Toyota Roomy (2017 year). Instruction japanese - part 10

 

  Index      Toyota     Toyota Roomy (2017 year) - instruction japanese

 

Search            copyright infringement  

 

 

 

 

 

 

 

 

Content   ..  8  9  10  11   ..

 

 

Toyota Roomy (2017 year). Instruction japanese - part 10

 

 

143

3

各部の操作

3-3. シートの調整

リヤシート

ヘッドレストをいちばん下まで下げる(→ P. 146)

調整のしかた

1

1

1

1

2

KBTH330201

前後位置調整

リクライニング調整

背もたれを前に倒す

リヤ中央席シートベルトを格納する(→ P. 28)

リ ヤ 中 央 席 シ ー ト ベ ル ト の
バックルを格納する

KBTH330202

144

3-3. シートの調整

上から押して、背もたれを固定する

背もたれをもとにもどすときは逆の手順で行う

リクライニングレバーを引き
ながら、背もたれを前方に倒す

ロックが確実に解除されるまで、レ
バーを引いてください。

警告

次のことを必ずお守りください。
お守りいただかないと、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそ
れがあります。

シート調整について

シートが乗員や荷物にあたらないように注意してください。

背もたれは必要以上に倒さないでください。
事故のときに体がシートベルトの下にもぐり、腹部などに強い圧迫を受けるな
ど生命にかかわる重大な傷害を受けるおそれがあり危険です。

リヤ中央席に座わるときは、リヤ左右席のシート位置、背もたれの角度を同じ
にしてください。正しい姿勢がとれず、事故の際に重大な傷害におよぶか、最
悪の場合死亡につながるおそれがあります。

シートの下や動いている部分に手を近付けないでください。
指や手を挟み、重大な傷害を受けるおそれがあり危険です。

シート調整後はシートが確実に固定されていることを確認してください。

背もたれを前に倒すときは

走行中にリヤシートを操作しない

平坦な場所でパーキングブレーキを確実にかけ、シフトレバーを P にする

操作をするときに、可動部や結合部に手や足などを挟まないように注意する

倒した背もたれやラゲージルームに人を乗せて走行しない

お子さまがラゲージルームに入らないよう注意する

背もたれをもとにもどしたあとは

シートを前後に軽くゆさぶり、確実に固定されていることを確認する

シートのあいだにシートベルトが挟み込まれていないか確認する

KBTH330203

145

3-3. シートの調整

3

各部の操作

注意

背もたれを前に倒すときは

背もたれを倒す前に、必ずリヤ中央席のシートベルトとバックルを格納してく
ださい。シート、またはバックルが破損するおそれがあります。

146

3-3. シートの調整

ヘッドレスト

上げる

下げる

下げるときは、解除ボタンを押しなが
ら操作します。

上げる

下げる

下げるときは、解除ボタンを押しなが
ら操作します。

ヘッドレストを取りはずすとき

フロントシート

1

2

KBTH330301

解除ボタン

リヤシート

1

2

KBTH330302

解除ボタン

知識

解除ボタンを押しながら取りはずします。

KBTH330303

解除ボタン

147

3-3. シートの調整

3

各部の操作

ヘッドレストを取り付けるとき

フロント席のヘッドレストの高さについて

リヤ席のヘッドレストの使用について

使用するときは、常に格納位置から一段上げた位置にしてください。

ヘッドレストを取り付け穴に合わせて、ロッ
ク位置まで押し下げてください。

さらに下げるときは、解除ボタンを押しな
がら操作してください。

必ずヘッドレストの中心が両耳のいちばん
上のあたりになるよう調整してください。

警告

ヘッドレストについて

次のことをお守りください。
お守りいただかないと、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるお
それがあります。

ヘッドレストは、それぞれのシート専用のものを使用する

ヘッドレストを必ず正しい位置に調整する

ヘッドレストを調整したあとは、ヘッドレストを押し下げて固定されているこ
とを確認する

ヘッドレストをはずしたまま走行しない

KBTH330304

解除ボタン

KBPA330305

148

3-3. シートの調整

シートアレンジ

ダイブインモード(リヤシート格納)

AP. 149

フルフラットモード

AP. 150

KBTH330401

KBTH330402

149

3-3. シートの調整

3

各部の操作

車を停止させ、しっかりとパーキングブレーキをかける

フロントシートをいちばん前までスライドする

リヤシートをいちばんうしろまでスライドする

リヤシートのヘッドレストをいちばん下まで下げる(→ P. 146)

リヤシートの背もたれを前に倒して固定する(→ P. 143)

シートロック解除ストラップを
引いてロックを解除する

車 外からシートバン ド(

)、

)を持って、リヤシートを持

ち上げ格納する

車内から格納するときは、シートバン
ド(①)、(③)を持ちます。

もとにもどすには

車を停止させ、しっかりとパーキングブレーキをかける

フロントシートをいちばん前までスライドする

車 外からシートバン ド(

)、

)を持って、リヤシートを持

ち上げもとにもどす

車内からもどすときは、シートバンド

(①)、(③)を持ちます。

上から押して、リヤシートを固定する

背もたれを起こし、固定する

リクライニングレバーを引いたまま背もたれを起こします。

ダイブインモード(リヤシート格納)にするには

KBTH330403

シートロック
解除ストラップ

1

2

3

KBTH330404

1

2

3

KBTH330405

150

3-3. シートの調整

車を停止させ、しっかりとパーキングブレーキをかける

リヤシートの位置を調整する

マークを

(F-FLAT)マークに合

わせてください。

リヤシートのヘッドレストをいちばん下まで下げる(→ P. 146)

