Suzuki Carry (2017 year). Instruction japanese - part 7

 

  Index      Suzuki     Suzuki Carry (2017 year) - instruction japanese

 

Search            copyright infringement  

 

 

 

 

 

 

 

 

Content      ..     5      6      7      8     ..

 

 

Suzuki Carry (2017 year). Instruction japanese - part 7

 

 

運転する前に/メーター

3-40

3

エンジン回転中に、エンジン冷却水温が高くなると点滅します。また、エンジン冷却水
温が異常に高くなったときは点灯します。

システムが正常な場合は、エンジンスイッチを 

  にしたときに約 2 秒間点灯した

あと消灯します。

点灯したときは、オーバーヒートのおそれがあります。ただちに安全な場所に停車し
てください。
 7-24ページ(オーバーヒートしたときは)

点滅したときは、システムの異常が考えられます。スズキサービス工場で点検を受け
てください。

ディスチャージヘッドライト装備車では、オートレベリング(自動光軸調整)システム
に異常があると、エンジンスイッチが 

 のときに点灯します。

システムが正常な場合は、エンジンスイッチを 

  にしたときに約 2 秒間点灯した

あと消灯します。

走行中に点灯した場合は、安全な場所に停車し、エンジンを止めてください。
再びエンジンスイッチを 

 にしたときに、約 2 秒間点灯したあと消灯すれば、そ

のまま使用できます。
消灯せず再び点灯する場合は、システムの異常が考えられます。スズキサービス工場
で点検を受けてください。

(6)水温警告灯

82K082

(7)オートレベリング警告灯

80J217

ON

タイプ別装備

ON

ON

ON

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転する前に/メーター

3-41

3

エンジンの電子制御システムに異常があると、エンジン回転中に点灯します。

エンジンの失火を検知すると、エンジン回転中に点灯または点滅します。

システムが正常な場合はエンジンスイッチを 

  にしたときに点灯し、エンジンが

かかると消灯します。

エンジン回転中に点灯・点滅したときは、スズキサービス工場で点検を受けてくださ
い。

電動パワーステアリングシステムに異常があると、エンジン回転中に点灯します。スズ
キサービス工場で点検を受けてください。

システムが正常な場合は、エンジンスイッチを 

  にしたときに点灯し、エンジン

がかかると消灯します。

(8)エンジン警告灯

80J222

点滅したときは、すみやかに停車しエンジンを止めてください。触媒装置が溶損す
るおそれがありますので、次のことに注意してください。

枯れ草などの燃えやすいものがない安全な場所に停車する

やむをえず走行する場合はアクセルペダルを大きく踏み込む走行をしないで、低速
で走行する

(9)パワーステアリング警告灯

80J408

電動パワーステアリングシステムに異常があると、電動パワーステアリングシステ
ムの機能が停止し、ハンドル操作が重くなります。通常より大きな力で操作するこ
とは可能ですが、すみやかにスズキサービス工場で点検を受けてください。

ON

パワーステアリング装備車

ON

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転する前に/メーター

3-42

3

エンジン回転中に、エンジンの内部を潤滑するエンジンオイルの圧力が低下すると点灯
します。

システムが正常な場合は、エンジンスイッチを 

  にしたときに点灯し、エンジン

がかかると消灯します。

エンジンオイルの量は、オイルレベルゲージで点検してください。点検方法は、「メ
ンテナンスノート」を参照してください。

エンジン回転中に点灯したときは、ただちに安全な場所に停車し、エンジンを止めて
スズキ販売店またはスズキ代理店にご連絡ください。

充電系統に異常があると、エンジン回転中に点灯します。

システムが正常な場合は、エンジンスイッチを 

  にしたときに点灯し、エンジン

がかかると消灯します。

エンジン回転中に点灯したときは、ベルト切れなどが考えられます。ただちに安全な
場所に停車し、バッテリー保護のためエンジンを止めて、スズキ販売店またはスズキ
代理店にご連絡ください。

