Suzuki Solio (2017 year). Instruction japanese - part 23

 

  Index      Suzuki     Suzuki Solio (2017 year) - instruction japanese

 

Search            copyright infringement  

 

 

 

 

 

 

 

 

Content      ..     21      22      23      24     ..

 

 

Suzuki Solio (2017 year). Instruction japanese - part 23

 

 

7

万一のとき/パンク

7-10

フルホイールキャップ(タイプ別装
備)を外します。

傷つき防止のため、ジャッキバー

(3)の先端に布(4)をあてがっ

てホイールとキャップの間に差し
込み、こじって外します。

64L70260

ホイールナットレンチ(5)でホイー
ルナット 4 個を反時計方向にまわ
し、手でナットが軽くまわるくらい
までゆるめます。

64L70270

ジャッキアップをする前に、パーキング
ブレーキをしっかりとかけてください。

セレクトレバーを 

  に入れ、エンジ

ンを止めてください。

スペアタイヤを地面に置くときは、ホ
イール表面を上にすると傷つきにくく
なります。

5

(3)

(4)

6

(5)

万一ジャッキが外れると、身体がはさ
まれ重大な傷害を受けたり、車が動き
出して思わぬ事故につながったりする
おそれがあります。ジャッキアップす
るときは次のことをお守りください。

地面が硬くて平らな場所でジャッキ
アップしてください。

ジャッキは、タイヤ交換またはタイヤ
パンク修理だけに使用してください。

ジャッキはこの車に付属のものを使
用し、ほかの車のものは使用しない
でください。また、この車のジャッキ
をほかの車に使用しないでください。

ジャッキは必ず指定された位置にか
け て く だ さ い。指 定 以 外 の 位 置 に
ジャッキをかけると、ジャッキが外
れたり、車を損傷したりするおそれ
があります。

ジャッキで必要以上に車を持ち上げ
ないでください。

ジャッキで車を持ち上げているとき
は、車の下にもぐったり、エンジン
をかけたり、車をゆすったりしない
でください。

ジャッキアップするときに、ジャッ
キの上や下にものをはさまないでく
ださい。

複数のジャッキを使用して、複数輪
を同時にジャッキアップしないでく
ださい。

ジャッキアップ

P

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7

万一のとき/パンク

7-11

ジャッキバー取り付け部を手でまわ
してジャッキを広げ、ジャッキ頭部
の凹み部を車載ジャッキ指定位置に
軽く接触させます。

ジ ャ ッ キ 頭 部 を 軽 く ゆ す っ て、
ジャッキ頭部の凹み部が指定位置に
はまっているか確認します。

81P70110

ジャッキに、ジャッキバーとホイー
ルナットレンチを取り付けます。
(次の図参照)

ジャッキバーは次の図のように、
ホイールナットレンチの穴に差し
込みます。

ホイールナットレンチをまわして、
タイヤが地面から少し離れるまで、
車体を慎重に持ち上げます。

81P70120

(1) 車載ジャッキ指定位置

1

2

(1)

(1)

3

(2) ジャッキバー
(3) ホイールナットレンチ

4

(3)

(2)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

万一のとき/パンク

7-12

7

ガレージジャッキ(市販品)を使用するときは

ガレージジャッキおよびリジッドラック(市販品)の指定位置を下図に示します。詳細
については、スズキ販売店またはスズキ代理店にご相談ください。

81P70130

必ず図に示す指定位置を守ってください。

ジャッキアップした車体を保持する際は、必ずリジッドラックに掛け替えてくださ
い。

フロント側またはリヤ側のみをジャッキアップする際は、必ず接地側のタイヤの前
後に輪止め(市販品)を置いてください。

リヤ側ガレージジャッキ

指定位置(4WD車)

フック

トルクロッド

締め付けボルト

アクスルハウジング

フロント側

ガレージジャッキ指定位置

ガレージジャッキ

ガレージジャッキ

ガレージジャッキ

リヤ側ガレージジャッキ

指定位置(2WD車)

