れます。スズキサービス工場で点検
を受けてください。

ON

走行を開始して間もないときや渋滞
中は、冷気が十分に蓄えられない場
合があります。また、外気温やエア
コンの設定状態によっては、効果に
差があります。

エンジン自動停止により、冷暖房性能
が十分でなくなった場合は、アイドリ
ングストップシステム OFF スイッチ
を押して、アイドリングストップシス
テムを停止状態にしてください。(エ
ンジンが自動再始動し、冷暖房性能が
復帰します。)
→ 4-74 ページ(アイドリングス

トップシステムOFFスイッチ)

エンジン自動停止中にフロントガラ
ス、運転席・助手席ドアガラスがく
もったときは、デフロスタースイッチ
を押してください。(デフロスタース
イッチを押すとエンジンが自動再始
動し、デフロスターが作動します。)
→ 4-66 ページ(アイドリングス

トップシステム)

→ 5-31ページ

(デフロスタースイッチ)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

5

装備の取扱い/エアコン、ヒーター

5-29

各スイッチ、ダイヤルの使いかた

■ モード(吹出し口)切替えスイッチ

モード(吹出し口)切替えスイッチを押すごとに吹出し口が切り替わり、ディスプレイ
の表示も切り替わります。

※後席足元吹出し口(リヤヒーターダクト)はタイプ別装備です。

上半身に送風したいとき

上半身、足元に送風したいとき

63R50420

63R50430

足元に送風したいとき

足元への送風と窓ガラスのくもりを
取りたいとき

63R50440

63R50450

運転席や助手席のドアガラスがくもったときは、ドアガラスに風が直接当たるよう
にサイド吹出し口を調節すると、より早くくもりが取れます。

(※)

(※)

(※)

(※)

(※)

(※)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

装備の取扱い/エアコン、ヒーター

5-30

5

■ 内外気切替えスイッチ

内外気切替えスイッチを押すごとに、内
気循環と外気導入が交互に切り替わりま
す。内気循環のときに、スイッチの上の
表示灯が点灯します。

■ オートスイッチ

オートスイッチを押すと、ディスプレイ
に AUTO A/C が表示され、次の機能が
自動制御されます。

吹出し風量の調節

吹出し口の切替え

内気循環/外気導入の切替え

手動で内気循環を選択しているときは、
オートスイッチを押しても内気循環はそ
のままで自動制御されません。内気循環
/外気導入の切替えを自動制御にもどす
には、次のようにします。

内外気切替えスイッチ(3)、また
はデフロスタースイッチ(7)を押
して外気導入に切り替えます。

オートスイッチを押します。

AUTO 作動中、吹出し口切替え表示が

のときに、頭寒足熱暖房になります。

足元に温かい風が吹き出し、上半身に
は比較的低い温度の風が吹き出しま
す。

エアコンを作動させると、さらに温度
差のある効果的な頭寒足熱暖房ができ
ます。

■ 温度調節ノブ

温度調節ノブを操作すると、LO、18 ℃
∼32℃、HIの間で設定温度を変更できま
す。設定温度はディスプレイに表示され
ます。

ノブを18℃から押し下げると、ディス
プレイに LO が表示され、最大冷房に
なります。また、ノブを32℃から押し
上げると、ディスプレイに HI が表示
され、最大暖房になります。

表示

状態

(外気導入)

外気を導入しています。

通常はこの位置でお使い
ください。

(内気循環)

