Toyota Roomy (2017 year). Instruction japanese - part 4

 

  Index      Toyota     Toyota Roomy (2017 year) - instruction japanese

 

Search            copyright infringement  

 

 

 

 

 

 

 

 

Content   ..  2  3  4  5   ..

 

 

Toyota Roomy (2017 year). Instruction japanese - part 4

 

 

47

1-1. 安全にお使いいただくために

安全・安心のために

1

お子さまの体重から、該当する「質量グループ」を確認する

(例 1):体重が 12kg の場合、質量グループは「0

」になります。

(例 2):体重が 15kg の場合、質量グループは「Ⅰ」になります。

サイズ等級を選択する

手順

で確認した「質量グループ」から該当するサイズ等級を確認します。

(例 1):質量グループが「0

」の場合、サイズ等級は「C」・「D」・

「E」が該

当します。

(例 2):質量グループが「Ⅰ」の場合、サイズ等級は「A」

「B」

「B1」

「C」

「D」が該当します。

ただし、該当のサイズ等級でも適合性一覧表の「車両 ISOFIX 位置」に「×」
と記載されているものは選択できません。また、

「IL] と記載されている場合は、

「ISOFIX 子供専用シートのリスト」(→ P. 46)で指定されている製品を使用

してください。

子供専用シートに表示されているマーク
/ラベルを確認して、基準に適合したシー
トであることを確認する

汎用(ユニバーサル)子供専用シートに
は、次に示すマーク・ラベル類が表示され
ています。

表示されている位置・記号などは、商品に
より異なります。

ISOFIX 対応子供専用シートであること
を示す表示

サイズ等級が示されています。(表示さ
れる文字は、製品により異なります)

手順

で確認したサイズ等級に適合し

ているものを選択してください。

KBPA110604

KBPA110605

48

1-1. 安全にお使いいただくために

ISOFIX 対応子供専用シートの種類(サイズ等級別)

汎用(ユニバーサル)子供専用シートの
認可マーク

UNIVERSAL は汎用品の認可であるこ
とを表し、併せて、対象となるお子さま
の体重の範囲が記載されています。

トップテザー(→ P. 50)を示すマーク

商品の取り付け装置の位置により、意匠
は異なります。

KBPA110606

KBPA110607

A-ISO/F3

全高前向き幼児用チャイルドシート

B-ISO/F2

低型前向き幼児用チャイルドシート

B1-ISO/F2X

低型前向き幼児用チャイルドシート

(B-ISO/F2 と別形状のもの)

C-ISO/R3

大型後向き幼児用チャイルドシート

D-ISO/R2

小型後向き幼児用チャイルドシート

E-ISO/R1

後向き乳児用チャイルドシート

F-ISO/L1

左向き位置用チャイルドシート(キャリコット)

G-ISO/L2

右向き位置用チャイルドシート(キャリコット)

49

1-1. 安全にお使いいただくために

安全・安心のために

1

助手席に子供専用シートを取り付けるとき

やむを得ず助手席に子供専用シートを取り付ける場合には、助手席シートを次の
ように調整し、子供専用シートを前向きに取り付けてください。

キャリコットについて

キャリコットは横向きに取り付けることのできるベビーシートのことです。詳し
くは子供専用シート製造業者または販売業者にお尋ねください。

背もたれをいったん前に倒し、1 段目の固
定位置まで起こし、4 段目の固定位置まで
調整する

1 段目

4 段目

取り付けた子供専用シートがヘッドレス
トにかかる場合は、ヘッドレストをはずす

(→ P. 146)

シートをいちばんうしろに下げる

警告

子供専用シートを使用しない場合

子供専用シートを使用しないときであっても、シートに適切にしっかりと取り
付けた状態にしてください。ゆるめた状態で客室内に置くことは避けてくださ
い。

子供専用シートの取りはずしが必要な場合は、車両からはずして保管するか、
ラゲージルーム内に容易に動かないように収納してください。

2

1

KBTH110604

50

1-1. 安全にお使いいただくために

チャイルドシートの取り付け

シートベルトによる取り付け

(→ P. 51)

