Toyota Prius PHV (2017 year). Instruction japanese - part 13

 

  Index      Toyota     Toyota Prius PHV (2017 year) - instruction japanese

 

Search            copyright infringement  

 

 

 

 

 

 

 

 

Content   ..  11  12  13  14   ..

 

 

Toyota Prius PHV (2017 year). Instruction japanese - part 13

 

 

191

2-2. 充電について

2

プラグインハイブリッドシステム

充電インジケーターの点灯・点滅については、P. 97 を参照してください。

充電コネクターを接続しても充電インジケーターが点灯しない

電源プラグがコンセントに確実に接続
されていない

電源プラグがコンセントに正しく接続
されているか確認してください。

充電コネクターが充電インレットに確
実に接続されていない

充電コネクターの接続状態を確認して
ください。
充電コネクターが確実に接続されてい
るのに充電インジケーターが点灯しな
い場合は、システムに異常があるおそ
れがあります。ただちに充電を中止し
て、トヨタ販売店にご連絡ください。

すでに駆動用電池が満充電になってい

駆動用電池が満充電の場合、充電は行
われません。

普通充電器(スタンド)が作動しない

普通充電器に問題がある場合は、設備
の管理者にご連絡ください。

充電インジケーターが点滅して充電できない

充電インジケーターが遅い点滅をして
いるとき

タイマー充電スケジュールが登録され
ている

タイマー充電を実施したい場合は、設
定した時刻になるまでそのままお待ち
ください。
すぐに充電を開始したい場合は、

「今す

ぐ充電」を ON にしてください。

(→ P. 166, 177)

充電インジケーターが速い点滅をして
いるとき

外部電源、または車両に異常が発生し
ている

ハイブリッドシステムを始動して、マ
ルチインフォメーションディスプレイ
に表示されたメッセージ(→ P. 197)
の指示に従って、それぞれ対処してく
ださい。

考えられる原因

対処方法

192

2-2. 充電について

次の記載を参照して、それぞれ必要な処置を行ってください。

正常に急速充電できないとき

考えられる原因

対処方法

急速充電が開始しない

急速充電コネクターが車両に正しく接
続されていない

急速充電コネクターの接続状態を確認
し、コネクターを確実にロックしてく
ださい。
接続状態に異常がないのに急速充電が
開始されないときは、急速充電器、ま
たは充電システムに異常がある可能性
があります。
・ 急速充電器に問題がある場合は、設

備の管理者にご連絡ください。

・ 急速充電器に問題がない場合は、シ

ステムに異常があるおそれがありま
す。トヨタ販売店にご連絡ください。

急速充電コネクターが確実にロックさ
れていない

急速充電器(スタンド)、または車両の
セルフチェック機能でエラーが検出さ
れた

急速充電器、または充電システムに異
常がある可能性があります。
・ 急速充電器に問題がある場合は、設

備の管理者にご連絡ください。

・ 急速充電器に問題がない場合は、シ

ステムに異常があるおそれがありま
す。トヨタ販売店にご連絡ください。

・ ハイブリッドシステムを始動できな

くなった場合は、トヨタ販売店にご
連絡ください。

急速充電器(スタンド)の電源が OFF
になっている

急速充電器の管理者に連絡して、電源
状態をご確認ください。

駆動用電池の残量が普通充電での満充
電量の約 80% 以上ある

駆動用電池の残量が普通充電での満充
電量の約 80% 以上あるときは、急速
充電できません。満充電にしたい場合
は、普通充電を実施してください。

普通充電コネクターも接続している

普通充電と急速充電を同時に行うこと
はできません。

193

2-2. 充電について

2

プラグインハイブリッドシステム

急速充電が途中で停止する

急速充電器(スタンド)のタイマーが
作動した

急速充電器によっては、一定時間で充
電が停止するようにタイマーが設定さ
れている場合があります。急速充電器
の管理者に確認してください。

充電を開始してから 60 分が経過した

急速充電は、最大 60 分で充電が停止
します。(→ P. 153)

