Toyota Roomy (2017 year). Instruction japanese - part 3

 

  Index      Toyota     Toyota Roomy (2017 year) - instruction japanese

 

Search            copyright infringement  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Content   ..  1  2  3  4   ..

 

 

Toyota Roomy (2017 year). Instruction japanese - part 3

 

 

31

1-1. 安全にお使いいただくために

安全・安心のために

1

警告

妊娠中の女性の場合

疾患のあるかたの場合

医師に注意事項を確認の上、必ず正しく着用してください。

お子さまを乗せるとき

お子さまをシートベルトで遊ばせないでください。
万一ベルトが首に巻き付いた場合、窒息など重大な傷害におよぶか、最悪の場
合死亡につながるおそれがあります。
誤ってそのような状態になってしまい、バックルもはずせない場合は、ハサミ
などでシートベルトを切断してください。

プリテンショナー付きシートベルトについて

シートベルトプリテンショナーが作動すると、SRS エアバッグ/プリテンショ
ナー警告灯が点滅します。その場合は、シートベルトを再使用することができ
ないため、必ずトヨタ販売店で交換してください。

医師に注意事項を確認の上、必ず正しく着
用してください。(→ P. 26)
通常の着用のしかたと同じように、腰部ベ
ルトが腰骨のできるだけ低い位置にかかる
ようにお腹のふくらみの下に、肩部ベルト
は確実に肩を通し、お腹のふくらみを避け
て胸部にかかるように着用してください。

ベルトを正しく着用していないと、衝突し
たときなどに、母体だけでなく胎児までが
重大な傷害を受けたり、最悪の場合死亡に
つながるおそれがあります。

KBTH110303

32

1-1. 安全にお使いいただくために

警告

シートベルトの損傷・故障について

ベルトやプレート・バックルなどは、シートやドアに挟むなどして損傷しない
ようにしてください。

シートベルトが損傷したときはシートベルトを修理するまでシートは使用し
ないでください。

プレートがバックルに確実に挿し込まれているか、シートベルトがねじれてい
ないかを確認してください。うまく挿し込めない場合はただちにトヨタ販売店
に連絡してください。

もし重大な事故にあったときは、明らかな損傷が見られない場合でも、シー
ト、シートベルトを交換してください。

プリテンショナー付きシートベルトの取り付けや取りはずし・分解・廃棄など
は、トヨタ販売店以外でしないでください。
不適切に扱うと、正常に作動しなくなるおそれがあります。

分離格納式シートベルトについて

助手席側のリヤシートを前に倒した状態で、リヤ中央席に座らないでくださ
い。倒したシートにリヤ中央席のシートベルトバックルが挟まれるため、正し
く装着することができません。事故などの場合にシートベルトが十分な効果を
発揮できず、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあり
ます。

分離格納式シートベルトを格納するときは、プレートを確実に挿し込み、固定
してください。正しく格納していないと、走行中にプレートが飛び出し、乗員
にあたるなどしてけがをするおそれがあります。

分離格納式シートベルトを使用するとき
は、必ずプレート A とバックルを結合し
てください。結合しない状態で使用する
と、シートベルトが十分な効果を発揮せ
ず、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死
亡につながるおそれがあります。

KBTH110310

33

1-1. 安全にお使いいただくために

1

安全・安心のために

SRS エアバッグ

フロント SRS エアバッグ

運転席 SRS エアバッグ/助手席 SRS エアバッグ

(運転者と助手席乗員の頭や胸などへの衝撃を緩和)

SRS サイド&カーテンシールドエアバッグ

SRS サイドエアバッグ

(フロント席乗員の胸などへの衝撃を緩和)

SRS カーテンシールドエアバッグ

(フロント席とリヤ左右席乗員の主に頭部への衝撃を緩和)

SRS エアバッグは乗員に重大な危害がおよぶような強い衝撃を受けた
ときにふくらみ、シートベルトが体を拘束する働きと併せて乗員への衝
撃を緩和させます。

1

1

2

2

3

KBTH110401

:グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

34

1-1. 安全にお使いいただくために

警告

SRS エアバッグについて

次のことを必ずお守りください。
お守りいただかないと、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるお
それがあります。