駐車するときや停車中に、ハンドル操作を繰り返したり、ハンドルをいっぱいにま
わした状態で長く保持したりすると、ハンドル操作が徐々に重くなることがありま
す。これはシステムの過熱防止のための保護機能であり異常ではありません。しば
らくハンドル操作を控えるとシステムの温度が下がり操作力はもとにもどります
が、このようなハンドル操作を繰り返すと故障の原因となります。

すばやいハンドル操作を行なうと、ハンドル付近から擦れるような音が聞こえるこ
とがありますが、異常ではありません。

(10)油圧警告灯

80J223

点灯したまま走行を続けないでください。エンジンが破損するおそれがあります。

(11)充電警告灯

80J226

ON

ON

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転する前に/メーター

3-43

3

システムが正常な場合は、エンジンスイッチを 

  にしたときに約 2 秒間点灯した

あと消灯します。

ATまたはAGS

のシステムに異常があると、エンジンスイッチが 

 のときに点灯

します。スズキサービス工場で点検を受けてください。
・オートギヤシフト車の場合、点灯しているとき次のようになることがあります。

・セレクトレバーを操作しても変速できない
・車速が10 km/h以下になると、自動でN(ニュートラル)になり、

メーター内のセレクトレバー位置表示がNで点滅し、警告ブザーが鳴る

・停車時にエンジンが停止
・エンジンが始動できない

オートギヤシフト車の場合、次のような操作をすると、クラッチに負荷がかかってク
ラッチが高温になります。警告灯が点滅するとともに、警告ブザーが鳴ります。安全
な場所に停車して、しばらくエンジンを停止してください。再度、エンジンスイッチ
を 

 にして、警告灯の点滅と警告ブザーが止まっていることを確認してから走行

してください。
・上り坂で発進と停止を繰り返している
・上り坂でブレーキペダルを踏まずに、クリープ機能を利用して停車している
・上り坂で微速(10 km/h以下)状態が続いている
・上り坂で2速発進モードのまま
・ブレーキペダルを踏みながらアクセルペダルを踏み続けている
・パーキングブレーキをかけた状態でアクセルペダルを踏み続けている
→ 1-16ページ(警告ブザー(室内ブザー)が鳴ったときは)

※AGS とは、Auto Gear Shift(オートギヤシフト)の略です。5速マニュアルトラン

スミッションに、クラッチおよびシフト操作を自動で行なう電動油圧方式アクチュ
エーターを搭載したスズキのオートメイテッドマニュアルトランスミッション
(Automated Instruction Transmission:AMT)です。

(12)トランスミッション警告灯

80J219

オートマチック車・オートギヤシフト車

ON

ON

ON

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転する前に/メーター

3-44

3

次のような電子制御システムに異常があると、エンジンスイッチが 

  のときに点

灯します。スズキサービス工場で点検を受けてください。
・ABS(タイプ別装備)

→ 4-38ページ(ABS装備車の取扱い)

・ヒルホールドコントロール(タイプ別装備)

→ 4-31ページ(ヒルホールドコントロール)

・その他のブレーキに関するシステム

システムが正常な場合はエンジンスイッチを 

  にしたときに、約 2 秒間点灯した

あと消灯します。

ブレーキペダルを踏まずに次のような操作をすると、インジケーターが点灯し、ブレー
キペダルを踏んで操作する必要があることをお知らせします。

セ レ ク ト レ バ ー が

の と き、ブ レ ー キ ペ ダ ル を 踏 ま な い で エ ン ジ ン ス イ ッ チ

 にした

・警告ブザーが連続して鳴ります。ブレーキペダルを踏んでエンジンスイッチの操作

をやり直してください。

セレクトレバーが 

 または 

 以外のとき、ブレーキペダルを踏まないでエンジン

スイッチを 

 にした

・警告ブザーが連続して鳴り、セレクトレバー位置表示またはギヤポジション表示が

点滅します。
セレクトレバーを 

 または 

 に入れ、ブレーキペダルを踏み、エンジンスイッ

チの操作をやり直してください。

前進と後退を繰り返すときなど車両が動いている状態で、ブレーキペダルを踏まない
でセレクトレバーを 

 から 

 、

 または 

 に操作した

・警告ブザーが約1秒間鳴り、セレクトレバー位置表示がNで点滅します。ブレーキ

ペダルを踏んで完全に停車してから、セレクトレバーの操作をやり直してくださ
い。

(13)ブレーキシステム警告灯

(オレンジ色)