急速充電器(スタンド)の電源が OFF
になった

急速充電器の電源状態を確認してくだ
さい。電源の状態が不明な場合は、急
速充電器の管理者にご連絡ください。

駆動用電池の温度が極端に高い、また
は極端に低い

極端な高温、または極低温の環境下で
は、急速充電できない場合があります。
気温が安定してから充電を実施してく
ださい。

急速充電器(スタンド)、または車両の
セルフチェック機能でエラーが検出さ
れた

急速充電器、または充電システムに異
常がある可能性があります。
・ 急速充電器に問題がある場合は、設

備の管理者にご連絡ください。

・ 急速充電器に問題がない場合は、シ

ステムに異常があるおそれがありま
す。トヨタ販売店にご連絡ください。

・ ハイブリッドシステムを始動できな

くなった場合は、トヨタ販売店にご
連絡ください。

急速充電後にハイブリッドシステムが始動できなくなった

充電後のシステムチェックが正常に終
了しなかった

P. 154 の手順でシステムチェックを
実施してください。再試行してもシス
テムチェックが正常に終了しない場合
は、トヨタ販売店にご連絡ください。

急速充電コネクターが接続されたまま
になっている

急速充電コネクターが接続されている
ときは、安全のため、ハイブリッドシス
テムを始動することができません(→
P. 135)。充電終了後は、すみやかに
急速充電コネクターを取りはずしてく
ださい。

考えられる原因

対処方法

194

2-2. 充電について

急速充電後にハイブリッドシステムを始動できなくなったとき

故障の原因によっては、急速充電コネクターを取りはずして充電リッドを閉める
ことで、ハイブリッドシステムを始動できる場合があります。

ハイブリッドシステムを始動できた場合は、すみやかにトヨタ販売店で点検を
受けてください。

充電リッドを閉めてもハイブリッドシステムが始動しないときは、トヨタ販売
店にご連絡ください。

次の記載を参照して、それぞれ必要な処置を行ってください。

知識

タイマー充電機能が正常に作動しないとき

:グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

考えられる原因

対処方法

希望の時刻に充電できない

車両の時計が正しく調整されていない

時計の設定を確認し、正しい時刻に調
整してください。(→ P. 227)

車両に充電ケーブルが接続されていな

タイマー充電を使用する際は、あらか
じめ充電ケーブルを接続しておいてく
ださい。

誤った充電モードを選択している

充電モードの設定をご確認ください。

(→ P. 157)

充電モードが「開始」のときは設定し
た時刻に充電が開始されますが、「出
発」に設定したときは、設定した時刻
に充電が完了するように充電が実施さ
れます。

(充電開始時刻は、システムに

より自動制御されます)

スマートフォンのアプリケーション

★ ※

からタイマー設定の変更ができない

スマートフォンが通信圏外にある

電波状態を確認し、通信圏外になって
いる場合は電波の状況がよい場所へ移
動してください。

195

2-2. 充電について

2

プラグインハイブリッドシステム

タイマー充電スケジュールを登録してあるのにすぐに充電が開始される

「今すぐ充電」が ON になっている

タイマー充電する際は、「今すぐ充電」
を OFF に設定してください。

(→ P. 166, 177)

タイマー充電スケジュールが OFF に
なっている

タイマー充電スケジュールが OFF に
設定されていないか確認してくださ
い。(→ P. 164, 175)

充電モードが「出発」に設定されてお
り、かつ出発予定時刻が現在時刻に近
い時刻に設定されている

車両のシステムにより、設定した出発
時刻までに充電が完了できないと判断
された場合は、すぐに充電が開始され
ます。タイマー充電スケジュールを確
認してください。

充電インジケーターの点滅(通常)中
に充電ケーブルを抜き挿しした

充電インジケーターの点滅(通常)中
に充電ケーブルを抜き挿しすると、タ
イマー充電がキャンセルされます(→
P. 141)。いったん充電ケーブルを取
りはずして、再度、接続しなおしてく
ださい。

マイルームモード、またはリモートエ
アコンシステムを作動させた

マイルームモード、またはリモートエ
アコンシステムを作動させると、タイ
マー充電スケジュールが登録されてい
ても、すぐに充電が開始されます。タ
イマー充電を実施したい場合は、それ
ぞれの機能を停止してから、接続し直
してください。

駆動用電池ヒーター(→ P. 128)が
作動した

充電モードが「出発」のときは、充電
前に駆動用電池ヒーターが作動する場
合があります。充電インジケーターの
状態を確認してください。

(→ P. 97)

「出発」に設定した時刻よりも早く充電が終了する

電源環境や気温などの影響により、シ
ステムが予測した充電完了時刻にずれ
が生じた

充電中に急激な気温変化が発生した
り、電源の状況に変化が生じたりした
場合は、システムの予測よりも早く充
電が終了する場合があります。

考えられる原因

対処方法

196

2-2. 充電について

スマートフォンのアプリケーションを利用するには、メーカーオプションのナ
ビゲーションシステムを装着、かつ T-Connect へのお申し込みが必要です。
T-Connect サービスの詳細については、別冊「ナビゲーションシステム取扱
書」を参照してください。

