Toyota Prius PHV (2017 year). Instruction japanese - part 3

 

  Index      Toyota     Toyota Prius PHV (2017 year) - instruction japanese

 

Search            copyright infringement  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Content   ..  1  2  3  4   ..

 

 

Toyota Prius PHV (2017 year). Instruction japanese - part 3

 

 

31

1-1. 安全にお使いいただくために

安全・安心のために

1

警告

疾患のある方の場合

医師に注意事項を確認の上、必ず正しく着用してください。(→ P. 28)

お子さまを乗せるとき

→ P. 53

プリテンショナー付きシートベルトについて

シートベルトプリテンショナーが作動すると、SRS エアバッグ/プリテンショ
ナー警告灯が点灯します。その場合は、シートベルトを再使用することができ
ないため、必ずトヨタ販売店で交換してください。

シートベルトの損傷・故障について

ベルトやプレート、バックルなどは、シートやドアに挟むなどして損傷しない
ようにしてください。

シートベルトが損傷したときはシートベルトを修理するまでシートは使用し
ないでください。

プレートがバックルに確実に挿し込まれているか、シートベルトがねじれてい
ないかを確認してください。うまく挿し込めない場合はただちにトヨタ販売店
に連絡してください。

もし重大な事故にあったときは、明らかな損傷が見られない場合でも、シー
ト・シートベルトを交換してください。

プリテンショナー付きシートベルトの取り付けや取りはずし・分解・廃棄など
は、トヨタ販売店以外でしないでください。
不適切に扱うと、正常に作動しなくなり、重大な傷害を受けたり、最悪の場合
死亡につながるおそれがあります。

32

1-1. 安全にお使いいただくために

SRS エアバッグ

フロント SRS エアバッグ

運転席 SRS エアバッグ/助手席 SRS エアバッグ

(運転者と助手席乗員の頭や胸などへの衝撃を緩和)

SRS サイド&カーテンシールドエアバッグ

運転席 SRS サイドエアバッグ/助手席 SRS サイドエアバッグ

(運転者と助手席乗員の胸などへの衝撃を緩和)

SRS カーテンシールドエアバッグ

(フロント席とリヤ席乗員の主に頭部への衝撃を緩和)

SRS エアバッグは乗員に重大な危害がおよぶような強い衝撃を受けた
ときにふくらみ、シートベルトが体を拘束する働きと併せて乗員への衝
撃を緩和させます。

1

2

:グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

3

33

1-1. 安全にお使いいただくために

安全・安心のために

1

警告

SRS エアバッグについて

次のことを必ずお守りください。
お守りいただかないと、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるお
それがあります。

運転者と乗員すべてがシートベルトを正しく着用してください。
SRS エアバッグはシートベルトを補助するためのものです。

助手席 SRS エアバッグは強い力でふくらむため、特に乗員がエアバッグに近
付きすぎると、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあ
ります。乗員が SRS エアバッグのふくらむ場所に近い場合は特に危険です。
シートの背もたれを調整して、シートをできるだけ SRS エアバッグから離
し、まっすぐに座ってください。

お子さまがシートにしっかり座っていないと、SRS エアバッグのふくらむ衝
撃で重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。お
子さまが小さくてシートベルトを使用できないときは、チャイルドシートで
しっかり固定してください。
お子さまはリヤ席に乗せ、チャイルドシートまたはシートベルトを着用させる
ことをおすすめします。(→ P. 42)

シートの縁に座ったり、ダッシュボードに
もたれかかったりしない

お子さまを助手席 SRS エアバッグの前に
立たせたり、ひざの上に抱いたりしない

運転者および助手席乗員は、ひざの上に何
も持たない

34

1-1. 安全にお使いいただくために

警告

SRS エアバッグについて

コートフックにハンガーなどの硬いものをかけないでください。
SRS カーテンシールドエアバッグが作動したときに投げ出されて重大な傷害
におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