外気をしゃ断しています。

トンネル内や渋滞時など
外 気 が 汚 れ て い る と き
や、早く冷暖房したいと
きにお使いください。

長時間、内気循環にするとガラスが
くもりやすくなります。

外気と内気の温度差により、外気導
入、内気循環のどちらかに固定され
る場合があります。必要に応じて、
内外気切替えスイッチを押して切り
替えてください。

エアコンシステムへの不快な臭いの
吸着・発生を抑えるために、長時間
駐車するときは「外気導入」にして
おくことをおすすめします。

¨๡ཌྷᴦ

¨ཟཌྷᴦ

LO または HI が表示されているとき
は、急に風量が最大となったり、急に
吹出し温度が変化したりする場合があ
りますが、異常ではありません。

内気循環/外気導入の自動制御

1

2

頭寒足熱暖房

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

装備の取扱い/エアコン、ヒーター

5-31

5

■ ファン(風量)調節ノブ

ファン(風量)調節ノブを操作すると、
風量が調節できます。風量はディスプレ
イに表示されます。

風量を大きくするときは上方向、風量
を小さくするときは下方向へ操作しま
す。

連続調節するときは、操作し続けます。

ファンを停止するときは、OFF スイッ
チ(5)を押します。

■ エアコンスイッチ

ファン作動中に使用できます。

エアコンスイッチを押すごとに、エア
コン(冷房・除湿機能)の作動と停止
が交互に切り替わり、ディスプレイの
表示も切り替わります。

エアコンの作動中はスイッチの上の表
示灯が点灯します。

暖房しているときにエアコンスイッチを
入れると、除湿された温風が吹き出し
て、ここち良い暖房になります。

■ デフロスタースイッチ

デフロスタースイッチを押すと、自動的
にエアコンが作動し、吹出し口が切り替
わります。同時にスイッチの上の表示灯
が点灯し、ディスプレイの表示も切り替
わります。
もう一度押すと、デフロスタースイッチ
を押す前の制御にもどります。(オート
制御の場合、吹出し口や内外気、風量の
状態が変わることがあります)

内気循環になっているときは、外気導
入に切り替わります。

風量が自動的に増加します。ファン(風
量)調節ノブを操作して、好みの風量
にも調節できます。

エアコンが必要ないときは、エアコン
スイッチを押して停止してください。

装置保護のため、エアコンの冷却器
を通る空気の温度が0℃近くまで下が
ると、エアコンが切れます。このた
め、外気温度が0℃近くまで下がって
いるとき外気導入にすると、エアコ
ンが作動しません。

エアコンスイッチを入れると、しば
らくの間白い霧が吹き出すことがあ
ります。これはしめった空気が急に
冷やされて発生するもので、異常で
はありません。

除湿暖房

窓ガラスのくもりを取りたいとき

63R50460

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

装備の取扱い/エアコン、ヒーター

5-32

5

■ OFFスイッチ

OFF スイッチを押すと、ファンが停止し
てエアコンも止まります。

エンジン回転中、またはアイドリングス
トップシステムによるエンジンの自動停
止中に使用でき、バックドアガラスの内
側のくもりを取ります。
ドアミラーヒーター装備車では、同時に
ドアミラーも暖められ、ミラーについた
くもりを取ります。
→ 4-66ページ

(アイドリングストップシステム)

→ 3-28ページ

(ドアミラーヒータースイッチ)

スイッチを押すとバックドアガラスが
暖められて、スイッチ内、もしくはス
イッチの上の表示灯(1)が点灯します。
もう一度押すとスイッチが切れます。

約 15 分連続で使用すると、自動的に
スイッチが切れます。

使用中にエンジンスイッチを

たは 

(OFF)にすると、エン

ジンを再始動しても自動的にスイッチ
は入りません。

63R50470

内気循環に切り替えると、くもりが
取れにくくなります。

設定温度を低くすると、窓ガラスの
外側に露がつくことがあります。

設定温度を高くすると、早くくもり
が取れます。

外気温が低いときは、エアコンが作
動しないこともあります。

スイッチの上の表示灯は吹出し口が
デフロスター位置にあると、ファン
やエアコンを停止させた状態でも点
灯します。

運 転 席 や 助 手 席 の ド ア ガ ラ ス が く
もったときは、ドアガラスに風が直接
当たるようにサイド吹出し口を調節
すると、より早くくもりが取れます。

リヤデフォッガースイッチ

ACC

LOCK

マニュアルエアコン装備車

ドアミラーヒーター

非装備車

ドアミラーヒーター

装備車

(1)

(1)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

装備の取扱い/エアコン、ヒーター

5-33

5

63R50480

温度感知装置

オートエアコンは、日射センサー(1)、
室温センサー(2)、外気温センサーなど
によって周囲の状況を感知し、自動制御
しています。

63R50490

63R50500

鉛バッテリー保護のため、くもりが
取れたらすみやかにスイッチを切っ
て く だ さ い。ま た、雪 を 溶 か し た
り、雨水を乾燥させたりする目的で
使用しないでください。

バックドアガラスの室内側をふくと
きは、熱線や端子を傷つけないよう
に、水を含ませたやわらかい布で熱
線に沿ってふいてください。

エンジン停止中はスイッチが入りませ
ん。(アイドリングストップシステム
装備車のエンジンの自動停止中を除
く)

オートエアコン装備車

ドアミラーヒーター
非装備車

ドアミラーヒーター
装備車

(1)

(1)

日射センサーの上や周囲にものを置い
たり、ガラスクリーナーなどを吹きか
けたままにしたりしないでください。
また、室温センサーにシールなどを
貼って、ふさがないでください。セン
サー感度が低下し、正常に自動制御さ
れなくなります。

エアコンの上手な使いかた

オートエアコン装備車

インパネ運転席側

(1)