「出発」に設定した時刻になっても充電が完了しない

エアコン連動機能を使用している

エアコン連動機能を使用すると、「出
発」に設定した時刻までエアコンが
作動するため、充電状態によっては、
設定時刻になっても充電が完了しな
い場合があります。その場合は、満充
電 に な る ま で 充 電 が 継 続 さ れ る た
め、充電を続けるときはそのままお
待ちください。

電源環境や気温などの影響により、シ
ステムが予測した充電完了時刻にずれ
が生じた

充電中に急激な気温変化が発生した
り、電源の状況に変化が生じたりし
た場合は、システムの予測通りに充
電が完了しない場合があります。

「開始」に設定した時刻になっても充電が開始されない

設定した時刻が過ぎてから充電ケーブ
ルを接続した

充電ケーブルは、「開始」に設定した
時刻になる前に接続してください。

考えられる原因

対処方法

197

2-2. 充電について

2

プラグインハイブリッドシステム

充電後にハイブリッドシステムを
始動すると、マルチインフォメー
ションディスプレイにメッセージ
が表示されます。

その場合は、メッセージの指示に従っ
て、それぞれ必要な処置を行ってくだ
さい。

充電に関するメッセージが表示されたときは

考えられる原因

対処方法

「充電コネクター操作により充電停止しました」と表示されたとき

充電コネクターが確実に接続されてい
ない

充電コネクターの接続状態を確認して
ください。
正しい作業手順に従っても充電できな
い場合は、トヨタ販売店で点検を受け
てください。

充電中に充電コネクターのロック解除
ボタンを押した

充電中にロック解除ボタンを押し続け
ると、充電が停止します。充電を続け
る場合は、充電コネクターを接続し直
してください。

「充電完了しました(駆動用電池温度による制限)」と表示されたとき

駆動用電池が高温の状態が続いたた
め、駆動用電池の保護のために充電が
終了した

ご希望の充電量に到達していないとき
は、駆動用電池が冷えてから再度、充
電を行ってください。

198

2-2. 充電について

「停電または電源プラグ抜けにより充電停止しました」と表示されたとき

外部電源からの電源供給に問題がある

次の点をご確認ください。
・ 電源プラグが抜けていないか
・ 手元スイッチが OFF になっていな

いか

・ コントロールユニット上の電源イン

ジケーターが点灯しているか

・ ブレーカーが落ちていないか
以上の点に問題がない場合は、建物の
コンセントなどに問題がある可能性が
あります。電気工事業者に点検を依頼
してください。

(充電設備のご利用時に

問題が生じた場合は、設備の管理者に
ご連絡ください)
なお、コントロールユニット上のエラー
インジケーターが点滅している場合は、
漏電の可能性があります。トヨタ販売
店にご相談ください。

普通充電器(スタンド)が充電を停止
した

普通充電器の仕様により、電源供給
が停止されることで充電中止となる
ことがあります。例えば、次のよう
な場合があります。普通充電器に掲
示されている取り扱い説明をご確認
ください。

・ 普通充電器の停止ボタンを押した
・ 普通充電器にタイマー充電機能が

ある

・ 普通充電器が車両のタイマー充電

機能に対応していない

この車両に装備されている充電ケー
ブルでの充電が可能かご確認くださ
い。
トヨタ純正の充電ケーブルを使用し
ても充電できない場合は、トヨタ販
売店にご相談ください。

考えられる原因

対処方法

199

2-2. 充電について

2

プラグインハイブリッドシステム

「充電設備の要因により充電停止しました」と表示されたとき

普通充電器(スタンド)が車両に適合
していない

この車両に装備されている充電ケーブ
ルでの充電が可能かご確認ください。
トヨタ純正の充電ケーブルを使用して
も充電できない場合は、トヨタ販売店
にご相談ください。

普通充電器(スタンド)が充電を停止
した

「AC 供給電源の要因により充電停止しました」と表示されたとき

外部電源からの電源供給に問題がある

次の点をご確認ください。
・ 電源プラグがしっかりと挿し込まれ

ているか

・ 延長コードを使用したり、タコ足配

線になったりしていないか

・ 専用回線に接続されているか
・ 停電が発生していないか
建物のコンセントなどに問題がある可
能性があります。電気工事業者に点検
を依頼してください。
電源経路に問題がないのに充電できな
い場合は、システムの異常が考えられ
ます。トヨタ販売店で点検を受けてく
ださい。