ISOFIX 対応チャイルドシート固定
専用バー(→ P. 52)

リヤ外側シートに装備されています。

(固定専用バーが装備されていること

を示すタグがシートに付いています)

トップテザーアンカー(→ P. 52)

テザーベルトを固定するときに使いま
す。
トップテザーアンカーはリヤシートの
外側の座席に装備されています。

シートベルトを正しく着用できない小さなお子さまを乗せるときは、
チャイルドシートをお使いください。お子さまの安全のために、チャイ
ルドシートはリヤシートに取り付けてください。

取り付け方法は、商品に付属の取扱説明書に必ず従ってください。

KBTH110701

KBTH110702

KBTH110703

51

1-1. 安全にお使いいただくために

安全・安心のために

1

背もたれを一度前に倒し、一段目の固定位置まで起こす

シートをいちばんうしろにさげる

ヘッドレストをいちばん上まで
上げる

ヘッドレストとチャイルドシートが干
渉してチャイルドシートが正しく取り
付けられない場合、ヘッドレストを取
りはずしてください。( → P. 146)

チャイルドシートを取り付ける
側のリヤ中央席シートベルトの
バックルを車両中央に向けて取
り出す

チャイルドシートにシートベル
トを取り付け、プレートをバック
ルに“カチッ”と音がするまで挿
し込む
ベルトがねじれていないように
する

チャイルドシートに付属の取扱説明書
に 従 い、シ ー ト ベ ル ト を チ ャ イ ル ド
シートにしっかりと固定させてくださ
い。

シートベルトで固定する

KBTH110704

KBTH110709

KBTH110705

52

1-1. 安全にお使いいただくために

チャイルドシートにシートベル
トの固定装置が備わっていない
場合は、ロッキングクリップ(別
売)を使用して固定する

ロッキングクリップの購入にあたって
は、トヨタ販売店にご相談ください。

(ロッキングクリップ品番:73119-

22010)

取り付け後はチャイルドシートを前後左右にゆすり、しっかりと固定さ
れていることを確認してください。

背もたれを一度前に倒し、一段目の固定位置まで起こす

指定の位置までスライドを調整
する

シ ートをいちば んうしろに さげてか

ら、

マークを前方へ 5 段目固定位置

(CRS)マークに合わせてくださ

い。

KBPA110705

ISOFIX 対応チャイルドシート固定専用バー&トップテザーアンカーで
固定する

KBTH110714

53

1-1. 安全にお使いいただくために

安全・安心のために

1

ヘッドレストをいちばん上まで
上げる

ヘッドレストとチャイルドシートが干
渉してチャイルドシートが正しく取り
付けられない場合、ヘッドレストを取
りはずしてください。( → P. 146)

チャイルドシートを取り付ける
側のリヤ中央席シートベルトの
バックルを車両中央に向けて取
り出す

ISOFIX 対応チャイルドシート固
定専用バーの位置を確認する

固定専用バーは、シートクッションの
奥にあります。

チャイルドシートをシートに取
り付ける

チ ャイルドシー トの取り付 け金具を
チャイルドシート固定専用バーに取り
付けます。
取り付け方法は、それぞれのチャイル
ドシートに付属の取扱説明書に従って
ください。

KBTH110704

KBTH110709

KBTH110710

KBTH110711

54

1-1. 安全にお使いいただくために

トップテザーアンカーにフック
を固定し、テザーベルトを締める

テザーベルトをピンと張り、フックが
しっかり固定されていることを確認し
ます。

取り付けたチャイルドシートを
前後左右にゆすり、固定されてい
ることを確認する

KBTH110712

KBTH110713

警告

チャイルドシートについて

事故や急停止の際、効果的にお子さまを保護するために、必ずお子さまの年齢
や体の大きさに合ったシートベルトまたはチャイルドシートを使用してくだ
さい。お子さまを腕の中に抱くのはチャイルドシートのかわりにはなりませ
ん。事故の際、お子さまがフロントガラスや乗員、車内の装備にぶつかり、重
大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

