Toyota Prius Alpha (2017 year). Instruction japanese - part 25

 

  Index      Toyota     Toyota Prius Alpha (2017 year) - instruction japanese

 

Search            copyright infringement  

 

 

 

 

 

 

 

 

Content   ..  23  24  25  26   ..

 

 

Toyota Prius Alpha (2017 year). Instruction japanese - part 25

 

 

383

7-2. 緊急時の対処法

7

万一の場合には

:グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

警告メッセージ

警告内容・対処方法

レーダークルーズコントロール

のセンサー部分の

汚れ、氷などの付着

警告ブザーが鳴ります。

→ 汚れおよび氷などを取り除く

レーダークルーズコントロール

の車間制御の測定

不可

警告ブザーが鳴ります。

→ ワイパーを止めるか、低速作動または間欠作動に

かえる

クルーズコントロールシステム

の異常

レーダークルーズコントロールシステム

の異常

ON-OFF スイッチを一度 OFF にし、再度設定し
てください。
警告ブザーが鳴ります。

→ ただちにトヨタ販売店で点検を受けてください

LDA

の異常

警告ブザーが鳴ります。

→ ただちにトヨタ販売店で点検を受けてください

LDA

の一時停止(白線用認識カメラが作動範囲外

の高温状態)

警告ブザーが鳴ります。

→ しばらく走行してから LDA を再起動する

384

7-2. 緊急時の対処法

:グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

警告メッセージ

警告内容・対処方法

PCS(プリクラッシュセーフティシステム)

の異

警告ブザーが鳴ります。

→ ただちにトヨタ販売店で点検を受けてください

エンジンオイル圧力の異常

警告ブザーが鳴ります。

→ ただちに安全な場所に停車し、トヨタ販売店へ連

絡してください

ハイブリッドシステムの過熱

負荷の高い走行状況(例えば、長い上り坂を走行
する、後退しながら上り坂を登るなど)のときに
メッセージが表示され、システム保護のため、一
時的にハイブリッドシステムの出力が低下する場
合があります。
警告ブザーが鳴ります。

→ 車両を停車して点検する(→ P. 438)

オートマチックハイビーム

の異常

警告ブザーが鳴ります。

→ ただちにトヨタ販売店で点検を受けてください

補機バッテリーが充電不足
→ 数秒後

に表示が消えたときは

約 15 分以上、ハイブリッドシステムが作動した

状態を保持し、補機バッテリーを充電してくださ

い。

→ 表示が消えないときは

「補機バッテリーがあがったときは」

(→ P. 433)

の手順でハイブリッドシステムを始動してくだ

さい。

約 6 秒間表示されます。

(点滅)

(点滅)

385

7-2. 緊急時の対処法

7

万一の場合には

:グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

警告メッセージ

警告内容・対処方法

ヘッドランプがロービームの状態でオートマチッ
クハイビームスイッチ

を押した

→ ヘッドランプをハイビームに切りかえてから、

オートマチックハイビームスイッチを押す

PCS(プリクラッシュセーフティシステム)

が現

在機能していない
→ グリルまたはレーダーセンサーの汚れを取り除

駆動用電池の点検・交換時期
→ すみやかにトヨタ販売店にて駆動用電池の点検

を実施してください。

まもなくハイブリッドシステムの再始動不可
→ このまま車を使用し続けると、まもなくハイブ

リッドシステムの再始動ができなくなります。た

だちにトヨタ販売店にて駆動用電池の点検を実

施してください。

ハイブリッドシステムの再始動不可
→ ただちにトヨタ販売店へご連絡ください。

(点滅)

386

7-2. 緊急時の対処法

警告メッセージ

警告内容・対処方法

補機バッテリーの電圧が低下した状態でシフトポ
ジションを切りかえようとした

警告ブザーが鳴ります。

→ 約 15 分以上、ハイブリッドシステムが作動した

状態を保持し、補機バッテリーを充電してくださ

い。

→ ハイブリッドシステムが作動できないときは

「補機バッテリーがあがったときは」

(→ P. 433)