リヤ側リジッドラック指定位置

リジッド
ラック

リジッド
ラック

フロント側リジッドラック指定位置

 ラテラルロッド

(ジャッキ

   アップ不可)

フロント側

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7

万一のとき/パンク

7-13

ホイールナットを外して、タイヤを
取り外します。外したタイヤは、車
体の下に置きます。

次の場所の汚れや異物を取り除きま
す。

交換するホイールの取り付け面

(1)

車体側の取り付け面(ハブ面)

(2)

ボルトやホイールナットのネジ部

(3)

ホイールナットのテーパー面(4)

ホイール穴のテーパー面(5)

65J4033

上図は代表例です。お車のタイプによ
り異なります。

このとき、ボルトやナットのネジ
部、ホイールのボルト穴につぶれ
や亀裂などの異常がある場合は、
スズキサービス工場で点検を受け
てください。

ホイールナットのテーパー面(4)
が、ホイール穴のテーパー面(5)
に軽く接触するまで、手で時計方向
にまわして締めます。

54M0161

54M0162

タイヤを地面に置くときは、ホイール
表面を上にすると傷つきにくくなりま
す。

タイヤの取り付け・取り外し

1

2

(2)

(4)

(1)

(3)

前記の場所に汚れや異物、つぶれや
亀裂などの異常があると、走行中に
ホイールナットがゆるむことがあり
ます。

ナットやボルトに、オイルやグリス
を付着させないでください。必要以
上にナットを締めすぎて、ボルトが
折れるおそれがあります。

3

スチールホイール装備車

(4)

(5)

アルミホイール装備車

(4)

(5)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7

万一のとき/パンク

7-14

車体の下に置いたタイヤを取り出
し、タイヤが地面に接触するまで
ジャッキを下げます。

ホイールナットレンチを使用して、
ホイールナットを次の図の順序で 2
∼3回に分けて締め付けます。

締め付けトルク:85 N・m

(870 kgf・cm)

ホイールナットレンチの柄の先端
にかかる力は 330 N(34 kgf)
を目安にしてください。

すべてのホイールナットが確実に
締まっていることを確認してくだ
さい。

82K132

フルホイールキャップ(タイプ別装
備)を付けます。

タイヤの空気注入口(6)とキャッ
プの切り欠き部分をあわせてか
ら、確実に押し込みます。

71L70420

4

5

ホイールナットが確実に締まってい
ないと、ボルトやブレーキ部品を損
傷したり、ホイールが外れたりする
など、思わぬ事故につながるおそれ
があります。トルクレンチ(市販品)
を使用せずにタイヤ交換した場合は、
できるだけ早くスズキサービス工場
で締め付けトルクの点検を受けてく
ださい。

ホイールナットレンチを足で踏んだ
り、パイプや棒などを追加して締め
付けたりすると、ナットを締めすぎ
てボルトが損傷し、事故につながる
おそれがあります。

規定の締め付けトルクで締める場合
は、トルクレンチ(市販品)のご使用
をおすすめします。

6

(6)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7

万一のとき/バッテリーあがり

7-15

工具とジャッキを所定の位置に収納し
てください。

タイヤを交換してしばらく走行したあ
と、ホイールナットにゆるみがないか
確認してください。

アルミホイール装備車は、タイヤを交
換してから 1,000 km 程度走行したあ
とに、ホイールナットにゆるみがない
か点検してください。

次のようなときは、鉛バッテリーがあ
がっています。

エンジンをかけようとしてもスター
ターがまわらない。または、まわって
も回転が弱くてエンジンがかからな
い。

ヘッドライトが極端に暗かったり、
ホーンの音が小さかったりする。

ブースターケーブルと、12V バッテリー
を使用しているほかのバッテリー正常車
があれば、エンジンの始動ができます。

1 本目のブースターケーブル(1)
を①→②の順序で接続します。

①バッテリーあがり車の

端子

②バッテリー正常車の

端子

81P70140

タイヤを交換したあと、車体の振動な
どの異常を感じたときは、ただちに安
全な場所に停車し、スズキ販売店また
はスズキ代理店にご連絡ください。

タイヤを交換したあとは

バッテリーあがり

鉛バッテリーあがりとは

(1) ブースターケーブル
(2) 正常車の鉛バッテリー

鉛バッテリーあがりのときは

1

12 V

(2)