運転者と乗員すべてがシートベルトを正しく着用してください。
SRS エアバッグはシートベルトを補助するためのものです。

助手席 SRS エアバッグは強い力でふくらむため、シートの背もたれを調整し
て、シートをできるだけ SRS エアバッグから離し、まっすぐに座ってくださ
い。

お子さまが小さくてシートベルトを使用できないときは、チャイルドシートで
しっかり固定してください。お子さまはリヤ席に乗せ、チャイルドシートまた
はシートベルトを着用させることをおすすめします。(→ P. 41)

シートの縁に座ったり、ダッシュボードに
もたれかかったりしない

お子さまを助手席 SRS エアバッグの前に
立たせたり、ひざの上に抱いたりしない

運転者および助手席乗員は、ひざの上に何
も持たない

SRS サイド&カーテンシールドエアバッ
グ装着車:ドアやフロントピラー・セン
ターピラー・リヤピラー・ルーフサイド
レールへ寄りかからない

KBTH110402

KBPA110403

KBTH110404

35

1-1. 安全にお使いいただくために

安全・安心のために

1

警告

SRS エアバッグについて

SRS サイド&カーテンシールドエアバッグ装着車:SRS サイドエアバッグが
ふくらむ場所を覆うようなシートアクセサリーを使用しないでください。エア
バッグが作動する際、アクセサリーが干渉するおそれがあります。そのような
アクセサリーがエアバッグが正常に作動するのをさまたげ、システムを不能に
したり、またはエアバッグが誤って作動したりするおそれがあります。

SRS サイド&カーテンシールドエアバッ
グ装着車:助手席やリヤシートでは、ドア
に向かってひざをついたり、窓から顔や手
を出したりしない

ダッシュボード・ハンドルのパッド部分な
どには何も取り付けたり、置いたりしない

SRS サイド&カーテンシールドエアバッ
グ装着車:ドア・フロントガラス・ドアガ
ラス・フロントピラーおよびリヤピラー・
ルーフサイドレール・アシストグリップな
どには何も取り付けない

(速度制限シールを除く:→ P. 421)

KBTH110405

KBTH110406

KBTH110407

36

1-1. 安全にお使いいただくために

警告

SRS エアバッグについて

SRS エアバッグシステム構成部品の周辺は、強くたたくなど過度の力を加え
ないでください。
SRS エアバッグが正常に作動しなくなるおそれがあります。

SRS エアバッグがふくらんだ直後は、構成部品が熱くなっているため、ふれ
ないでください。

SRS エアバッグがふくらんだあとに、もし呼吸が苦しく感じたら、ドアやド
アガラスを開けて空気を入れるか、安全を確認して車外に出てください。皮膚
の炎症を防ぐため、残留物はできるだけ早く洗い流してください。

SRS サイド&カーテンシールドエアバッグ非装着車:SRS エアバッグが収納
されているパッド部に傷が付いていたり、ひび割れがあるときは、そのまま使
用せずトヨタ販売店で交換してください。

SRS サイド&カーテンシールドエアバッグ装着車:SRS エアバッグが収納さ
れているパッド部およびフロントピラーガーニッシュ部に傷が付いていたり、
ひび割れがあるときは、そのまま使用せずトヨタ販売店で交換してください。

改造・廃棄について

トヨタ販売店への相談なしに、次の改造・廃棄をしないでください。
SRS エアバッグが正常に作動しなくなったり、誤ってふくらむなどして、重大
な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

SRS エアバッグの取りはずし・取り付け・分解・修理

ハンドル・インストルメントパネル・ダッシュボード・シート・シート表皮・
フロントピラー・センターピラー・リヤピラー・ルーフサイドレール周辺の修
理・取りはずし・改造

フロントフェンダー・フロントバンパー・車内側面部の修理・改造

グリルガード(ブルバー・カンガルーバーなど)・除雪装置・ウインチなどの
取り付け

サスペンションの改造

CD プレーヤー・無線機などの電化製品の取り付け

37

1-1. 安全にお使いいただくために

安全・安心のために

1

SRS エアバッグが作動するとき

SRS エアバッグは高温のガスにより非常に速い速度でふくらむため、すり傷・
やけど・打撲などを受けることがあります。

作動音と共に白いガスが発生します。

SRS カーテンシールドエアバッグ非装着車:フロント席などだけでなく、エア
バッグ構成部品(ハンドルのハブ・エアバッグカバー・インフレ−ター)も数
分間熱くなることがあります。エアバッグそのものも熱くなります。