ドアやフロントピラー・センターピラー・
リヤピラー・ルーフサイドレールへ寄りか
からない

助手席では、ドアに向かってひざをついた
り、窓から顔や手を出したりしない

ダッシュボード・ハンドルのパッド部分な
どには何も取り付けたり、置いたりしない

ドア・フロントウインドウガラス・ドアガ
ラス・フロントピラーおよびリヤピラー・
ルーフサイドレール・アシストグリップな
どには何も取り付けない

35

1-1. 安全にお使いいただくために

安全・安心のために

1

警告

SRS エアバッグについて

SRS サイドエアバッグがふくらむ場所を覆うようなシートアクセサリーを使
用しないでください。エアバッグが作動する際、アクセサリーが干渉するおそ
れがあります。そのようなアクセサリーがエアバッグが正常に作動するのをさ
またげ、システムを不能にしたり、またはエアバッグが誤って作動したりし
て、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

SRS エアバッグシステム構成部品の周辺およびフロントドアの周辺は、強く
たたくなど過度の力を加えないでください。
SRS エアバッグが正常に作動しなくなるおそれがあります。

SRS エアバッグがふくらんだ直後は、構成部品が熱くなっているため、ふれ
ないでください。

SRS エアバッグがふくらんだあとに、もし呼吸が苦しく感じたら、ドアやド
アガラスを開けて空気を入れるか、安全を確認して車外に出てください。皮膚
の炎症を防ぐため、残留物はできるだけ早く洗い流してください。

SRS エアバッグが収納されているパッド部およびフロントピラーガーニッシュ
部に傷が付いていたり、ひび割れがあるときはそのまま使用せず、トヨタ販売
店で交換してください。

改造・廃棄について

トヨタ販売店への相談なしに、次の改造・廃棄をしないでください。
SRS エアバッグが正常に作動しなくなったり、誤ってふくらむなどして、重大
な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

SRS エアバッグの取りはずし・取り付け・分解・修理

ハンドル・インストルメントパネル・ダッシュボード・シート・シート表皮・
フロントピラー・センターピラー・リヤピラー・ルーフサイドレール・フロン
トドアパネル・フロントドアトリム・フロントドアスピーカー等周辺の修理・
取りはずし・改造

フロントドアパネルの穴あけ等の改造

フロントフェンダー・フロントバンパー・車内側面部の修理、改造

グリルガード(ブルバー・カンガルーバーなど)・除雪装置・ウィンチなどの
取り付け

サスペンションの改造

CD プレーヤー・無線機などの電化製品の取り付け

36

1-1. 安全にお使いいただくために

SRS エアバッグが作動すると

SRS エアバックは高温のガスにより非常に速い速度でふくらむため、すり傷・
やけど・打撲などを受けることがあります。

作動音と共に白いガスが発生します。

フロント席・フロントピラー・リヤピラー・ルーフサイドレールの一部分など
だけでなくエアバッグ構成部品(ハンドルのハブ・エアバッグカバー・インフ
レーター)も数分間熱くなることがあります。エアバッグそのものも熱くなり
ます。

フロントウインドウガラスが破損することがあります。

SRS エアバッグが作動するとき(フロント SRS エアバッグ)

フロント SRS エアバッグは、衝撃の強さが設定値(移動も変形もしない固定さ
れた壁に、車速約 20 ∼ 30km/h で正面衝突した場合の衝撃の強さに相当する
値)以上の場合に作動します。
ただし、次のような場合はエアバッグが作動する車速は設定値より高くなりま
す。

・ 駐車している車や標識のような衝撃によって移動や変形するものに衝突した

場合

・ もぐり込むような衝突の場合(例えば、車両前部がもぐり込む、下に入り込

む、トラックの下敷きになるなど)