(2)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

装備の取扱い/エアコン、ヒーター

5-34

5

エアコンガスを充填するときは

エアコンガスは、必ず冷媒 HFC134a
(R134a)を使用してください。

エアコンガスを充填するときは、スズ
キ販売店またはスズキ代理店にご相談
ください。

地球環境を守るため、エアコンガスを
大気中に放出しないでください。エア
コンの修理や廃車時の処理は、スズキ
販売店またはスズキ代理店にご相談く
ださい。

冷房性能が低下してきたと感じた場合
は、スズキサービス工場で点検を受け
てください。

長期間使用しないときは

月に 1 回程度はエアコンを作動させ、エ
アコン装置の各部にエアコンガスを循環
させてください。エアコンガスには各部
の潤滑に必要なオイルが含まれています
ので油ぎれを防ぐことにより性能を維持
します。

炎天下に駐車したときは

長時間、炎天下に駐車すると、室内が高
温になります。ドアや窓を開けて室内を
換気しながら、冷房をしてください。

エアフィルターを清掃、交換
するときは

エアコンを快適に使用するために、エア
フィルターを取り付けています。エア
フィルターは定期的に清掃、交換してく
ださい。

地域

清掃時期

の目安

交換時期

の目安

寒 冷地、粉じ
んの多い地域

5,000 kmご
と、または 6
か月ごと

車検ごと

上記以外の
地域

10,000 km
ごと、または
12か月ごと

車検ごと

エアフィルターを清掃または交換の
際は、車内部品を破損するおそれがあ
りますので、スズキ販売店またはスズ
キ代理店での清掃/交換(有料)をお
すすめします。

新しいエアフィルターはスズキ販売
店またはスズキ代理店でご購入くだ
さい。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

装備の取扱い/オーディオ

5-35

5

■ エアフィルターの取り外し

グローブボックスの側面を矢印の方
向に押し込み、取り外します。

63R50510

ホルダー(1)を外し、エアフィル
ター(2)を取り出します。

63R50520

■ エアフィルターの取り付け

エアフィルターは、取り付け方向
マーク(1)の矢印を上向きにして
挿入します。

ホルダー右側のつめ(2)をケース
側にひっかけます。

63R50530

1

2

(1)

(2)

(2)

アンテナで受信できるラジオやテレビ
(タイプ別装備)の電波は使用環境に
より変わるため、ビルの谷間などでは
良好な受信状態を保てないことがあり
ます。

1

2

(1)

(2)

オーディオ

アンテナ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

装備の取扱い/オーディオ

5-36

5

ルーフアンテナ

車両後部の運転席側にあります。

■ アンテナの調節

アンテナの位置は 3 段階(①、②、③)
に調節できます。

調節は手でアンテナを動かして行ない
ます。

ラジオを聴くときは、アンテナを②の
位置に固定してください。
アンテナが①または③の位置に倒れて
いると、ラジオの受信が正常にできな
いことがあります。

50M0162

■ アンテナの脱着

取り外すときはアンテナ(1)を反時
計方向にまわします。

再び取り付けるときは手でアンテナを
ベース部(2)にねじ込み、しっかり
と取り付けてください。

50M0160

車庫の天井などにアンテナが当たると
きは、手でアンテナを①または③の位
置に倒してください。

Ұ

次のようなときには、アンテナを取り
外してください。アンテナを損傷する
おそれがあります。

自動洗車機にかけるとき

ボディカバーをかけるとき

降雪時に長時間駐車するとき

(2)

(1)

፻ɑɞ

፿ɓ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

装備の取扱い/オーディオ

5-37

5

ガラスアンテナ

リヤクォーターガラス上部に内蔵されて
います。

安全運転のさまたげにならな
い音量でお聞きください

音楽などを聞いているときに、車内ま
たは車の近くで携帯電話を使用する
と、スピーカーからノイズ(雑音)が
聞こえることがあります。これは故障
ではありません。

ナビゲーションまたはオーディオが不
法電波の影響を受けると、正常に作動
しないことがあります。

ナビゲーションまたはオーディオの機
能については、次の参照先または付属
の取扱説明書をお読みください。
→ 5-37ページ(CDプレーヤー)

CDの演奏について

車内が極度に冷えた状態で、ヒーター
を入れてすぐに本機を使用すると、
CD や本機内部の光学部品がくもって
正常に再生できない場合があります。
CD がくもっているときは、やわらか
い布でふいてください。光学部品がく
もったときは、電源を入れた状態で 1
時間ほど放置すると自然にくもりがと
れ、正常な状態にもどります。