SRS サイド&カーテンシールドエアバッグ装着車:フロント席・フロントピ
ラー・センターピラー・リヤピラー・ルーフサイドレールの一部分などだけで
なくエアバッグ構成部品(ハンドルのハブ・エアバッグカバー・インフレー
ター)も数分間熱くなることがあります。エアバッグそのものも熱くなります。

フロントウインドウガラスが破損することがあります。

SRS エアバッグが作動するとき(フロント SRS エアバッグ)

フロント SRS エアバッグは、衝撃の強さが設定値(移動も変形もしない固定さ
れた壁に、車速約 20 ∼ 30km/h で正面衝突した場合の衝撃の強さに相当する
値)以上の場合に作動します。
ただし、次のような場合はエアバッグが作動する車速は設定値より高くなります。

・ 駐車している車や標識のような衝撃によって移動や変形するものに衝突した

場合

・ もぐり込むような衝突の場合(例えば、車両前部がもぐり込む、下に入り込

む、トラックの下敷きになるなど)

衝突条件によってはシートベルトプリテンショナーのみ作動する場合があります。

SRS エアバッグが作動するとき(SRS サイド&カーテンシールドエアバッグ

SRS サイド&カーテンシールドエアバッグは、衝撃の強さが設定値(約 1.5t
の車両が約 50km/h の速度で客室へ直角に衝突した場合の衝撃の強さに相当す
る値)以上の場合に作動します。

衝突以外で作動するとき(フロント SRS エアバッグ)

次のような状況で車両下部に強い衝撃を受けたときも、フロント SRS エアバッグ
が作動する場合があります。

知識

縁石や歩道の端など、固いものにぶつかっ
たとき

深い穴や溝に落ちたり、乗りこえたとき

ジャンプして地面にぶつかったり、道路か
ら落下したとき

KBTH110408

:グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

38

1-1. 安全にお使いいただくために

SRS エアバッグが作動しないとき(フロント SRS エアバッグ)

フロント SRS エアバッグは、側面や後方からの衝撃・横転・または低速での前
方からの衝撃では、通常は作動しません。ただし、それらの衝撃が前方への減速
を十分に引き起こす場合には、フロント SRS エアバッグが作動することがあり
ます。

SRS エアバッグが作動しないとき

(SRS サイド&カーテンシールドエアバッグ

斜めから衝撃を受けた場合や、客室部分以外の側面に衝撃を受けたときには、
SRS サイド&カーテンシールドエアバッグが作動しない場合があります。

SRS サイド&カーテンシールドエアバッグは、前方や後方からの衝撃・横転・ま
たは低速での側面からの衝撃では、通常は作動しません。

側面からの衝突

後方からの衝突

横転

客室部分以外の側面への衝撃

斜めからの衝撃

前方からの衝突

後方からの衝突

横転

KBTH110409

KBTH110410

KBTH110411

:グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

39

1-1. 安全にお使いいただくために

安全・安心のために

1

トヨタ販売店に連絡が必要な場合

次のような場合には、修理・点検が必要になります。できるだけ早くトヨタ販売
店へご連絡ください。

いずれかの SRS エアバッグがふくらんだとき

フロントSRSエアバッグはふくらまなかっ
たが、事故で車両の前部を衝突したとき、ま
たは破損・変形などがあるとき

SRSサイド&カーテンシールドエアバッグ
はふくらまなかったが、事故でドア部分を
衝突したとき、または破損・変形などがあ
るとき

ハンドルのパッド部分・ダッシュボードの
助手席SRSエアバッグ付近が傷付いたり、
ひび割れたり、その他の損傷を受けたとき

SRS サイドエアバッグが内蔵されている
シート表面が傷付いたり、ひび割れたり、
その他の損傷を受けたとき

SRSカーテンシールドエアバッグが内蔵さ
れているフロントピラー部・リヤピラー部・
ルーフサイド部が傷付いたり、ひび割れた
り、その他の損傷を受けたとき

KBTH110412

KBTH110413

KBTH110414

KBTH110415

KBTH110416

40

1-1. 安全にお使いいただくために

お子さまの安全のために

お子さまにも必ずシートベルトを着用させてください。シートベルト
を正しく着用できない小さなお子さまを乗せるときは、適切な子供専
用シートをご用意ください。(→ P. 41)

