Toyota Roomy (2017 year). Instruction japanese - part 25

 

  Index      Toyota     Toyota Roomy (2017 year) - instruction japanese

 

Search            copyright infringement  

 

 

 

 

 

 

 

 

Content   ..  23  24  25  26   ..

 

 

Toyota Roomy (2017 year). Instruction japanese - part 25

 

 

383

8

8-2. 緊急時の対処法

けん引について

次の場合は、駆動系の故障が考えられるため、トヨタ販売店または専門
業者へご連絡ください。

エンジンはかかるが車が動かない

異常な音がする

けん引は、できるだけトヨタ販売店または専門業者にご依頼ください。

その場合は、レッカー車または、車両運搬車を使用することをおすすめ
します。

やむを得ず他車にロープでけん引してもらう場合は、車両積載車までの
移動など、できるだけ短距離にとどめてください。 

けん引の前に販売店への連絡が必要な状況

レッカー車でけん引するとき

X

前向きにけん引するときは

(FF 車)

X

前向きにけん引するときは

(4WD 車)

パーキングブレーキを解除する

台車を使用して後輪を持ち上げる

KBTH820107

KBTH820108

384

8-2. 緊急時の対処法

車両運搬車で輸送するときは、図の
場所で固縛する

輸送後は、リヤ側に取り付いているフ
タをもとにもどしてください。

鎖やケーブルなどを使用して車両
を固縛する場合は図に黒く示す角
度が 45°になるように固縛する

X

うしろ向きにけん引するときは

台車を使用して前輪を持ち上げる

車両運搬車を使用するとき

KBTH820109

KBTH820101

KBTH820110

385

8-2. 緊急時の対処法

8

けん引フックを取り出す(→ P. 415, 426)

けん引フックを取り付ける

マイナスドライバーなどを使っ
てフタをはずす

傷が付くのを防ぐため、マイナスド
ライバーなどの先端に布などを巻い
て保護してください。

けん引フックを穴に挿し込んで
まわし、軽く締める

ホイールナットレンチや金属の
固い棒などを使い確実に取り付
ける

他車にけん引してもらうとき

KBTH820102

KBTH820103

KBTH820104

386

8-2. 緊急時の対処法

車体に傷が付かないようにロープをけん引フックにかける

車体に傷が付かないように注意してください。また、前進方向でけん引してくださ
い。

ロープの中央に白い布を付ける

布の大きさ:
0.3m 平方(30cm × 30cm)以上

運転者はけん引される車両に乗り、エンジンをかける

エンジンがかからないときは、エンジンスイッチをイグニッション ON モードにし
てください。

けん引される車両のシフトポジションを N にしてから、パーキングブ
レーキを解除する

けん引中は、ロープがたるまないよう、減速時なども前の車の速度に合わせてくだ
さい。

シフトレバーがシフトできないときは:→ P. 186

KBTH820111

25m 以内

5m 以内

けん引方向

白い布

387

8-2. 緊急時の対処法

8

けん引フックの使用目的

けん引フックはけん引してもらうときに使うものであり、他車をけん引するため
のものではありません。

他車にけん引してもらうときに

エンジンが停止しているとブレーキの効きが悪くなったり、ハンドル操作が通常
より重くなったりします。

ホイールナットレンチについて

助手席フロア下に搭載されています。(→ P. 415, 426)

リヤ側フックについて

輸送用フックについて

知識

このフックは、自車より軽い車をやむを得ず
一般路上でロープによりけん引するときに
使用することができます。

このフックは船舶固縛で車両を輸送すると
きに固定するためのものです。他車に引っ張
り出してもらったり、他車をけん引したりす
ることはできません。

KBTH820105

KBTH820106

388

8-2. 緊急時の対処法

警告

次のことを必ずお守りください。
お守りいただかないと、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそ
れがあります。

レッカー車でけん引するとき

X

FF 車

X

4WD 車

必ず前輪を持ち上げるか、4 輪とも持ち上
げた状態で運搬してください。前輪が地面
に着いた状態でけん引すると、駆動系部品
が破損するおそれがあります。

KBTH820112

4 輪とも持ち上げた状態で運搬してくださ
い。タイヤが地面に着いた状態でけん引す
ると、駆動系部品が破損したり車が台車か
ら飛び出したりするおそれがあります。

KBTH820113

389

8-2. 緊急時の対処法

8

警告

他車にけん引してもらうときの運転について

けん引フックやロープに過剰な負荷をかける急発進などを避けてください。
けん引フックやロープが破損し、その破片が周囲の人などにあたり、重大な傷
害を与えるおそれがあります。