の手順でハイブリッドシステムを始動してくだ

さい。

→ ひんぱんに表示されるときは

補機バッテリーが劣化している可能性がありま

す。

その状態で放置しておくと、補機バッテリーあが

りを起こすおそれがあるため、トヨタ販売店で補

機バッテリーの点検を受けてください。

シフトポジションを P から P 以外、および P 以外
から P に切りかえる操作を短時間にくり返した

警告ブザーが鳴ります。

→ 約 20 秒待ってからシフトポジションを切りかえ

シフトポジションが P または N のときに B に切り
かえようとした

警告ブザーが鳴ります。

→ シフトポジションをDにしてからBに切りかえる

パワースイッチが ON モードのとき(READY イン
ジケーター消灯中)に、シフトポジションを R・D
または B に切りかえようとした

警告ブザーが鳴ります。

→ ハイブリッドシステムを始動後、シフトポジショ

ンを R・D または B

に切りかえる

B に切りかえるときは、D にしてから B に切りか
えてください。

(点滅)

(点滅)

(点滅)

(点滅)

387

7-2. 緊急時の対処法

7

万一の場合には

ブレーキペダルを踏まずにシフトポジションを P か
ら切りかえようとした

警告ブザーが鳴ります。

→ シフトポジションを P から切りかえるときは、ブ

レーキペダルを踏んで切りかえる

シフトポジションが R のときに B に切りかえよう
とした

警告ブザーが鳴ります。
シフトポジションが N に切りかわります。

→ シフトポジションをDにしてからBに切りかえる

車両が後退しているときにシフトポジションをDに
切りかえようとした

警告ブザーが鳴ります。
シフトポジションが N に切りかわります。

→ 車両を停車させてからシフトポジションを切り

かえる

車両が前進しているときにシフトポジションを R に
切りかえようとした

警告ブザーが鳴ります。
シフトポジションが N に切りかわります。

→ 車両を停車させてからシフトポジションを切り

かえる

走行中に P ポジションスイッチを押した

警告ブザーが鳴ります。
シフトポジションが N に切りかわります。

→ シフトポジションを P にする場合は、車両を完

全に停車させてから P ポジションスイッチを押

→ 走行を続ける場合は、シフトポジションを D ま

たは R に切りかえる

警告メッセージ

警告内容・対処方法

(点滅)

(点滅)

(点滅)

(点滅)

(点滅)

388

7-2. 緊急時の対処法

警告メッセージ

警告内容・対処方法

補機バッテリーが充電不足

パーキングロック機構が働かない可能性がありま
す。
ハイブリッドシステムを始動できない可能性があ
ります。
パワースイッチを OFF にできなくなることがあ
ります。その場合はパーキングブレーキをかける
と OFF にすることができます。
補機バッテリー充電後も、シフトポジションを P
から P 以外に切りかえるまでメッセージが表示さ
れ続ける場合があります。
警告ブザーが鳴ります。

→ 駐車時は平坦な場所を選び、パーキングブレーキ

を確実にかけてください

→ 約 15 分以上、ハイブリッドシステムが作動した

状態を保持し、補機バッテリーを充電してくださ

い。

→ ハイブリッドシステムが作動できないときは

「補機バッテリーがあがったときは」

(→ P. 433)

の手順でハイブリッドシステムを始動してくだ

さい。

→ 表示が消えないときは

補機バッテリーが劣化している可能性がありま

す。

その状態で放置しておくと、補機バッテリーあが

りを起こすおそれがあるため、トヨタ販売店で補

機バッテリーの点検を受けてください。

シフト制御システムの故障

警告ブザーが鳴ります。

→ ただちにトヨタ販売店で点検を受けてください

・ ハイブリッドシステムを始動できない可能性があ

ります。

・ パーキングロック機構が働かない可能性がありま

す。駐車する場合は平坦な場所を選び、パーキン
グブレーキを確実にかけてください。

・ パワースイッチを OFF にできなくなることがあ

ります。その場合は、パーキングブレーキをかけ
ると OFF にすることができます。

シフト制御システムの故障

警告ブザーが鳴ります。

→ ただちにトヨタ販売店で点検を受けてください

放置すると、システムが正しく作動しなくなるお

それがあります。

389

7-2. 緊急時の対処法

7

万一の場合には

:グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

警告メッセージ

警告内容・対処方法

シフト制御システムの通信故障

警告ブザーが鳴ります。

→ ただちにトヨタ販売店で点検を受けてください

・ ハイブリッドシステムを始動できない可能性があ

ります。

・ シフトポジションを P に切りかえられない可能性

があります。駐車する場合は平坦な場所を選び、
パーキングブレーキを確実にかけてください。

・ 自動 P ポジション切りかえ機能(→ P. 160)が

働かない可能性があります。パワースイッチを
OFF にする前に確実に P ポジションスイッチを
押し、シフトポジション表示灯または P ポジショ
ンスイッチの作動表示灯で、シフトポジションが
P であることを必ず確認してください。