悪路などで車体が激しく振動すると、
CDが音飛びを起こすことがあります。

アンテナ線部に次のようなものを貼
り付けないでください。受信感度が
低下したり、ノイズ(雑音)が入る
おそれがあります。
・金属が含まれるウインドーフィルム
・そのほかの金属物(スズキ純正用

品を除く)

リヤクォーターガラスの室内側をふ
くときは、アンテナ線を傷つけない
ように、水を含ませたやわらかい布
でアンテナ線に沿ってふいてくださ
い。

タイプ別装備

オーディオ機能について

走行中はナビゲーションまたはオー
ディオを操作しないでください。操作
に気を取られて、思わぬ事故を起こす
おそれがあります。

エンジンを停止したまま長時間ナビ
ゲーションまたはオーディオを使う
と、鉛バッテリーあがりの原因となり
ます。

CDプレーヤー

タイプ別装備

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

装備の取扱い/オーディオ

5-38

5

CDについて

下記マークのついた CD をご使用くださ
い。ハート形や八角形など、特殊形状の
CDは使用しないでください。

72M00518

CD-R/CD-RW は、音楽用 CD-R/CD-
RW だけを使用してください。また、
録音状態によっては再生できない場合
があります。

各種コピーコントロールCDは、CD規
格に合致しない特殊ディスクであり、
再生できない場合があります。CD の
発売元にお問い合わせください。

新しいディスクは、ディスクの周囲に

「バリ」が残っていることがあります。

このようなディスクを使用すると、再
生できなかったり音飛びの原因となっ
たりします。ディスクにバリがあると
きは、ボールペンなどでバリを取り除
いてからお使いください。

80J1168

■ CDは次のような場所には保管

しない

直射日光の当たる場所

湿気やほこりの多い場所

暖房の熱が直接当たる場所

■ お手入れ

汚れたときは、内側から外側へ向かって
やわらかい布でよくふいてください。

(1) バリ

(2) ボールペン

(2)

(1)

CD-R/CD-RW は、通常の音楽 CD
に比べて高温多湿の環境に弱く、車
内に長時間放置すると再生できない
場合があります。

記録面に、傷、指紋、ほこり、汚れ
などをつけないでください。

レーベル面(印刷面)や記録面にシー
ル、シート、テープなどを貼らないで
ください。

テープやレンタルCDのラベルなどの
糊がはみ出したり、はがしたあとが
あったりするCDは使用しないでくだ
さい。そのままCDプレーヤーに入れ
ると、CDが取り出せなくなったり、
故障の原因となったりします。

8 cmシングルCDは再生できません。
アダプターを付けた状態でも本機に
挿入しないでください。

レコードクリーナー液やアルコールな
どでふかないでください。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

装備の取扱い/オーディオ

5-39

5

基本操作

※イラストは代表例です。お車のタイプにより、このイラストと異なることがあります。

63R50540

■ 電源を入れる

エンジンスイッチが 

  または 

のときに、電源ボタン(1)を押します。

63R50550

電源を入れると、前回の操作終了時の
モードがディスプレイに表示されま
す。

もう一度押すと、電源が切れます。

(1) 電源ボタン

(2) 音量調節ボタン

(3) アップボタン

(4) ダウンボタン

(1)

(2)

(3)

(4)

ACC

ON

(1)

エンジンスイッチが 

  または

  のときは、オーディオの電源が

切れていても時計は表示されます。

ACC

ON

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

装備の取扱い/オーディオ

5-40

5

■ 音量を調節する

音量調節ボタン(2)を押します。

63R50560

上側のボタンを押すと大きくなり、下
側のボタンを押すと小さくなります。

長押しすると、連続で調節できます。

■ 時計をあわせる

初回電源投入時、時計は 12:00 が点
滅表示します。

時計表示が点滅するまで、電源ボタ
ン(1)を長押しします。

次の操作をして、時計をあわせます。

時をあわせるときは、アップボタ
ン(3)を押します。押すごとに
時が進み、12まで進むと1にもど
ります。

分をあわせるときは、ダウンボタ
ン(4)を押します。押すごとに
分が進み、59 まで進むと 00 にも
どります。

ボタンを長押しすると、早送りさ
れます。

63R50570

アップ/ダウンボタン以外のいずれ
かのボタンを押すと、時計あわせを
終了します。

車外の音が聞こえる音量で使用して
ください。

電源を切るときは、音量を小さくし
てください。電源を入れたときに突
然大きな音が出ると、聴力障害など
の原因となります。

音量は0∼40の範囲で調節できます。

(2)

1

2

(3)

(4)

3

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

Content      ..     17      18      19      20     ..