衝突条件によってはシートベルトプリテンショナーのみ作動する場合がありま
す。

知識

37

1-1. 安全にお使いいただくために

安全・安心のために

1

SRS エアバッグが作動するとき(SRS サイド&カーテンシールドエアバッグ)

SRS サイド&カーテンシールドエアバッグは、衝撃の強さが設定値(約 1.5t の
車両が、約 20 ∼ 30km/h の速度で客室へ直角に衝突した場合の衝撃の強さに
相当する値)以上の場合に作動します。

前面衝突時でも、特に衝撃が大きい場合は左右の SRS サイド & カーテンシール
ドエアバッグが作動します。

衝突以外で作動するとき

次のような状況で車両下部に強い衝撃を受けたときも、フロント SRS エアバッ
グと SRS サイド&カーテンシールドエアバッグが作動する場合があります。

SRS エアバッグが作動しないとき(フロント SRS エアバッグ)

フロント SRS エアバッグは、側面や後方からの衝撃・横転・または低速での前
方からの衝撃では、通常は作動しません。ただし、それらの衝撃が前方への減速
を十分に引き起こす場合には、フロント SRS エアバッグが作動することがあり
ます。

縁石や歩道の端など、固いものにぶつかっ
たとき

深い穴や溝に落ちたり、乗りこえたとき

ジャンプして地面にぶつかったり、道路か
ら落下したとき

側面からの衝突

後方からの衝突

横転

38

1-1. 安全にお使いいただくために

SRS エアバッグが作動しないとき(SRS サイド&カーテンシールドエアバッグ)

斜めから衝撃を受けた場合や、客室部分以外の側面に衝撃を受けたときには、
SRS サイド&カーテンシールドエアバッグが作動しない場合があります。

SRSサイド&カーテンシールドエアバッグは、後方からの衝撃・横転・または低
速での前方や側面からの衝撃では、通常は作動しません。

客室部分以外の側面への衝撃

斜めからの衝撃

後方からの衝突

横転

39

1-1. 安全にお使いいただくために

安全・安心のために

1

トヨタ販売店に連絡が必要な場合

次のような場合には、点検・修理が必要になります。できるだけ早くトヨタ販売
店へご連絡ください。

いずれかの SRS エアバッグがふくらんだとき

フロント SRS エアバッグはふくらまな
かったが、事故で車両の前部が衝突したと
き、または破損・変形などがあるとき

SRS サイド & カーテンシールドエアバッ
グはふくらまなかったが、事故でドアおよ
びその周辺部分を衝突したとき、または破
損・変形・穴あきなどがあるとき

ハンドルのパッド部分・ダッシュボードの
助手席SRSエアバッグ付近が傷付いたり、
ひび割れたり、その他の損傷を受けたとき

SRS サイドエアバッグが内蔵されている
シート表面が傷付いたり、ひび割れたり、
その他の損傷を受けたとき

SRS カーテンシールドエアバッグが内蔵
されているフロントピラー・リヤピラー
部・ルーフサイド部が傷付いたり、ひび割
れたり、その他の損傷を受けたとき

40

1-1. 安全にお使いいただくために

排気ガスに対する注意

排気ガスには吸引すると人体に有害な物質が含まれています。

警告

排気ガスには無色・無臭で有害な一酸化炭素(CO)が含まれているため、次のこ
とを必ずお守りください。
お守りいただかないと、排気ガスが車内に侵入し、多量の排気ガスが眠気を招き
事故の原因となるほか、重大な健康障害におよぶか、最悪の場合死亡につながる
おそれがあります。

走行中の留意事項

バックドアを閉じてください。
バックドアが閉じているのに車内で排気ガス臭がするときは、ドアガラスを開
けて空気を入れかえ、すみやかにトヨタ販売店で点検整備を受けてください。