(1)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7

万一のとき/バッテリーあがり

7-16

2 本目のブースターケーブルを③→
④の順序で接続します。

③バッテリー正常車の

端子

④バッテリーあがり車のエンジンマ

ウントのボルト

81P70150

バッテリー正常車のエンジンを始動
し、エンジンの回転を少し高めに保
ちます。

バッテリーあがり車のエンジンを始
動します。

取り付けたときと逆の順序で、ブー
スターケーブルを外します。

お近くのスズキ販売店またはスズキ
代理店でバッテリーを完全充電しま
す。

(1) ブースターケーブル
(2) 正常車の鉛バッテリー
(3) エンジンマウント

2

12 V

(2)

(1)

(3)

3

4

5

鉛バッテリーからは水素ガスが発生
しています。水素ガスは、火気や火花
に引火すると爆発のおそれがありま
すので、次のことをお守りください。
・バッテリーを充電するときやブー

スターケーブルをつなぐときは、必
ずバッテリー液面を確認してくだ
さい。バッテリー液面が下限(2)
以下のままで充電などすると、バッ
テリーが発熱して爆発のおそれが
あります。また、バッテリーの寿命
を縮めるおそれがあります。
バッテリー補充液を上限(1)まで
補充してから、充電などを行なって
ください。

80J1267

・充電は火気のない風通しの良いと

ころで、すべてのバッテリーキャッ
プを外して行なってください。

・④の接続のときに、バッテリーが

あがった車の 

  端子につながな

いでください。発生した火花が水
素ガスに引火し、爆発のおそれが
あります。バッテリーから離れた
エンジンマウントのボルトに接続
してください。

・乾いた布でバッテリーをふかない

でください。静電気が発生して引
火のおそれがあります。

6

(1)
(2)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7

万一のとき/バッテリーあがり

7-17

鉛バッテリーを交換するときは

バッテリー液は希硫酸です。目や皮
膚につくと、失明などの重大な傷害
を受けるおそれがあります。万一、
付着したときは、すぐに多量のきれ
いな水で洗浄し、医師の診察を受け
てください。

ブースターケーブルは確実に接続し
てください。エンジン始動時の振動
などでブースターケーブルが外れる
と、ド ラ イ ブ ベ ル ト や 冷 却 フ ァ ン
(ラジエーターファン)に巻き込ま
れるおそれがあります。

ショート防止のため、ブースターケー
ブルの

端子は、バッテリーの

子以外の部分(

端子、ボデー、ブ

ラケットなど)と接触させないでく
ださい。

は 押 し が け が で

きません。

オートマチック車

鉛バッテリーを交換するときは、次の
ことをお守りください。

濡れた手でバッテリーに触れないで
ください。感電のおそれがあります。

走行後の場合は、30 分以上放置し、
バッテリーの水素ガスが抜けるのを
待ってから作業を行なってください。

アイドリングストップシステム装備車
は、高性能な専用の鉛バッテリーを使
用していますので、次のことをお守り
ください。守らないとアイドリングス
トップシステムが正常に作動しなく
なったり、バッテリーの寿命が短く
なったりするおそれがあります。

バッテリーを交換するときは、指定
のバッテリーを使用する(指定外の
ものを使用しない)
→ 8-2ページ(サービスデータ)

バッテリー端子から電気製品の電源
をとらない

鉛バッテリー交換の際、バッテリーや
車両の部品を損傷するおそれがありま
すので、スズキ販売店またはスズキ代
理店での交換(有料)をおすすめしま
す。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7