お子さまの年齢や体の大きさに合ったチャイルドシートを使用して、リヤシー
トに取り付けてください。

SRS サイド&カーテンシールドエアバッグ装着車:チャイルドシートに座ら
せている場合でも、ドア・シート・フロントピラー・センターピラー・リヤピ
ラー・ルーフサイドレール付近にお子さまの頭や体のどの部分ももたれかけな
いようにしてください。SRS エアバッグがふくらんだ場合、大変危険であり、
重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

チャイルドシートによっては、取り付けができない、または取り付けが困難な
場合があります。必ずチャイルドシートに付属の取扱説明書をよくお読みの
上、確実に取り付け、使用方法をお守りください。使用方法を誤ったり、確実
に固定されていないと、急ブレーキや衝突時などに、重大な傷害におよぶか、
最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

55

1-1. 安全にお使いいただくために

安全・安心のために

1

警告

チャイルドシートを取り付けるとき

お子さまをシートベルトで遊ばせないでください。万一ベルトが首に巻き付い
た場合、窒息など重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれが
あります。
誤ってそのような状態になってしまい、バックルもはずせない場合は、ハサミ
などでシートベルトを切断してください。

シートベルトのプレートとバックルがしっかり固定されて、ベルトがねじれて
いないか確認してください。

チャイルドシートを前後左右にゆすって、しっかり固定されているか確認して
ください。

チャイルドシートを固定したあとは、シートを調整しないでください。

運転席とチャイルドシートが干渉し、チャ
イルドシートが正しく取り付けられない
場合は、助手席側のリヤ席に取り付けてく
ださい。

助手席シートとチャイルドシートが干渉
しないように、助手席シートを調整してく
ださい。

KBTH110706

56

1-1. 安全にお使いいただくために

警告

チャイルドシートを取り付けるとき

やむを得ず助手席にチャイルドシートを取り付ける場合には、チャイルドシー
トをうしろ向きに取り付けないでください。
うしろ向きに取り付けていると、事故などで助手席 SRS エアバッグがふくら
んだとき、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがありま
す。
助手席側のサンバイザーに、同内容のラベルが貼られています。併せて参照し
てください。

ジュニアシートを使用している場合は、肩部ベルトが常にお子さまの肩の中心
にくるようにしてください。ベルトを首から離すと共に肩から落ちないように
してください。お守りいただかないと、事故や急ブレーキの際に重大な傷害に
およぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

ISOFIX 対応チャイルドシート固定専用バーを使用するときは、周辺に障害物
がないか、シートベルトが挟まっていないかなどを確認してください。

KBTH110707

やむを得ず助手席に前向きにチャイルド
シートを取り付ける場合には、助手席シー
トをいちばんうしろにさげて取り付けて
ください。
助手席 SRS エアバッグはかなりの速度と
力でふくらむので、お守りいただかない
と、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死
亡につながるおそれがあります。

KBTH110708

57

1-1. 安全にお使いいただくために

安全・安心のために

1

警告

チャイルドシートを取り付けるとき

ヘッドレストを上げた状態でチャイルドシートを取り付けるときは、テザーベ
ルトは必ずヘッドレストの下へ通してください。ヘッドレストの上に掛ける
と、チャイルドシートがしっかり固定されず、衝突したときなどに生命にかか
わる重大な傷害を受けるおそれがあり危険です。

ヘッドレストを上げた状態でチャイルドシートを取り付けるときは、ヘッドレ
ストを引き上げてトップテザーアンカーに固定したあとに、ヘッドレストを下
げないでください。ヘッドレストを下げると、テザーベルトがヘッドレストに
当たってたるみ、衝突したときなどにチャイルドシートが動いて重大な傷害に
およぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

ヘッドレストの取りはずしが必要な場合は、安全な場所にしっかりと固定して
おいてください。

チャイルドシートを使用しないときは

車両にチャイルドシートを搭載するときは、適切な方法で確実にシートに取り
付けてください(→ P. 51, 52)。チャイルドシートを使用しない場合でも、
シートにしっかり固定されていない状態で、客室内に置くことは避けてくださ
い。