普通充電器(スタンド)が充電を停止
した

この車両に装備されている充電ケーブ
ルでの充電が可能かご確認ください。
トヨタ純正の充電ケーブルを使用して
も充電できない場合は、トヨタ販売店
にご相談ください。

「電装品の電力消費大のため充電停止しました」と表示されたとき

車両の電装品によって電力が消費され
ている

次の点をご確認の上、再度充電してく
ださい。
・ ヘッドランプやオーディオなどが

ON になっている場合は、OFF にし
てください。

・ パワースイッチを OFF にしてくだ

さい。

以上を実施しても充電できない場合
は、補機バッテリーの充電不足が考え
られます。ハイブリッドシステムを約
15 分以上作動させて、補機バッテ
リーを充電してください。

考えられる原因

対処方法

200

2-2. 充電について

「プラグイン充電システム確認のため急速充電コネクターを挿入してくださ

い 詳細は取扱書をお読みください」と表示されたとき

急速充電時のシステムチェックが正常
に終了しなかった

この場合、システムチェックが正常に
終了するまで、ハイブリッドシステム
を始動できなくなります。P. 154 の
記載に従って、充電システムのチェッ
クを実施してください。

「システムの要因により充電停止しました」と表示されたとき

充電システムに異常が発生した

トヨタ販売店で点検を受けてくださ
い。

「充電終了時間に達したため充電停止しました」と表示されたとき

急速充電器(スタンド)、または車両側
の制限時間内に急速充電が完了しな
かった

・ 急速充電器によっては、一定時間で

充電が停止するように、タイマーが
設定されている場合があります。急
速充電器の管理者に確認してくださ
い。

・ エアコンやヘッドランプ、オーディ

などの電源が ON になっている

と、このメッセージが表示される場
合があります。その場合は、電装品
の電源を OFF にしてから、急速充
電を行ってください。

・ 駆動用電池の温度が高くなっている

可能性があります。駆動用電池が冷
えるまで待ってから、急速充電を
行ってください。

考えられる原因

対処方法

:グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

201

2

2-3. 外部電源供給システムについて

プラグインハイブリッドシステム

外部電源供給システム

普通充電インレットに専用変換アダプタ(ヴィークルパワーコネクタ)を
取り付け、電源供給開始操作を行うことで、AC100V で最大消費電力の
合計が 1500W 以下

の電気製品を使用することができるシステムで

す。

ヴィークルパワーコネクタの車外コンセント、および車内のアクセサリーコン
セント(→ P. 564)に接続する電気製品の、最大消費電力の合計が 1500W
以下であることが必要です。

この車の外部電源供給システムは、車両から屋外での電源供給が可能と
いう点で一般家庭のコンセントと異なるため、取り扱いには注意が必要
です。

ご使用前に、必ずここで説明している内容をよくお読みいただいた上で、
正しく取り扱ってください。

外部電源供給システムについて

:グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

202

2-3. 外部電源供給システムについて

次の 2 種類からご希望のモードを選択して、外部電源供給を行うことが
できます。

EV 給電モード

駆動用電池に蓄えられている電力のみを使用して外部電源供給を行い
ます。電源供給可能な駆動用電池の残量を下まわると、給電を終了し
ます。

HV 給電モード

外部電源供給中に電源供給可能な駆動用電池の残量を下まわると、エ
ンジンが作動して給電を継続します。燃料残量警告灯が点灯すると、
給電を終了します。

アイドリングストップ条例について

HV 給電モードでの使用時は、電源供給可能な駆動用電池の残量を下まわると、
自動でエンジンが始動し、充電を行います。

一部の自治体では、駐車中または停車中にエンジンが始動した場合、アイドリン
グストップに関する条例にふれ、罰則の適用を受けるおそれがあります。外部電
源供給システムは、関係する自治体に確認した上で、適切にご使用ください。

スマートフォンとの連携について(メーカーオプションのナビゲーションシステ
ム装着車)

メーカーオプションのナビゲーションシステム装着車、かつ T-Connect にお申
込みいただいた方は、スマートフォン専用アプリケーション「Pocket PHV」で、
外部電源供給システムに関する情報を確認したり、一部の操作を行ったりするこ
とができます。