万一のとき/バッテリーあがり

7-18

■ 外しかた

エンジンスイッチを 

(OFF)

にします。

バッテリーケーブルの

側(1)を

外します。

バッテリー端子のナットは、10
mm スパナ(市販品)などでゆる
めます。

81P70160

バッテリーケーブルの

側(2)を

外します。

カバーを開け、ナットをゆるめま
す。

取り付け金具(3)を外します。

取り付け金具のナットは、8  mm
スパナ(市販品)などでゆるめ、
外側に倒して外します。

取り付け金具を外すときは、取り
付けるときに位置を間違えないよ
う、あらかじめ両側のフック(4)
がかかっている位置を確認してく
ださい。

81P70170

バッテリーを外します。

バッテリーは重いため、両手で
しっかりと持って、車両の部品な
どに当たらないように取り出しま
す。

81P70180

ショート防止のため、次のことをお守
りください。

側のケーブルから先に外す

金属工具などにより、 端子と

子とを接触させない

外したケーブルは、交換時にバッテ
リー端子と接触しないよう、バッテ
リーの側面や離れた場所へ動かす

1

LOCK

2

(2)

(3)

(1)

3

(5) バッテリーケースのホルダー部

4

(3)

(5)

(4)

(5)

(4)

5

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7

万一のとき/ヒューズ切れ

7-19

■ 取り付けかた

「外しかた」と逆の手順で行ないます。

鉛バッテリーのタイプについては、巻
末の「サービスデータ」をご覧くださ
い。
→ 8-2ページ(サービスデータ)

鉛バッテリーを交換したときは、初期
設定が必要な機能があります。
 8-6 ページ(次の機能は、必ず初

期設定してください)

1 か月に一度は連続して 30 分以上走行
して充電する必要があります。

エンジンを停止したままライトをつけ
たり、長時間ナビゲーションやオー
ディオなどを使用したりしないように
しましょう。(アイドリングストップ
システム装備車によるエンジン自動停
止中を除く)

渋滞などで長時間アイドリングを続け
ている場合は、電装品の使用を極力避
けてください。
→ 2-3 ページ(鉛バッテリーの液面

を点検する)

電気装置が作動しないときや、電球が切
れていないのにランプが点灯しないとき
は、ヒューズ切れが考えられます。

ヒューズは、エンジンルーム内と助手
席足元にあります。

装備仕様の違いにより、所定の位置に
ヒューズがない場合があります。また、
装備がなくてもヒューズだけがある場
合があります。

バッテリーを傾けすぎないでくださ
い。液漏れのおそれがあります。

バッテリー端子および取り付け金具の
ナットは、確実に締め付けてください。
ゆるみがあると、火災や故障の原因と
なります。

バッテリーケーブルを取り付けるとき
は、

側から先に取り付けてくださ

い。ショートのおそれがあります。

鉛バッテリー交換は、「マイナスで始
まり、マイナスで終わる」といわれま
す。作業手順を守ってください。

バッテリーあがりを

防ぐためには

ヒューズ切れ

ヒューズが切れたときは

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7

万一のとき/ヒューズ切れ

7-20

エンジンルーム内のヒューズ

81P70190

■ リレーボックス内のヒューズ

ヒューズの表は、ボックスのふたの裏側
にあります。

81P70200

次の表は、各ヒューズが受け持つ主な
装備を表しています。

(1) メインヒューズボックス
(2) リレーボックス

(2)

(1)

1

10

11

12

13
14
15
16

17

19

18

20

23

21
22

24
25

26

31

27

28

29

30

2
3
4
5
6

7

8

9

FRONT

位置

表示

容量

接続先名称

1

P/S

50A

パワー

ステアリング

2

3

CPRSR

10A コンプレッサー

4

H/L HI 

SOL

25A

ディスチャージ、
LEDヘッドライト

5

H/L L

15A

ヘッドライト

(左)

6

H/L R

15A

ヘッドライト

(右)