82K170

(14)ブレーキリクエストインジケーター

82M30400

オートギヤシフト車

ON

ON

オートギヤシフト車

N

START

P

N

START

P

N

N

D

M

R

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転する前に/メーター

3-45

3

表示灯

→ 4-32ページ(2WD4WDの切替え操作)

エンジンスイッチが 

 のときに、セレクトレバーの位置を示します。

エンジンスイッチを 

  にしても点灯しないときは、システムの異常が考えられま

す。スズキサービス工場で点検を受けてください。
→ 4-8ページ(セレクトレバーの各位置のはたらき)

発進モード切替えスイッチを押すと点灯します。
→ 4-22ページ(2速発進モード選択機能)

システムが正常な場合は、エンジンスイッチを 

  にしたときに約 2 秒間点灯した

あと消灯します。

2速発進モード中、一時的に1速へ変速されたとき点滅します。

方向指示器/非常点滅表示灯を作動させると点滅します。

点滅が異常に速くなったときは、方向指示器/非常点滅表示灯の電球切れが考えられ
ます。
→ 7-21ページ(電球を交換するときは)

(15)4WD表示灯

82M30250

(16)セレクトレバー位置表示灯

82M30260

(17)2速発進モードインジケーター

82M30450

(18)方向指示器表示灯

72M00170

4WD車

オートマチック車

ON

ON

オートギヤシフト車

ON

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転する前に/メーター

3-46

3

ヘッドライトが上向きのときに点灯します。

設定された走行距離または時間のどちらか一方をみたすと、エンジンスイッチが 
のときに点灯し続け、エンジンオイルが交換時期であることをお知らせします。

点灯した場合はエンジンオイルを交換し、表示のリセットを行なってください。
(自動でリセットされる機能はありません。)
 3-35ページ(エンジンオイル交換のお知らせ機能)

設定された走行距離または時間をみたしていない場合、エンジンスイッチを 

  に

したときに、約2秒間点灯したあと消灯します。

(19)ヘッドライト上向き(ハイビ−ム)表示灯

80J212

(20)エンジンオイル交換インジケーター

82M30270

エンジンオイルの交換時期を守ってください。劣化したオイルや目詰まりしたフィ
ルターは、エンジン故障や異音の原因となります。交換については、スズキ販売店
またはスズキ代理店へお申し付けください。

エンジンオイル交換インジケーターが点灯する前に、オイルを交換した場合もリ
セットの操作を行なう必要があります。
→ 3-36ページ

(リセットのしかた(エンジンオイル交換インジケーターが点灯する前))

エンジンスイッチを 

  にしたとき、表示灯が点滅した場合はスズキ販売店また

はスズキ代理店にご相談ください。

ON

ON

ON

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転する前に/メーター

3-47

3

表示

エンジンスイッチが 

 のときに、セレクトレバーを 

 に入れると表示されます。

→ 4-17ページ(セレクトレバーの各位置のはたらき)

エンジンスイッチが 

 のときに、セレクトレバーを 

 に入れると表示されます。

→ 4-17ページ(セレクトレバーの各位置のはたらき)

エンジンスイッチが 

 のときに、セレクトレバーの位置が表示されます。

→ 4-17ページ(セレクトレバーの各位置のはたらき)