・ パワースイッチを OFF にできなくなることがあ

ります。その場合は、パーキングブレーキをかけ
ると OFF にすることができます。

LED ヘッドランプシステム

の異常

→ ただちにトヨタ販売店で点検を受けてください

(点灯また

は点滅)

390

7-2. 緊急時の対処法

次のメッセージが表示されたときは、対処方法に従って処置することで、
消灯させることができます。

EV ドライブモードの作動条件については、P. 155 を参照してください。

その他に表示されるメッセージ

表示メッセージ

表示内容・対処方法

駆動用電池の冷却部品のメンテナンス時期

フィルターが目づまりしている、冷却用の吸入口
がふさがれている、またはダクトにすき間がある
などが考えられます。

→ トヨタ販売店で駆動用電池の冷却部品のメンテ

ナンスを受ける

EV ドライブモードに切りかえできない状況

EV ドライブモードを使用できない理由(暖機中/
電池充電不足/ EV 速度域超過/アクセル踏み過
ぎ)の表示が出る場合があります。
警告ブザーが鳴ります。

→ EV ドライブモードが使用できる状況になってか

ら使用する

391

7-2. 緊急時の対処法

7

万一の場合には

EV ドライブモードの作動条件については、P. 155 を参照してください。

表示メッセージ

表示内容・対処方法

EV ドライブモードが自動解除された

EV ドライブモードを使用できない理由(電池充
電不足/ EV 速度域超過/アクセル踏み過ぎ)の
表示が出る場合があります。
警告ブザーが鳴ります。

→ しばらく走行する

車速が約 50km/h 以下のため、LDA

が使用でき

ない
→ 50km/h 以上の車速で走行する

(3 回点滅)

:グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

392

7-2. 緊急時の対処法

警告メッセージについて

文中の警告メッセージの表示は、使用状況や車両の仕様により実際の表示と異な
る場合があります。

レーダークルーズコントロール

の警告メッセージについて

次のような場合は、車間距離が短くても、車間制御中の警告メッセージが表示さ
れないおそれがあります。

先行車と自車の車速が同じか先行車の方が速いとき

先行車が非常に低速で走行しているとき

速度を設定した直後

アクセルペダルが踏まれたとき

LDA

の車線逸脱警報について

次のような場合は、白(黄)線をまたいでも警告メッセージが表示されません。

LDA の作動条件以外の車速のとき

白(黄)線を認識できないとき

警告ブザーについて

→ P. 379

知識

:グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

注意

「補機バッテリ(始動用)充電不足 取扱書を確認してください」がひんぱんに

表示されるとき

補機バッテリーが劣化している可能性があります。その状態で放置しておくと、
補機バッテリーあがりを起こすおそれがあるため、トヨタ販売店で補機バッテ
リーの点検を受けてください。

393

7-2. 緊急時の対処法

7

万一の場合には

車内
警告

ブザー

車外
警告

ブザー

警告メッセージ

警告内容・対処方法

なし

なし

自動電源 OFF 機能が作動した
→ 次回ハイブリッドシステム始

動時に、約 5 分間ハイブリッ

ドシステムが作動した状態を

保持し、補機バッテリーを充電

する

連続音

なし

シフトポジションがP以外の状態
でパワースイッチを OFF にせず
に運転席ドアが開いた
→ シフトポジションを P にする

連続音

連続音

シフトポジションがP以外の状態
でパワースイッチを OFF にせず
にキーを持ち出したまま運転席
ドアが開閉された
→ シフトポジションを P にする

→ 電子キーを車内にもどす

1 回

なし

電子キーを携帯していないか、電
子キーが正常に作動しない状態
でハイブリッドシステムを始動
しようとした
→ 電 子 キ ー を 携 帯 し て ハ イ ブ

リッドシステムを始動する

正規の電子キーが車室内に無い
状態で走行をはじめた
→ 車室内に電子キーがあるか確

認する

(点滅)