リヤシートの背もたれをいちばんうしろに倒す

フロントシートのヘッドレストを取りはずす(→ P. 146)

フロントシートをいちばん前までスライドする

フロントシートの背もたれをいちばんうしろに倒す

フルフラットモードにするには

KBTH330410

151

3-3. シートの調整

3

各部の操作

デッキボードの防汚シート

について

ダイブインモードにしてデッキボード裏面にある防汚シートを展開すると、リヤ
シートを汚すことなく荷物を積むことができます。

ダイブインモードにする(→ P. 149)

知識

デッキボードを車両前側に反転す

デッキボード裏面の防汚シートを
車両前側にめくる

KBTH320210

KBTH320211

防汚シート

:グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

152

3-3. シートの調整

警告

シートアレンジについて

次のことをお守りください。
お守りいただかないと、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるお
それがあります。

必ず平坦な場所でシフトレバーを P に入れて、パーキングブレーキを確実にか
けてください。

走行中はシートアレンジ操作をしないでください。

シートアレンジをしたあとは、シートを軽くゆさぶり確実に固定されているこ
とを確認してください。

シートのあいだにシートベルトが挟みこまれていないか確認してください。

シートを調整するときは、同乗者や荷物にあてないように注意してください。
同乗者がけがをしたり、荷物をこわしたりするおそれががあります。

シートを調整しているときは、シートの下や動いている部分の近くに手を近付
けないでください。指や手を挟み、けがをするおそれがあります。

操作をするときに、可動部や結合部に手や足などを挟まないようにしてくださ
い。

シートに人が乗っている状態でシートアレンジ操作をしないでください。

153

3-3. シートの調整

3

各部の操作

警告

ダイブインモードについて

ラゲージスペースに人を乗せて走行しないでください。

操作するときは、2 箇所のシートバンド(→ P. 149)を必ず両手で持って、
リヤシートの下を持たないようにしてください。また、もとにもどすときは、
シートが固定されるまでシートバンドから手を離さないでください。シートが
落下したときに、手を挟みけがをするおそれがあります。

格納操作時以外、シートロック解除ストラップを操作しないでください。

リヤシートを格納するときは、ラゲージルーム側から操作しないでください。
体がシートの重みで前側に引っぱられ、けがをするおそれがあります。

リヤシートを格納した状態から背もたれだ
け起こして、人を乗せないでください。シー
トが固定されていないため走行中にシート
が動き、急ブレーキや事故の際に重大な傷害
におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそ
れがあります。

リヤシートをもとにもどしたときは、シート
脚部が床面ロック部に確実に固定されたこ
とを確認してください。

リヤシートをもとにもどすときは、シート脚
部と床面ロック部のあいだに手や足を近付
けないでください。手や足を挟み、けがをす
るおそれがあります。

フルフラットモードについて

人を乗せて走行しないでください。体が固定されていないため、急ブレーキや
事故の際に重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがありま
す。

KBTH330407

KBTH330406

154

3-3. シートの調整

注意

ダイブインモードについて

リヤシートを格納するときや、もとにもどすときは、床面やシートクッション
の上に物がないことを確認してから行ってください。

リヤシートを格納するときは、シートをいちばんうしろまでスライドしてから
行ってください。いちばんうしろの位置以外で操作すると、シート周辺の部品
と干渉して傷付いたり、破損するおそれがあります。

リヤシートをもとにもどす前に、床面ロック
部に異物が入っていないことを確認してく
ださい。異物が入っていると、シートが固定
できなかったり、ロック機構が破損するおそ
れがあります。

リヤシートをもとにもどすときは、次のことをお守りください。シートとフロ
アが干渉して破損するおそれがあります。

・ シートを斜めにして持ち上げない
・ シートが固定されるまで両手で持ってい

るシートバンドを離さない

KBTH330409

床面ロック部

KBTH330411

155

各部の操作

3-4. ハンドル位置・ミラー

3

ハンドル

ハンドルを持ち、レバーを下げる

ハンドルを上下に動かし、適切な
位置にする

位置が決定したら、レバーを上げてハ
ンドルを固定してください。

調整のしかた

KBTH340101

KBTH340102

156

3-4. ハンドル位置・ミラー

ハンドルの 

 周辺部を押すと

ホーンが鳴ります。

ハンドル位置を調整したあとは

ハンドルが確実に固定されていることを確認してください。
固定が不十分だとホーンが鳴らない場合があります。(→ P. 155)

ホーン(警音器)

KBTH340103

知識

警告

走行中の警告

走行中はハンドル位置の調整をしないでください。
運転を誤って、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあ
ります。

ハンドル位置を調整したあとは

ハンドルが確実に固定されていることを確認してください。
固定が不十分だと、ハンドルの位置が突然かわり、思わぬ事故につながり、重
大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

157

各部の操作

3-4. ハンドル位置・ミラー

3

インナーミラー

運転姿勢に合わせてインナーミラーの角度を調整することができます。

インナーミラー本体を持って調整
する

レバーを操作することで、後続車のヘッドランプによる反射光を減少さ
せます。

通常使用時

防眩時

後方を十分に確認できるようにミラーの角度を調整することができま
す。

調整のしかた

KBTH340201

防眩機能

1

2

KBTH340202

警告

走行中の警告

走行中はミラーの調整をしないでください。
運転を誤って、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあ
ります。

158

3-4. ハンドル位置・ミラー

ドアミラー

調整するミラーを選ぶには、ス
イッチをまわす

ミラーの鏡面を調整するにはス
イッチを操作する

調整のしかた

1

2

KBTH340301

1

4

3

2

KBTH340302

 

 

 

 

 

 

 

Content   ..  8  9  10  11   ..