エンジンスイッチを OFF にしないでください。
ハンドルがロックされ、ハンドル操作ができなくなるおそれがあります。

けん引フックを車両に取り付けるとき

指定の位置にしっかりと取り付けてください。
指定の位置にしっかり取り付けていないと、けん引時にフックがはずれるおそ
れがあります。

注意

レッカー車でけん引するとき

車両運搬車に車を固縛するとき

ケーブル等を過度に締め付けすぎないでください。車両の損傷につながるおそ
れがあります。

車両の損傷を防ぐために図のようなレッ
カー車ではけん引しないでください。

KBTH820114

390

8-2. 緊急時の対処法

注意

車両の損傷を防ぐために

他車にけん引してもらうときは次のことを必ずお守りください。

・ ワイヤーロープは使用しない
・ 速度は 30km/h 以下、距離 80km 以内でけん引する
・ 前進方向でけん引する
・ サスペンション部などにロープをかけない

この車両で他車やボート(トレーラー)などをけん引しないでください。

長い下り坂でけん引するときは

レッカー車で前輪を持ち上げるか(FF 車)、4 輪とも持ち上げた状態でけん引
してください。レッカー車でけん引しないと、ブレーキが過熱し効きが悪くな
るおそれがあります。

リヤ側フックについて

やむを得ない場合以外は使用しないでください。装置の変形や車両の損傷など
につながるおそれがあります。

輸送用フックについて

輸送用フックで他車に引っ張り出してもらったり、他車をけん引したりしない
でください。装置の変形や車両の損傷などにつながるおそれがあります。

391

8

8-2. 緊急時の対処法

フューエルポンプシャットオフシステム

エンジンスイッチをアクセサリーモードまたは OFF にする

エンジンを再始動する

エンジン停止時および SRS エアバッグ作動時は、フューエルポンプ
シャットオフシステムが作動し、燃料供給を停止し、燃料もれを最小限
に抑えます。

システム作動後にエンジンを再始動するには

注意

エンジンを始動する前に

車両下をよく確認してください。
地面に燃料もれを見つけた場合は、燃料システムに損傷があり、修理する必要
があります。その場合はエンジンを再始動しないでください。

392

8-2. 緊急時の対処法

警告灯がついたときは

警告灯が点灯または点滅したままの場合は、落ち着いて次のように対処
してください。なお、点灯・点滅しても、その後消灯すれば異常ではあ
りません。ただし、同じ現象が再度発生した場合は、トヨタ販売店で点
検を受けてください。

警告灯・警告ブザー一覧

警告灯

警告灯名・警告内容・対処方法

ブレーキ警告灯(警告ブザー

※ 1

・ ブレーキ液の不足
・ ブレーキ系統の異常

→ ただちに安全な場所に停車し、トヨタ販売店へ連絡してくだ

さい。走行を続けると危険です。

充電警告灯

充電系統の異常

→ ただちに安全な場所に停車し、トヨタ販売店へ連絡してくだ

さい。

油圧警告灯(警告ブザー)

エンジンオイルの圧力異常

→ ただちに安全な場所に停車し、トヨタ販売店へ連絡してくだ

さい。

(赤色点滅

または点灯)

高水温警告灯

エンジン冷却水温の異常

(水温の上昇にともない、点滅から点灯にかわります。→ P. 442)

→ ただちに安全な場所に停車し、トヨタ販売店へ連絡してくだ

さい。

エンジン警告灯

・ エンジン電子制御システムの異常
・ 電子制御スロットルの異常

→ ただちにトヨタ販売店で点検を受けてください。

(点滅)

オートマチックトランスミッション警告灯

オートマチックトランスミッション電子制御システムの異常

→ ただちにトヨタ販売店で点検を受けてください。

SRS エアバッグ/プリテンショナー警告灯

・ SRS エアバッグシステムの異常
・ プリテンショナー付きシートベルトシステムの異常

→ ただちにトヨタ販売店で点検を受けてください。

393

8-2. 緊急時の対処法

8

ABS 警告灯

ABS の異常

→ ただちにトヨタ販売店で点検を受けてください。

(赤色)

パワーステアリング警告灯(警告ブザー)

EPS(エレクトリックパワーステアリング)の異常

→ ただちにトヨタ販売店で点検を受けてください。

   ※ 2

(黄色)