(交互に表示)

(点滅)

(点滅)

394

7-2. 緊急時の対処法

車内
警告

ブザー

車外
警告

ブザー

警告メッセージ

警告内容・対処方法

1 回

3 回

パワースイッチが OFF 以外の状
態で運転席以外のドアが開閉さ
れ同乗者が電子キーを持ち出し

→ 電子キーを車内にもどす

シフトポジションがPの状態でパ
ワースイッチを OFF にせずに
キーを持ち出したまま運転席ド
アが開閉された
→ パワースイッチを OFF にする

→ 電子キーを車内にもどす

1 回

5 秒間

吹鳴

パワースイッチを OFF にせずに、
電子キーを外に持ち出してドア
を施錠しようとした
→ パワースイッチを OFF にした

あと、再度施錠する

(点滅)

(交互に表示)

(点滅)

395

7-2. 緊急時の対処法

7

万一の場合には

車内
警告

ブザー

車外
警告

ブザー

警告メッセージ

警告内容・対処方法

1 回

5 秒間

吹鳴

・ 車内に電子キーを置いたまま、

スマートエントリー&スター
トシステムでドアを施錠しよ
うとした

・ 車内に電子キーを置いたまま

フロントドアを開き、ロックレ
バーを施錠側にしてドアハン
ドルを引いたままドアを閉め
て施錠しようとした

→ 車内から電子キーを取り出し

たあと、再度施錠する

1 回

なし

・ メカニカルキーで解錠してパ

ワースイッチを押したとき車
室内でキーを検出できなかっ

・ パワースイッチを押したとき

車室内でキーを検出できない
ことが 2 回連続で続いた

→ ブ レ ー キ を 踏 み な が ら 電 子

キーでパワースイッチにふれ

1 回

なし

パワースイッチが OFF の状態で
運転席のドアを開閉してからハ
イブリッドシステムを始動せず
に パ ワ ー ス イ ッ チ を ア ク セ サ
リーモードに 2 回した
→ ブ レ ー キ を 踏 ん で パ ワ ー ス

イッチを押す

電子キーが正常に働かないとき
のハイブリッドシステムの始動
の方法(→ P. 431)でパワース
イッチに電子キーをふれた
→ ブザーが鳴ってから10秒以内

にパワースイッチを押す

(点滅)

(点滅)

(点滅)

396

7-2. 緊急時の対処法

警告メッセージについて

→ P. 392

警告ブザーについて

→ P. 379

車内
警告

ブザー

車外
警告

ブザー

警告メッセージ

警告内容・対処方法

1 回

なし

シフトポジションが N の状態で
ハイブリッドシステムを始動し
ようとしている
→ シフトポジションを P にして

からハイブリッドシステムを

始動する

1 回

なし

電子キーの電池残量が少ない
→ 新しい電池と交換する

(→ P. 347)

1 回

なし

スマートエントリー&スタート
システムの異常を検知した
→ ただちにトヨタ販売店で点検

を受けて下さい

知識

(点滅)

(点滅)

397

7

万一の場合には

7-2. 緊急時の対処法

パンクしたときは(応急用タイヤ装着車)

地面が固く平らで安全な場所に移動する

パーキングブレーキをかける

シフトポジションを P にする

ハイブリッドシステムを停止する

非常点滅灯を点滅させる(→ P. 365)

パンクしたタイヤを、備え付けの応急用タイヤと交換してください。

(タイヤについての詳しい説明は P. 341 を参照してください)

警告

タイヤがパンクしたときは

パンクしたまま走行しないでください。
短い距離でも、タイヤとホイールが修理できないほど損傷したり、思わぬ事故
につながるおそれがあり危険です。

ジャッキで車体を持ち上げる前に

398

7-2. 緊急時の対処法

イラストは 7 人乗り車で代表しています。

工具とジャッキ位置

ジャッキハンドル

けん引フック

ホイールナットレンチ

応急用タイヤ

ジャッキ

1
2
3

4
5

 

 

 

 

 

 

 

Content   ..  23  24  25  26   ..