次のようなとき点滅します。
・セレクトレバーが 

 または 

 以外のときにブレーキペダルを踏まないでエンジ

ンスイッチを 

 にした

・セレクトレバー位置表示が N または R で点滅、ブレーキリクエストインジケー

ターが点灯し、警告ブザーが連続して鳴ります。セレクトレバーを 

 または 

に入れ、ブレーキペダルを踏んでエンジンスイッチの操作をやり直してくださ
い。

(21)D(ドライブ)モード表示

82M30410

(22)M(マニュアル)モード表示

82M30420

(23)セレクトレバー位置表示

82M30430

オートギヤシフト車

ON

D

オートギヤシフト車

ON

M

オートギヤシフト車

ON

P

N

START

P

N

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転する前に/メーター

3-48

3

・前進と後退を繰り返すときなど車両が動いている状態で、ブレーキペダルを踏まな

いでセレクトレバーを 

 から 

 、

 または 

 に操作した

・セレクトレバー位置表示がNで点滅し、警告ブザーが約1秒間鳴ります。ブレーキ

ペダルを踏んで完全に停車してから、セレクトレバーの操作をやり直してくださ
い。

・セレクトレバーを操作したとき、セレクトレバーの位置とメーター内のセレクトレ

バー位置表示が異なっている

・セレクトレバー位置表示が N または R で点滅、警告ブザーが連続して鳴ります。

そのまま少し(2∼3秒)待ってもセレクトレバー位置表示が切り替わらない場
合は、ブレーキペダルを踏んで、セレクトレバーの操作をやり直してください。

・走行中、セレクトレバーを操作しても変速できない、または車速が 10 km/h 以下

になると自動でN(ニュートラル)になる

・セレクトレバー位置表示が N で点滅、警告ブザーが連続して鳴ります。スズキ

サービス工場で点検を受けてください。

エンジンスイッチが 

 のときに、セレクトレバーを 

 または 

 に入れると現

在のギヤ位置が表示されます。

次のようなとき点滅します。
・セレクトレバーが 

 または 

 以外のときにブレーキペダルを踏まないでエンジ

ンスイッチを 

 にした

・ギヤポジション表示が1または2で点滅、ブレーキリクエストインジケーターが

点灯し、警告ブザーが連続して鳴ります。セレクトレバーを 

 または 

 に入

れ、ブレーキペダルを踏んでエンジンスイッチの操作をやり直してください。

・セレクトレバーを操作したとき、セレクトレバーの位置とメーター内のギヤポジ

ション表示が異なっている

・ギヤポジション表示がいずれかの表示で点滅、警告ブザーが連続して鳴ります。

そのまま少し(2∼3秒)待ってもギヤポジション表示が切り替わらない場合
は、ブレーキペダルを踏んで、セレクトレバーの操作をやり直してください。

・マニュアルモードでシフト操作しても希望するギヤポジションに変速されない

・現在のギヤ位置で点滅し、警告ブザーが連続して鳴ります。少し待ってから、シ

フト操作をやり直してください。

(24)ギヤポジション表示

82M30440

N

D

M

R

オートギヤシフト車

ON

D

M

P

N

START

P

N

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転する前に/スイッチの使いかた

3-49

3

ライトの点灯・消灯

エンジンスイッチの位置に関係なく使用
でき、ライトスイッチのツマミ(1)を
まわすと次のように点灯・消灯します。

71L30690

ライト消し忘れ警告ブザー

ヘッドライトや車幅灯の消し忘れを防止
するため、次のようなときに運転席ドア
を開けると、室内ブザーが ピーーー と
連続して鳴ります。

キーを抜いたあとも、ライトや車幅灯
が点灯している

ライトおよび車幅灯を消すと、室内ブ
ザーは止まります。

ライトの上向き、下向きの切
替え

ヘッドライトを上向き(ハイビーム)に
切替えると、遠くまで照らすことができ
ます。

ライトが点灯しているときに、レバー
(2)を車の前方向に押すと上向きに
なります。もとの位置にもどすと、下
向きになります。

ライトスイッチの位置に関係なく、レ
バーを手前に引くと、引いている間、
上向きにライトが点灯します。

ライトを上向きにすると、メーター内
のヘッドライト上向き(ハイビーム)
表示灯が点灯します。
→ 3-46ページ(ヘッドライト上向き

(ハイビ−ム)表示灯)

64L30531

ライト

スイッチ

の位置

ヘッドライト

(前照灯)

車幅灯、

尾灯、番号灯、

計器照明灯

点灯

消灯

点灯

OFF

消灯

エンジン停止中に、長時間点灯させな
いでください。バッテリーあがりの原
因となります。

スイッチの使いかた

ライトスイッチ

(1)