運転装置にふれるのを防ぐため、お子さまはリヤシートに乗せること
をおすすめします。

走行中にドアを開けたり、パワーウインドウを誤操作したりしないよ
うに、チャイルドプロテクター(→ P. 123)・ウインドウロックス
イッチ(→ P. 162)をご使用ください。

小さなお子さまには、パワーウインドウ・ボンネット・スライドドア・
バックドアやシートなど、体を挟まれるおそれがある装備類を操作さ
せないでください。

お子さまを乗せるときは、次のことをお守りください。

警告

お子さまを車の中に残したままにしないでください。車内が高温になって熱射
病や脱水症状になり、重大な健康障害におよぶか、最悪の場合死亡につながる
おそれがあります。
また、お子さまが車内の装置を操作し、ドアガラスなどに挟まれたり、発炎筒
などでやけどしたり、運転装置を動かして、思わぬ事故につながるおそれがあ
り危険です。

車にお子さまを乗せる場合は、お子さまの安全を確保するための注意事項や
チャイルドシートの取り付け方などをまとめた「チャイルドシートの取り付
け」を参照してください。(→ P. 50)

41

1-1. 安全にお使いいただくために

1

安全・安心のために

子供専用シート

車の仕様やお子さまの年齢・体格に合わせて、適切な子供専用シート
をお選びください。

子供専用シートの取り付け方法および取りはずし方は、それぞれの子
供専用シートに付属の取扱説明書をお読みください。

この車は 2006 年 10 月 1 日施行の保安基準に適合した ISOFIX 対応
チャイルドシート固定専用バーを標準装備しています。

質量グループについて

ECE R44

の基準に適合する子供専用シートはお子さまの体重によ

り次の 5 種類に分類されます。

グループ 0:10kg まで
グループ 0

:13kg まで

グループⅠ:9 ∼ 18kg
グループⅡ:15 ∼ 25kg
グループⅢ:22 ∼ 36kg

この本では代表的な次の 3 種類の子供専用シートをシートベルトで固
定する方法を紹介します。

ECE R44 は、子供専用シートに関する国際法規です。

サイズ等級、固定具について

子供専用シートに表示される分類記号と、それにともなう取り付け器
具の記号になります。

子供専用シートの固定機構を使用して、子供専用シートを固定すること
ができます。

知っておいていただきたいこと

子供専用シートの適合性一覧表について

42

1-1. 安全にお使いいただくために

子供専用シートの種類

X

ベビーシート

ECE R44 基準のグループ 0、
0

に相当

X

チャイルドシート

ECE R44 基準のグループ 0

Ⅰに相当

X

ジュニアシート

ECE R44 基準のグループⅡ、Ⅲ
に相当

KBTH110601

KBTH110602

KBTH110603

43

1-1. 安全にお使いいただくために

安全・安心のために

1

表に記入する文字の説明

U: この質量グループでの使用を許可された汎用(ユニバーサル)カテゴリーの

子供専用シートに適しています。

UF: この質量グループでの使用を許可された汎用(ユニバーサル)カテゴリーの

前向き子供専用シートに適しています。

×: 子供専用シートを取り付けることはできません。

※ 1

:リヤシートの背もたれを直立状態にしてください。

※ 2

:ヘッドレストとチャイルドシートが干渉してチャイルドシートが正しく取り

付けられない場合、ヘッドレストを最上段に固定するか、ヘッドレストを取
りはずしてください。

表に記載されていない子供専用シートを使用する場合は、子供専用シート製造業者
または販売業者にご相談ください。

子供専用シートの装着に関しては子供専用シートの取扱説明書もご確認ください。

シート位置別子供専用シート適合性一覧表

(シートベルトでの取り付け)

質量グループ

着席位置(または他の場所)

フロントシート

リヤシート

助手席

左右席

中央席

0(10kg まで)

×

U

※ 1

×

0

(13kg まで)

×

U

※ 1

×

Ⅰ(9 ∼ 18kg)

UF

※ 2

U

※ 1,2

×

Ⅱ(15 ∼ 25kg)