パワーステアリング警告灯(警告ブザー

※ 3

電圧不足・エレクトリックパワーステアリングのオーバー
ヒート

→ ハンドル操作が重くなりますので、しばらくハンドル操作を

ひかえてください。約 10 分経過すると通常の重さにもどり
ます。

            ※ 4

スマートアシスト OFF 表示灯

車線逸脱警報 OFF 表示灯

マスターウォーニング

マルチインフォメーションディスプレイに“スマアシ故障”が
表示

スマートアシストⅡの異常

※ 5

→ ただちにトヨタ販売店で点検を受けてください。

(点灯)

スリップ表示灯

・ ブレーキアシストの異常
・ VSC システムの異常
・ TRC システムの異常

(VSC・TRC 作動時は点滅します。→ P. 275)

・ ヒルスタートアシストコントロールの異常

→ ただちにトヨタ販売店で点検を受けてください。

(黄色)

クルーズコントロール表示灯

クルーズコントロールの異常

→ ただちにトヨタ販売店で点検を受けてください。

(点滅)

Stop & Start キャンセル表示灯

・ Stop & Start システムの異常
・ スターターの交換時期

(Stop & Start システム非作動時は点灯します→ P. 239)

→ ただちにトヨタ販売店で点検を受けてください。

警告灯

警告灯名・警告内容・対処方法

:グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

394

8-2. 緊急時の対処法

            ※ 6

(点滅→消灯)

Stop & Start キャンセル表示灯

バッテリーの交換時期

(Stop & Start システム非作動時は点灯します→ P. 239)

→ トヨタ販売店で点検を受けてください。

LED ヘッドランプオートレベリング警告灯

自動光軸調整システムの異常

→ ただちにトヨタ販売店で点検を受けてください。

(点灯)

キーフリー警告灯

キーフリーシステムの異常

(キーフリー警告灯が点滅したときは→ P. 396)

→ ただちにトヨタ販売店で点検を受けてください。

ブレーキオーバーライドシステム警告灯

ブレーキオーバーライドシステムの作動時

→ アクセルペダルから足を離す

半ドア警告灯

(警告ブザー

※ 7

いずれかのドアが確実に閉まっていない

→ 全ドアを閉める

燃料残量警告灯

燃料の残量が 2WD 車は 5.4L 以下、4WD は 6.6L 以下に
なった

→ 燃料を補給する

(点滅)

運転席シートベルト締め忘れ警告灯(警告ブザー

※ 8

運転席シートベルトの締め忘れ

→ シートベルトを着用する

(点滅)

助手席シートベルト締め忘れ警告灯

※ 9

(警告ブザー

※ 8

助手席シートベルトの締め忘れ

→ シートベルトを着用する

後席シートベルト締め忘れ警告灯

※ 10

(警告ブザー

※ 11

後席シートベルトの締め忘れ

→ シートベルトを着用する

パーキングブレーキ未解除警告灯(警告ブザー

※ 12

パーキングブレーキがかかっているとき

→ パーキングブレーキを解除する

警告灯

警告灯名・警告内容・対処方法

:グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

395

8-2. 緊急時の対処法

8

※ 1

ブレーキ液警告ブザー:
警告灯が点灯している状態で、車速が約 5km/h 以上になると警告ブザーが
鳴ります。ブザーが鳴ったときは、ブレーキ液の不足が考えられます。 

※ 2

パワーステアリング警告灯(黄色):
消灯しない場合、繰り返し点灯する場合はトヨタ販売店で点検を受けてくだ
さい。

※ 3

パワーステアリング警告ブザー:
ハンドルが重くなった場合は、警告ブザーが鳴ります。

※ 4

“スマアシ故障”の表示:

レーザーレーダー、単眼カメラ、ソナーに異常があると、マルチインフォメー
ションディスプレイ

に表示されます。

※ 5

スマートアシストⅡ

の異常:

TFT カラーマルチインフォメーションディスプレイ

は、警告メッセージが

表示されます(→ P. 400)

※ 6

Stop & Start キャンセル表示灯:
エンジン始動時に、数秒間点滅します。

※ 7

半ドア走行時警告ブザー:
各ドアが確実に閉まっていない状態のまま、車速が約 5 km/h(スライドド
アは約 3km/h)をこえたときにブザーが鳴ります。

※ 8

運転席・助手席シートベルト締め忘れ警告ブザー:
運転席・助手席シートベルトが締め忘れたまま車速が約 20km/h 以上にな
ると警告ブザーが 30 秒間断続的に鳴ります。その後も運転席・助手席シー
トベルトが締め忘れたままだと、ブザーの音が変わり 90 秒間鳴ります。