T-Connect サービスの詳細については、別冊「ナビゲーションシステム取扱書」
を参照してください。

外部電源供給モードについて

知識

203

2-3. 外部電源供給システムについて

2

プラグインハイブリッドシステム

ヴィークルパワーコネクタ各部の名称

ヴィークルパワーコネクタ

ロック解除ボタン

電源スイッチ

防水カバー

車外コンセント

防水ゴム

1
2
3

4
5
6

204

2-3. 外部電源供給システムについて

警告

次のことを必ずお守りください。
お守りいただかないと、思わぬ事故の原因となり、重大な傷害におよぶか、最悪
の場合死亡につながるおそれがあります。

ヴィークルパワーコネクタを取り扱うとき

分解・修理・改造・塗装をしない
異常が認められた場合は、ただちに使用を中止してトヨタ販売店にご連絡くだ
さい。

強い衝撃を与えたり落としたりしない

水にぬれたときや汚れがあるときは、乾いた布でふく

水洗いしたり、水やほかの液体に浸けたりしない
水やほかの液体に浸けた場合は使用しないでください。

シールなどを貼り付けない

警告ラベルを汚したり、はがしたりしない

お子さまにはさわらせない

車外コンセントにほこりなどの汚れが付着しないようにする

対応していない、ほかの車両には接続しない

保管するときは、取扱説明書・手順書とともに保管する
お車を人に貸し出すときは、車両の取扱書とヴィークルパワーコネクタの手順
書とを併せてお渡しください。

205

2

2-3. 外部電源供給システムについて

プラグインハイブリッドシステム

外部電源供給システム

をご使用になる前に

外部電源供給システムを安全にお使いいただくため、ご使用前には次の
事項をご確認ください。

警告

ご使用前の点検について

次のことを確認してください。
点検をしないで使い続けると、思わぬ事故の原因となり、重大な傷害におよぶ
か、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

ヴィークルパワーコネクタに破損などがないこと
異常がある場合はただちに使用を中止して、トヨタ販売店にご連絡ください。

電源プラグに破損・変形などがないこと
異常がある場合はただちに使用を中止してください。

車外コンセントに汚れや破損などがないこと

ヴィークルパワーコネクタを清掃するとき

水洗いによる清掃は行わないでください。ヴィークルパワーコネクタ内部に水
が浸入すると、使用時に火災や感電事故が発生し、最悪の場合死亡につながる
おそれがあります。

ヴィークルパワーコネクタが汚れたときは、固くしぼった布で汚れをふき取っ
たあと、乾いた布でからぶきしてください。

ガソリン等の溶剤・酸またはアルカリ性の溶剤は使用しないでください。

車外コンセントの交換について

電源プラグを車外コンセントに挿し込んでもゆるいときは、トヨタ販売店にご
相談ください。

注意

ヴィークルパワーコネクタを使用しないとき

衝撃やほこりから保護するため、すみやかに車両から取りはずして保管してく
ださい。

なお、長期間使用しないときは、水気がなく、直射日光があたらない場所に保
管してください。

:グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

206

2-3. 外部電源供給システムについて

外部電源供給システム

の使い方

必ず、次の点をご確認ください。

パーキングブレーキがかかっていること(→ P. 370)

ヘッドランプなどが OFF になっていること

パワースイッチが OFF になっていること(→ P. 357)

HV 給電モードのときは、外部電源供給中にエンジンが作動する場合が
あるため、車庫内等、換気の悪い場所を避け、換気のよい場所に駐車
すること

地面が固く平らな場所に駐車すること

輪止めの使用をおすすめします。輪止めはトヨタ販売店で購入することができま
す。

ボンネットが閉まっていること

ブ レ ー キ ペ ダ ル を 踏 ま ず に パ
ワースイッチを 2 回押して、ON
モードにする

メインディスプレイに「イグニッショ
ン ON」と表示されていることを確認
してください。

ブレーキペダルを踏んだままパワース
イッチを押すと、ハイブリッドシステ
ムが始動してしまい、外部電源供給シ
ステムが使用できません。

ON モードにしたあとは、シフトレバーを操作しないでください。シフトポジショ
ンが P でないと、外部電源供給システムを使用できません。

外部電源供給作業は、ここで説明している内容をよくお読みいただいた
上で、正しい手順に沿って行ってください。

外部電源供給作業前の重要確認事項

外部電源供給を開始するときは

:グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

1

 

 

 

 

 

 

 

Content   ..  11  12  13  14   ..