対向車や先行車があるときは、ライト
を下向きにしてください。

上向き

上向き

下向き

(2)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転する前に/スイッチの使いかた

3-50

3

ヘッドライトや車幅灯を点灯していると
きに使用でき、雨や霧などで視界が悪い
ときに使用します。

スイッチを押すとフォグランプが点灯
し、スイッチ内の表示灯(1)も点灯
します。
もう一度押すと消灯します。

82M30280

ハロゲンヘッドライト装備車は、ライト
を点灯して光軸調整ダイヤルをまわす
と、ライトの光軸が調整できます。
荷台への積載によって、ライトの光軸が
上向きになると、対向車や先行車の迷惑
となります。ダイヤルを操作して、光軸
を下向きに調整してください。

ダ イ ヤ ル 操 作 は、ラ イ ト が 下 向 き
(ロービーム)に点灯しているときに
行なってください。ライトが上向き
(ハイビーム)に点灯している、また
は点灯していないときは、光軸が適切
に調整できているか判断できません。

ダイヤルの目盛りは 0 ∼ 4 まであり、
光軸が9段階(0.5きざみ)に調整でき
ます。

ダイヤルの目盛りを大きくすると、光
軸が下向きになります。

82M30290

荷台への積載方法などによって変わり
ますが、次表の数値を参考に適切な位
置に調整してください。

〈ダイヤル位置の目安〉

バッテリー保護のため、視界が良く
なったらすみやかにスイッチを切って
ください。

フォグランプスイッチ

タイプ別装備

(1)

条件

ダイヤル

位置

運転席のみ乗車

0

運転席のみ乗車で荷台定積載

2.5∼3

光軸調整ダイヤル

タイプ別装備

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転する前に/スイッチの使いかた

3-51

3

エンジンスイッチが 

 のときに使用

できます。

右折・左折をするとき

左折時:レバー(1)を押し上げます。
右折時:レバーを押し下げます。

同時に方向指示器とメーター内の方向
指示器表示灯が点滅します。

ハンドルをもとにもどすと、レバーが
自動的にもどり、方向指示器と表示灯
が消灯します。

71L30750M

車線変更をするとき

レバーを車線変更しようとする方向に軽
く押さえます。

押さえている間だけ、方向指示器と表
示灯が点滅します。

走行中はダイヤル操作をしないでくだ
さい。操作に気を取られて、思わぬ事
故につながるおそれがあります。

車検などで基本の光軸を調整するとき
は、ダイヤルを0の位置にしてくださ
い。0 以外の位置で基本光軸を調整す
ると、ライトの光軸が基準より上向き
になるなど、安全上問題となるおそれ
があります。

ダイヤルを操作すると、ライトの下向
き(ロービーム)と上向き(ハイビー
ム)の光軸が同時に調整されます。

ディスチャージヘッドライト装備車
の場合、光軸が自動調整されます。
→ 3-40ページ

(オートレベリング警告灯)

ハンドルを切る角度が小さいと、レ
バーが自動的にもどらないことがあり
ます。レバーを手でもどしてください。

方向指示器スイッチ

ON

(1)

左折

右折

車線
変更

車線
変更

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転する前に/スイッチの使いかた

3-52

3

エンジンスイッチの位置に関係なく使用
できます。故障などでやむをえず路上駐
車するときや非常時に使用します。

スイッチを押すと、すべての方向指示
器とメーター内の方向指示器表示灯が
点滅します。

もう一度押すと消灯します。

82M30300

エンジンスイッチが 

 のときに使用

できます。

エンジン停止中に長時間点滅させない
でください。バッテリーあがりの原因
となります。

非常点滅表示灯スイッチ

寒 冷 時 は、ガ ラ ス 面 に 吹 き つ け た
ウォッシャー液が凍結して、視界が悪
くなることがあります。ガラス面をデ
フ ロ ス タ ー で 暖 め て か ら、ウ ォ ッ
シャー液を噴射してください。
→ 5-2ページ(デフロスター)