※ 9

助手席シートベルト締め忘れ警告灯の乗員検知センサー:
助手席に乗員がいなくても、シートに荷物などを置くと、センサーが重量を
検知して警告灯が点滅することがあります。
助手席に座布団などを敷くと、センサーが乗員を検知せず警告灯が作動しな
いことがあります。

※ 10

後席シートベルト締め忘れ警告灯:
後席シートベルトが非装着の状態で、エンジンスイッチをイグニッション
ON モードにしたとき、もしくは後席シートベルトをはずすと点灯します。
後席シートベルトを着用する、または走行後約 30 秒経過すると消灯します。
また、走行後に後席シートベルトをはずした状態でスライドドアを開閉する
と点灯します。

※ 11

後席シートベルト締め忘れ警告ブザー:
車速が約 5km/h 以上で乗員が後席シートベルトをはずすと約 30 秒間鳴り
続けます。一度警告ブザーが鳴ると、約 5km/h 以下で走行しても約 30 秒
間鳴り続けます。
後席シートベルトを着用する、もしくはスライドドアを開閉すると、ブザー
が停止します。

※ 12

パーキングブレーキ未解除走行時警告ブザー:
パーキングブレーキをかけたまま、車速が約 5 km/h 以上になると警告ブ
ザーが鳴ります。

:グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

396

8-2. 緊急時の対処法

それぞれの対処方法に従って処置し、キーフリー警告灯が消灯するのを
確認してください。

※ 1

電子カードキーが車内にあってもエンジンが始動しない場合は、電池が切れ
ている可能性があります。(→ P. 358)

※ 2

電池切れが近い状態を継続すると、エンジンスイッチをアクセサリーモード
または ON モードにしたときも点滅します。

ただちに処置してください

警告ブザー

(車内)

警告灯

警告内容・対処方法

(高速点滅)

キーフリー警告灯

電子カードキーを携帯していない状態でエン
ジンをかけようとした

→ 電子カードキーを携帯する

※ 1

5 回

(高速点滅)

キーフリー警告灯

エンジンスイッチがアクセサリーモードまた
は ON モードのときにいずれかのドアを開け
て、電子カードキーを車外に持ち出し、ドア
を閉めた

→ 電子カードキーを携帯して乗車する

3 回

(点滅)

キーフリー警告灯

電子カードキーの電池切れが近いときにエン
ジンスイッチを OFF にした

→ 新しい電池に交換する

※ 2

(→ P. 358)

397

8-2. 緊急時の対処法

8

それぞれの対処方法に従って処置し、Stop & Start 表示灯が消灯する
のを確認してください。

ただちに処置してください

警告ブザー

(車内)

警告灯

警告内容・対処方法

連続音

(約 5 秒間)

(高速点滅)

Stop & Start 表示灯

Stop & Start システムによるエンジン停止
中に運転席ドアを開けた

→ 運転席ドアを閉める

連続音

(約 5 秒間)

(高速点滅)

Stop & Start 表示灯

Stop & Start システムによるエンジン停止
中に運転席シートベルトをはずした

→ 運転席シートベルトを着用する

連続音

(約 5 秒間)

(高速点滅)

Stop & Start 表示灯

Stop & Start システムによるエンジン停止
中にボンネットを開けた

→ ボンネットを閉めた後、シフトレバーを P に

して、エンジンスイッチでエンジンを始動する

警告

パワーステアリング警告灯(黄色)が点灯したとき

ハンドル操作が非常に重くなることがあります。
ハンドル操作が通常より重いときは、ハンドルをしっかりと持ち、通常より強
く操作してください。

398

8-2. 緊急時の対処法

警告メッセージが表示されたときは

処置後に再度メッセージが表示されたときは、トヨタ販売店へご連絡く
ださい。

TFT カラーマルチインフォメーションディスプレイ

に警告メッセージ

が表示された場合は、落ち着いて次のように対処してください。

KBTH821333

警告灯・警告ブザー一覧

警告メッセージ

警告内容・対処方法

ブレーキ液の不足

車速が約 5km/h をこえたときには警告ブザーが
鳴ります。

→ ただちに安全な場所に停車し、トヨタ販売店へ連

絡してください。走行を続けると危険です。

ブレーキ系統の異常
→ ただちに安全な場所に停車し、トヨタ販売店へ連

絡してください。

:グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

 

 

 

 

 

 

 

Content   ..  23  24  25  26   ..