チャイルドシートの取りはずしが必要な場合は、車両から降ろして保管する
か、ラゲージルーム内に収納し、しっかりと固定しておいてください。

テザーベルトのフックは、必ずトップテ
ザーアンカーに固定してください。
誤ってシートバンドなどに固定すると、衝
突したときなどにシートが損傷したり、
チャイルドシートがしっかり固定されず、
重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡に
つながるおそれがあります。

KBTH110716

注意

チャイルドシートを取り付けるときは

チャイルドシートを取り付ける側のリヤ中央席シートベルトのバックルを車両
中央に向けて取り出して、チャイルドシートを取り付けたときにリヤ中央席の
バックルがチャイルドシートとシートに挟まらないようにしてください。
リヤ中央席のバックルが破損するおそれがあります。

58

1-1. 安全にお使いいただくために

排気ガスに対する注意

排気ガスには吸引すると人体に有害な物質が含まれています。

警告

排気ガスには無色・無臭で有害な一酸化炭素(CO)が含まれているため、次のこ
とを必ずお守りください。
お守りいただかないと、排気ガスが車内に侵入し、多量の排気ガスが眠気を招き
事故の原因となるほか、重大な健康障害におよぶか、最悪の場合死亡につながる
おそれがあります。

走行中の留意事項

バックドアを閉じてください。
バックドアが閉じているのに車内で排気ガス臭がするときは、ドアガラスを開
けて空気を入れかえ、すみやかにトヨタ販売店で点検整備を受けてください。

駐車するとき

車庫内など換気が悪い場所や囲まれた場所では、エンジンを停止してくださ
い。

長時間エンジンをかけたままにしないでください。
やむを得ないときは、開かれた場所に車を停め、排気ガスが車内に入ってこな
いことを確認してください。

降雪時や雪が積もった場所では、エンジンをかけたままにしないでください。
まわりに積もった雪で排気ガスが滞留して、車内に侵入するおそれがありま
す。

排気管について

排気管は定期的に点検する必要があります。排気管等の腐食などによる穴や亀
裂、および継ぎ手部の損傷、また、排気音の異常などに気付いた場合は、必ず
トヨタ販売店で点検を受けてください。

59

1-2. 盗難防止装置

1

安全・安心のために

エンジンイモビライザーシステム

エンジンスイッチを OFF にすると、
システムの作動を知らせるために
インジケーターが点滅します。

登録されたキーを携帯し、エンジンス
イッチをアクセサリーモードまたはイ
グニッション ON モードにするとシス
テムが解除され、インジケーターが消
灯します。

メンテナンスについて

エンジンイモビライザーシステムのメンテナンスは不要です。

システムが正常に作動しないとき

キーが金属のものに接したり、覆われているとき

キーが他の車両のセキュリティー用キー(信号発信機内蔵キー)と重なってい
るときや接近しているとき

キーに信号発信機が内蔵してあり、あらかじめ登録されたキー以外では
エンジンを始動できません。

車両から離れる場合は、車内にキーを残さないでください。

このシステムは車両盗難の防止に寄与する機能であり、すべての車両盗
難に対する完全なセキュリティを保証するものではありません。

KBTH120101

知識

注意

エンジンイモビライザーシステムを正常に作動させるために

システムの改造や取りはずしをしないでください。システムが正常に作動しな
いおそれがあります。

60

1-2. 盗難防止装置

メーターの見方

61

2

2.

計器の見方

警告灯/表示灯..........................62

計器類 .........................................68

マルチインフォメーション

ディスプレイ ...........................72

TFT カラーマルチ

インフォメーション
ディスプレイ ...........................79

62

2. 計器の見方

警告灯/表示灯

メーター

X

タコメーター非装着車

X

タコメーター装着車

メーター内の警告灯/表示灯でお車の状況をお知らせします。
次のイラストは、説明のためすべての警告灯/表示灯を示しています。

KBTH210101

KBTH210102

 

 

 

 

 

 

 

Content   ..  2  3  4  5   ..