ウインドーが乾いているときは、ウ
インドーをウォッシャー液で濡らし
てからワイパーを動かしてください。
空ぶきするとガラス面やワイパーブ
レード(ゴム部)に傷がつくおそれ
があります。

ワイパーブレードがガラスにはりつ
いているときは、ワイパーを作動さ
せないでください。ブレード部(ゴム
の部分)が傷ついたり、ワイパーが故
障したりするおそれがあります。

ウォッシャー液が十分に出ないとき
は、ウォッシャースイッチを切って
ください。ウォッシャーポンプが故
障する原因となります。

ワイパー/ウォッシャースイッチ

ON

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転する前に/スイッチの使いかた

3-53

3

■ ワイパーが作動中に停止した

ときは

積雪などでワイパーに大きな負荷がかか
る状態が続きワイパーモーターの温度が
上がると、ワイパーモーターを保護する
ためにブレーカーが作動してワイパーが
停止します。次の手順で対処してくださ
い。

安全な場所に停車し、エンジンス
イッチを 

  または 

(OFF)にします。 

ワイパースイッチをOFFにします。

 

ワイパーの作動をさまたげる積雪な
どの障害物を取り除きます。

しばらくしてワイパーモーターの温
度が下がると、ブレーカーが自動復
帰してワイパーの使用が可能となり
ます。

しばらく待ってもワイパーが使用
できない場合は、別の原因が考え
られます。スズキサービス工場で
点検を受けてください。

ワイパースイッチ

レバー(1)を上下に操作すると、ワイ
パーが次表のように作動します。

82M30310

ウォッシャースイッチ

レバー(1)を手前に引くと、ウォッシャー
液が噴射されワイパーが数回動きます。

82M30320

1

ACC

LOCK

2

3

4

MIST

レバーを押し上げ
ている間作動

OFF

停止

INT

間欠作動

LO

低速作動

HI

高速作動

MIST

HI

OFF

LO

INT

(1)

(1)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転する前に/スイッチの使いかた

3-54

3

エンジンスイッチの位置に関係なく使用
できます。ハンドルのホーンマークがつ
いている部分を押すと、ホーンが鳴りま
す。

70K188

次の条件をみたしていると、作業灯が点
灯します。

作業灯スイッチが 

 

エンジンスイッチが 

 または

 

パーキングブレーキがかかっている

82M30330

ホーンスイッチ

エンジン停止中に長時間点灯させない
でください。バッテリーあがりの原因
となります。

作業灯スイッチ

タイプ別装備

ON

ACC

ON

OFF ON

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転するときは

4-1

4

4. 運転するときは

● エンジン始動

エンジンスイッチの各位置のはたらき ・・・・・・・・・

4-2

エンジンのかけかた ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4-3

エンジンの止めかた ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4-5

● パーキングブレーキ

パーキングブレーキの操作 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4-6

● チェンジレバー

チェンジレバーの操作 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4-6

● オートマチック車

セレクトレバーの操作 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4-8

オートマチック車の特性 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4-10
オートマチック車を運転するとき ・・・・・・・・・・・・・ 4-11
オートマチック車の運転のしかた ・・・・・・・・・・・・・ 4-13

● オートギヤシフト車

セレクトレバーの操作 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4-17
2速発進モード選択機能・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4-22
オートギヤシフト車の特性 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4-23
オートギヤシフト車を運転するとき ・・・・・・・・・・・ 4-24
オートギヤシフト車の運転のしかた ・・・・・・・・・・・ 4-26

● ヒルホールドコントロール

ヒルホールドコントロール ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4-31

● 4WD車

2WD4WDの切替え操作・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4-32

● ABS

ABS装備車の取扱い ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4-38

安全運転が第一

お車に装備されているシートベルト、SRSエアバッグ
システム、ABS(アンチロックブレーキシステム)
などの安全装備も、乗員の安全確保には限界がありま
す。法定速度を厳守するとともに、スピードを控えめ
にして安全運転に心がけてください。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

Content      ..     5      6      7      8     ..