7

ST

30A

スターター

8

RDTR

30A

ラジエーター

ファン

9

ST2

30A

スターター

10

IGN2

40A

エンジン
スイッチ

11

12

13

B/U

30A

バックアップ

14

PSD L

20A

パワースライド

ドア(左)

15

FR FOG

20A

フォグランプ

16

SUB 
BAT

30A サブバッテリー

17

BLW

40A ブロワーファン

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7

万一のとき/ヒューズ切れ

7-21

助手席足元のヒューズ

81P70210

■ 助手席足元のヒューズ

ヒューズの表は、ヒューズカバーの表側
にあります。

81P70220

18

19

ST SIG

5A

エンジン

コントローラー

20

21

H/L HI L 15A

ディスチャージ、

LEDヘッドライト(左)

22

H/L HI R 15A

ディスチャージ、

LEDヘッドライト(右)

23

24

T/M 

PUMP

15A

電動

オイルポンプ

25

FI

15A

燃料噴射装置

26

ABS 

MOT

40A

ABS モーター

27 ABS SOL 25A

ABS 

ソレノイド

28

PSD R

20A

パワースライド

ドア(右)

29

30

31

IGN

40A

エンジン
スイッチ

位置

表示

容量

接続先名称

(1) 助手席足元のヒューズ

(1)

USE THE

DESIGNATED
FUSES  AND
RELAY  ONLY.

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

15 16

13 14

17 18 19 20 21 22 23 24 25

28 29

26 27

30 31 32 33 34 35 36 37 38

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7

万一のとき/ヒューズ切れ

7-22

次の表は、各ヒューズが受け持つ主な
装備を表しています。

位置

表示

容量

接続先名称

1

P/W

30A

パワー

ウインドー

2

ACC

5A

ラジオ

3

MTR

10A

メーター

4

IG

15A イグニッション

5

IG1 SIG2

5A

パワー

ステアリング

6

PSD R

20A

パワー

スライドドア

7

T/M 2

5A

8

STL

15A

電動ハンドル

ロック

9

HORN

15A

ホーン

10

D/L

20A

ドアロック

11

HAZ

10A

ハザード

12

T/M

10A

13

RADIO

15A

ラジオ

14

ACC2

15A

アクセサリー

ソケット

15

IG1 SIG3

5A

デュアルカメラ

ブレーキサポート

16

ACC3

5A

17

DOME2

10A

室内灯

18

DOME

5A

メーター

19

KEY

5A

20

注)

P/W T

20A

パワーウインドー

タイマー機能

21

PSD L

20A

22

KEY 2

5A

23

TAIL L

5A

車幅灯

24

A-STOP

5A

アイドリング

ストップ

25

TAIL

10A

尾灯

26

IG1 SIG

10A

アイドリングストップ

またはBCM

27

A/B

10A

エアバッグ

28

BACK

10A

後退灯

29

ABS

5A

ABS/ESP

®

30

MRR 

HTR

10A

ドアミラー

ヒーター

31

RR DEF

15A リヤデフォッガー

32

S/H

10A シートヒーター

33

WIP

10A

ワイパー

34

IG2 SIG

5A

ブロワーファン

35

WASH

15A

ウォッシャー

モーター

位置

表示

容量

接続先名称

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7

万一のとき/ヒューズ切れ

7-23

注)P/W T のヒューズを外したり交換し

たりしたときは、はさみ込み防止機
構の初期設定を行なってください。
→ 3-30ページ

(初期設定のしかた)

グローブボックス裏のヒューズ

81P70460

■ グローブボックス裏のヒューズ

ヒューズの表は、ヒューズコネクタの表
面にあります。

81P70470

ヒューズの点検・交換には、ヒューズ抜
き(低背ヒューズ用、市販品)および交
換用ヒューズ(別売り)が必要となりま
す。点検・交換の際は、スズキ販売店ま
たはスズキ代理店にご相談ください。