UF

※ 2

U

※ 1,2

×

Ⅲ(22 ∼ 36kg)

UF

※ 2

U

※ 1,2

×

44

1-1. 安全にお使いいただくために

シート位置別子供専用シートの適合性一覧表

(ISOFIX 対応トップテザーアンカーでの取り付け)

質量グループ

サイズ等級

固定具

車両 ISOFIX 位置

リヤ左右席

キャリコット

F

ISO/L1

×

G

ISO/L2

×

0(10kg まで)

E

ISO/R1

IL

※ 1,2

0

(13kg まで)

E

ISO/R1

IL

※ 1,2

D

ISO/R2

IL

※ 1,2

C

ISO/R3

IL

※ 1,2

Ⅰ(9 ∼ 18kg)

D

ISO/R2

×

C

ISO/R3

×

B

ISO/F2

IUF

※ 1,2

, IL

※ 1,2

B1

ISO/F2X

IUF

※ 1,2

, IL

※ 1,2

A

ISO/F3

IUF

※ 1,2

, IL

※ 1,2

Ⅱ(15 ∼ 25kg)

(1)

×

Ⅲ(22 ∼ 36kg)

(1)

×

45

1-1. 安全にお使いいただくために

安全・安心のために

1

表に記入する文字の説明

(1):サイズ等級表示(A から G)のない子供専用シートの各シート位置での ISOFIX

対応子供専用シート固定機構の取り扱いについては、子供専用シート製造業
者または販売業者にご相談ください。

IUF:この質量グループでの使用を許可された汎用(ユニバーサル)カテゴリーの

ISOFIX 対応の前向き子供専用シートに適しています。

IL  : この質量グループでの使用を許可された「トヨタ純正 NEO  G-Child  ISO

leg」に適しています。

×  :ISOFIX 子供専用シートを取り付けることはできません。

※ 1

:リヤシートの背もたれを直立状態にして、スライドをいちばんうしろから前

方へ 5 段目の固定位置に調整してください。

※ 2

:ヘッドレストとチャイルドシートが干渉してチャイルドシートが正しく取り

付けられない場合、ヘッドレストを最上段に固定するか、ヘッドレストを取
りはずしてください。

表に記載されていない子供専用シートを使用する場合は、子供専用シート製造業者
または販売業者にご相談ください。

子供専用シートの装着に関しては子供専用シートの取扱説明書もご確認ください。

46

1-1. 安全にお使いいただくために

ISOFIX 対応チャイルドシート固定専用バーについて

この車に標準装備されている ISOFIX 対応チャイルドシート固定専用バーは、
ECE R44 に適合している子供専用シート取り付け専用です。それ以外のものを
使用することはできません。

子供専用シートの選択、使用について

お子さまに最適な子供専用シートについては、子供専用シート製造業者、また
は販売業者にご相談ください。

お子さまが成長し、適切にシートベルトが着用できるようになるまでは、お子
さまに合った子供専用シートを使用してください。

体が十分大きく、子供専用シートが不必要なお子さまは、リヤシートに乗せて
車のシートベルトを使用してください。

シートベルトで取り付けるタイプの子供専用シートの選択について

「シート位置別子供専用シート適合性一覧表」(→ P. 43)を参照し、子供専用

シートを取り付け可能な位置と、対応する子供専用シートの種類(記号)をご確
認の上、適したものを選択してください。

ECE R44 適合の ISOFIX 対応子供専用シートの選択について

「シート位置別子供専用シートの適合性一覧表」

(→ P. 44)を確認して、適切な

シートを選択してください。

ISOFIX 子供専用シートのリスト

質量グループ

サイズ

等級

固定具

ISOFIX 子供専用

シート

カテゴリー

0(10kg まで)

E

ISO/R1

トヨタ純正 NEO 

G-Child ISO leg

準汎用

0

+

(13kg まで)

E

ISO/R1

トヨタ純正 NEO 

G-Child ISO leg

準汎用

D

ISO/R2

C

ISO/R3

Ⅰ(9 ∼ 18kg)

B

ISO/F2

トヨタ純正 NEO 

G-Child ISO leg

準汎用

B1

ISO/F2X

A

ISO/F3

知識

 

 

 

 

 

 

 

Content   ..  1  2  3  4   ..