駐車するとき

車庫内など換気が悪い場所や囲まれた場所では、ハイブリッドシステムを停止
してください。

長時間ハイブリッドシステムが作動したままにしないでください。
やむを得ないときは、開かれた場所に車を停め、排気ガスが車内に入ってこな
いことを確認してください。

降雪時や雪が積もった場所では、ハイブリッドシステムが作動したままにしな
いでください。まわりに積もった雪で排気ガスが滞留して、車内に侵入するお
それがあります。

排気管について

排気管は定期的に点検する必要があります。排気管等の腐食などによる穴や亀
裂、および継ぎ手部の損傷、また、排気音の異常などに気付いた場合は、必ず
トヨタ販売店で点検を受けてください。

41

1-2. お子さまの安全

1

安全・安心のために

お子さまを乗せるときは

お子さまにも必ずシートベルトを着用させてください。シートベルト
を正しく着用できない小さなお子さまを乗せるときは、適切な子供専
用シートをご用意ください。(→ P. 42)

運転装置にふれるのを防ぐため、お子さまはリヤシートに乗せること
をおすすめします。

走行中にドアを開けたり、パワーウインドウを誤操作したりしないよ
うに、チャイルドプロテクター(→ P. 310)・ウインドウロックス
イッチ(→ P. 338)をご使用ください。

小さなお子さまには、パワーウインドウ・ボンネット・バックドアや
シートなど、体を挟まれるおそれがある装備類を操作させないでくだ
さい。

お子さまを乗せるときは、次のことをお守りください。

警告

お子さまを車の中に残したままにしないでください。車内が高温になって熱射
病や脱水症状になり、重大な健康障害におよぶか、最悪の場合死亡につながる
おそれがあります。
また、お子さまが車内の装置を操作し、ドアガラスなどに挟まれたり、発炎筒
などでやけどしたり、運転装置を動かして、思わぬ事故につながるおそれがあ
り危険です。

車にお子さまを乗せる場合は、お子さまの安全を確保するための注意事項や
チャイルドシートの取り付け方などをまとめた「チャイルドシート」を参照し
てください。(→ P. 42

42

1-2. お子さまの安全

チャイルドシート

知っておいていただきたいこと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P. 42

チャイルドシートについて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P. 44

チャイルドシートを使用するとき・・・・・・・・・・・・・・・・P. 47

チャイルドシートの取り付け方法

・ シートベルトで固定する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P. 50
・ ISOFIX 対応チャイルドシート固定専用バーで固定する・・・・・・P. 54
・ トップテザーアンカーを使用する・・・・・・・・・・・・・・・・P. 60

チャイルドシートに関する注意事項および法規について、優先してお
守りください。

お子さまが成長し、適切にシートベルトが着用できるようになるまで
はチャイルドシートを使用してください。

お子さまの年齢・体格に合わせて、適切なチャイルドシートをお選び
ください。

すべてのチャイルドシートがすべての車両に適合するわけではありま
せん。チャイルドシートの使用・購入の際は、あらかじめ取り付ける
シート位置との適合性を確認してください。(→ P. 50, 54)

ここでは、お車にチャイルドシートを取り付ける前にお守りいただきた
いことや、チャイルドシートの種類および取り付け方法などを記載して
います。

シートベルトを正しく着用できない小さなお子さまを乗せるとき
は、チャイルドシートをお使いください。お子さまの安全のために、
チャイルドシートはリヤシートに取り付けてください。
取り付け方法は、商品に付属の取扱説明書に必ず従ってください。

トヨタでは、より安全にお使いいただくために、トヨタ純正チャイ
ルドシートの使用を推奨しています。
トヨタ純正チャイルドシートは、トヨタ車のために作られたチャイ
ルドシートです。トヨタ販売店で購入することができます。

目次

知っておいていただきたいこと

43

1-2. お子さまの安全

安全・安心のために

1

警告

お子さまを乗せるとき

次のことを必ずお守りください。
お守りいただかないと、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるお
それがあります。