36

T/M 3

10A

トランス

ミッション

37

FR WIP

20A

フロント
ワイパー

38

STOP

10A

制動灯

(1) グローブボックス裏のヒューズ

位置

表示

容量

接続先名称

(1)

位置

表示

容量

接続先名称

1

D/L RL

10A

ドアロック

リヤドア(左)

2

D/L RR

10A

ドアロック

リヤドア(右)

3

D/L FL

10A

ドアロック

フロントドア(左)

4

D/L FR

10A

ドアロック

フロントドア(右)

1 2 3 4

ヒューズの点検と交換

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7

万一のとき/電球切れ

7-24

点検・交換のしかた

エンジンスイッチを 

(OFF)

にします。

エンジンルーム内のリレーボックス
では、リレーボックスのカバーを外
します。

故障の状況から、点検すべきヒュー
ズをヒューズの表で確認します。
ヒューズ抜き(市販品)をヒューズ
に差し込んで引き抜き、ヒューズが
切れていないか点検します。

切 れ て い る と き は、同 じ 容 量 の
ヒューズと交換します。

交換したヒューズがすぐに切れる
ときは、電気系統の故障が考えら
れます。スズキサービス工場で点
検を受けてください。

82K208

出発の前にライトやランプ、方向指示器
/非常点滅表示灯などを点灯または点滅
させて、電球切れがないか点検してくだ
さい。

ヘッドライトなどのレンズ内
面のくもり

レンズ内面に大粒の水滴がついていると
きやランプ内に水がたまっているとき
は、スズキサービス工場で点検を受けて
ください。

(1) 正常なヒューズの例
(2) 切れたヒューズの例

ヒューズは、同じサイズで同じ容量の
ものと交換してください。サイズの違
うヒューズ、容量の大きいヒューズ、
針金、銀紙などを使用すると、配線が
焼損したり火災が発生したりする原因
となります。

1

LOCK

2

3

4

(1)

(2)

制動灯はほかの人に見てもらうか、壁
などを利用して点検してください。

メーター内の方向指示器表示灯の点
滅が異常に速くなったときは、方向
指示器/非常点滅表示灯の電球切れ
が考えられます。

ヘッドライトやリヤコンビネーション
ランプなどは、ランプ内外の温度差に
より一時的にレンズ内面がくもること
がありますが、機能上の問題はありま
せん。(窓ガラスがくもるのと同じ現
象です)

電球切れ

電球の点検

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7

万一のとき/電球切れ

7-25

電球が切れているときは、ワット数およ
び型式が同一の電球と交換してください。
電球のワット数および型式は、サービス
データ(8-3ページ)をご覧ください。

電球を交換しても点灯しない、または
すぐ切れるときは電気系統の故障が考
えられます。スズキサービス工場で点
検を受けてください。

高電圧による感電のおそれがあるた
め、次の電球交換は絶対に行なわない
でください。交換の際は、スズキ販売
店またはスズキ代理店にご相談くださ
い。

ディスチャージ仕様車の下向きヘッ
ドライト(ディスチャージ電球)お
よび上向きヘッドライト(ハロゲン
電球)

電球を交換するときは、次のことをお
守りください。

安全で平らな場所に駐車し、パーキ
ングブレーキをしっかりとかけてく
ださい。

エンジンを止め、各ランプを消灯さ
せ、エンジンや排気管、電球などが
十分に冷えてから行なってくださ
い。やけどのおそれがあります。

ハロゲン電球は高圧ガスを封入して
いるため、とくに慎重に扱ってくだ
さい。割れるとガラスが飛散して、
けがのおそれがあります。

電球を交換するときは

車両の部品などで手や腕などをけが
しないよう、長袖の上着と手袋を着
用してください。

51K0180

ハロゲン電球を扱うときは、油脂類が
付着していない、きれいな手袋をはめ
てください。使用時電球が高温になる
ため、素手で扱ってガラス部分に油な
どが付着すると、発熱による早期電球
切れのおそれがあります。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

Content      ..     21      22      23      24     ..