事故や急停止の際、効果的にお子さまを保護するために、必ず正しく取り付け
られたチャイルドシートを使用して、しっかり体を固定してください。お子さ
まに最適なチャイルドシートについては、チャイルドシート製造業者、または
販売業者にご相談ください。

トヨタでは、お子さまの年齢や体の大きさに合った適切なチャイルドシートを
リヤシートに取り付けることを推奨します。事故統計によると、フロントシー
トよりリヤシートに適切に取り付けるほうがより安全です。

お子さまを腕の中に抱くのはチャイルドシートのかわりにはなりません。事故
の際、お子さまがフロントウインドウガラスや乗員、車内の装備にぶつかるお
それがあります。

チャイルドシートについて

次のことをお守りいただかないと、急ブレーキをかけたときや衝突したときな
どに飛ばされるなどして、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながる
おそれがあります。

事故等で車両に強い衝撃を受けた場合は、チャイルドシートにも目に見えない
破損があるおそれが強いため、再使用しないでください。

チャイルドシートによっては、取り付けができない、または取り付けが困難な
場合があります。その場合は、車への取り付けに適したチャイルドシートであ
るか確認してください(→ P. 50, 54)。本書のチャイルドシート固定方法お
よびチャイルドシートに付属の取扱説明書をよくお読みの上、確実に取り付
け、使用方法をお守りください。

チャイルドシートを使用しないときであっても、シートに適切にしっかりと取
り付けた状態にしてください。ゆるめた状態で客室内に置くことは避けてくだ
さい。

チャイルドシートの取りはずしが必要な場合は、車両からはずして保管する
か、ラゲージルーム内に容易に動かないように収納してください。

44

1-2. お子さまの安全

お手持ちのチャイルドシートについては、次の項目を確認の上、車に取
り付けてください。

チャイルドシートの規格

ECE R44

※1

または、ECE R129

※1, 2

に適合したチャイルドシート

を使用してください。
適合したチャイルドシートには、次の認可マークが表示されています。
チャイルドシートに付いている認可マークを確認してください。

法規番号の表示例

ECE R44 認可マーク

※3

対象となるお子さまの体重の
範囲が記載されています。

ECE R129 認可マーク

※3

対象となるお子さまの身長の
範囲および使用可能な体重が
記載されています。

※1

ECE R44、ECE R129 は、チャイルドシートに関する国連法規です。

※2

ECE R129 に適合したチャイルドシートを購入できない場合があります。
チャイルドシート製造業者または販売業者にご相談ください。

※3

表示されているマークは、商品により異なります。

チャイルドシートについて

1

2

45

1-2. お子さまの安全

安全・安心のために

1

質量グループについて(ECE R44 のみ)

この質量グループは、チャイルドシートの適合性を確認する際に必要
となります。チャイルドシートの適合性一覧表と併せてご確認くださ
い。(→ P. 50, 56)

ECE R44 の基準に適合するチャイルドシートはお子さまの体重によ
り次の 5 種類に分類されます。

年齢の範囲は、おおよその目安になります。お子さまの体重に合わせて選択し
てください。

質量グループ

お子さまの体重

参考年齢

グループ 0

10kg まで

9ヶ月頃まで

グループ 0

13kg まで

1 歳半頃まで

グループⅠ

9 ∼ 18kg

9ヶ月頃∼ 4 歳頃まで

グループⅡ

15 ∼ 25kg

3 歳頃∼ 7 歳頃まで

グループⅢ

22 ∼ 36kg

6 歳頃∼ 12 歳頃まで

46

1-2. お子さまの安全

チャイルドシート固定方法の種類

チャイルドシートの取り付けについては、チャイルドシートに付属の
取扱説明書を確認してください。

固定方法

ページ

シートベルト
で固定する

P. 50

ISOFIX チ ャ
イルドシート
固定専用バー
で固定する

P. 54

テザーベルト
を固定する

P. 60

 

 

 

 

 

 

 

Content   ..  1  2  3  4   ..