Toyota FJ Cruiser (2017 year). Instruction japanese - part 11

 

  Index      Toyota     Toyota FJ Cruiser (2017 year) - instruction japanese

 

Search            copyright infringement  

 

 

 

 

 

 

 

 

Content   ..  9  10  11  12   ..

 

 

Toyota FJ Cruiser (2017 year). Instruction japanese - part 11

 

 

159

2-4. その他の走行装置の使い方

2

運転するときに

知識

作動条件

エンジンが回転しているとき

シフトレバーが P、N 以外にあるとき

トランスファーレバーが L4 にあるとき

運転席ドアが閉まっているとき

クロールコントロールの機能制限

車速が約 25 km/h をこえたときは、エンジン制御・ブレーキ制御とも一時的

に機能を停止し、クロールコントロール表示灯が点滅します。

■ 車速モードの選択

路面状況に合わせて、次の 5 つ
の車 速モ ード から 選択 でき ま
す。

車速モード

路面状況

ロー

岩石路や下り坂を走行するときなどに適し

ています。

ロー - ミディアム

モーグル路の登り坂を走行するときなどに

適しています。

ミディアム

モーグル路・ガレキ路の登り坂、雪・泥・

ぬかるみ・砂利・草地などの上を走行する

ときなどに適しています。

ミディアム - ハイ

ハイ

160

2-4. その他の走行装置の使い方

クロールコントロールの自動解除

次のいずれかの場合、ブザーが断続的に鳴り、クロールコントロールが自動的

に解除されます。この場合、クロールコントロールが完全に解除されるまでク

ロールコントロール表示灯は点滅します。

シフトレバーを P または N にしたとき

トランスファーレバーを H4 にしたとき

運転席ドアを開けたとき

クロールコントロールシステム異常時

ブレーキシステムが異常加熱したとき

安全な場所に停車してください(通常走行は可能です)

トランスミッションが異常加熱したとき

オートマチックトランスミッション油温警告灯が消灯するまで安全な場所

に停車してください

作動音や振動について

エンジン始動時や発進直後に、エンジンルームから作動音が聞こえることが

ありますが、異常ではありません。

クロールコントロールが作動すると、次のような現象が発生することがあり

ますが、異常ではありません。

・ 車体やハンドルに振動を感じる

・ 車両停止後もモーター音が聞こえる

161

2-4. その他の走行装置の使い方

2

運転するときに

警告

クロールコントロールを使用するときは

クロールコントロールを過信しないでください。車両の限界性能を高めるもの

ではないので、常に路面状況をよく確認した上で、安全運転を心がけてくださ

い。

推奨する車速モード(oP. 159)は参考です。路面状況や傾斜状況によって

は、車速モードが最適でない場合があります。実際の路面状況を確認し、安全

運転を心がけてください。

クロールコントロールを使用するときは、クロールコントロール表示灯が点灯

していることを確認してください。点滅している場合は、クロールコントロー

ルは作動していません。

正しく作動しないおそれのある状況

次の路面を走行する場合、車両の一定速度を維持できないことがあり、思わぬ

事故につながり、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれが

あります。

極端な急勾配

凹凸の激しい路面

積雪路などのすべりやすい路面

162

2-4. その他の走行装置の使い方

運転を補助する装置

TRC・VSC が作動しているとき

車両が横すべりしそうになったと
き、タ イ ヤ が 空 転 し た と き は、
VSC・TRC の作動を表示するため
に、スリップ表示灯が点滅します。

走行の安全性や運転性能を高めるため、走行状況に応じて次の装置が

自動で作動します。ただし、これらの装置は補助的なものなので、過

信せずに運転には十分に注意してください。

■ ABS(アンチロックブレーキシステム)

急ブレーキ時やすべりやすい路面でのブレーキ時にタイヤのロックを防ぎ、ス
リップを抑制します。

■ ブレーキアシスト

急ブレーキ時などに、より大きなブレーキ力を発生させます。

■ VSC(ビークルスタビリティコントロール)

急なハンドル操作や、すべりやすい路面で旋回するときに横すべりを抑え、車
両の姿勢維持に寄与します。

■ TRC(トラクションコントロール)

すべりやすい路面での発進時や加速時にタイヤの空転を抑え、駆動力を確保し
ます。

163

2-4. その他の走行装置の使い方

2

運転するときに

TRC や VSC を停止するには

ぬかるみや新雪などから脱出するときに、TRC や VSC が作動している
と、アクセルペダルを踏み込んでもエンジンの出力が上がらず、脱出が
困難な場合があります。このようなときに VSC  OFF スイッチを押すこ
とにより、脱出しやすくなります。

■ TRC を停止するには(H4 モード時)

TRC を停止するには、スイッチを
押します。

TRC OFF 表示灯が点灯します。

もう一度スイッチを押すと、システム

作動可能状態にもどります。

■ TRC と VSC を停止するには(H2 または H4 モード時)

TRC と VSC を停止するには、停
車時にスイッチを押し 3 秒以上保
持します。

TRC OFF 表示灯と VSC OFF 表示灯

が点灯します。

もう一度スイッチを押すと、システム

作動可能状態にもどります。

164

2-4. その他の走行装置の使い方

知識

スイッチを押さなくても TRC OFF 表示灯が点灯したとき

TRC・クロールコントロールが作動できない状態になっています。トヨタ販売

店にご相談ください。

TRC や VSC の自動復帰について

TRCやVSCを作動停止にした場合でも、エンジンを再始動すると自動的にTRC

と VSC は作動可能状態にもどります。

TRC OFF の作動制限

TRC のみ作動を停止している場合は、速度が高くなると TRC は作動を再開し

ます。ただし、TRC と VSC の作動を停止している場合は、速度による作動再

開はありません。

TRC が長時間作動すると

ブレーキシステムが異常過熱するおそれがあるため、ブザーが鳴り、メーター

に TRC OFF 表示灯が点灯し、機能が自動的に作動停止します。

(通常走行は可

能です)

しばらくして、TRC OFF 表示灯が消えれば TRC が作動可能になります。

スリップ表示灯が点灯しているときは

VSC・TRC のいずれかのシステムに異常があります。

トヨタ販売店で点検を受けてください。

ABS・ブレーキアシスト・VSC・TRC の作動音と振動

エンジン始動時や発進直後や、ブレーキをくり返し踏んだときに、エンジン

ルームから作動音が聞こえることがありますが、異常ではありません。

上記のシステムが作動すると、次のような現象が発生することがあります

が、異常ではありません。

・ 車体やハンドルに振動を感じる

・ 車両停止後もモーター音が聞こえる

・ ABS の作動時に、ブレーキペダルが小刻みに動く

・ ABS の作動終了後、ブレーキペダルが少し奥に入る

165

2-4. その他の走行装置の使い方

2

運転するときに

警告

ABS の効果を発揮できないとき

タイヤのグリップ性能の限界をこえたとき(雪に覆われた路面を過剰に摩耗し

たタイヤで走行するときなど)

雨でぬれた路面やすべりやすい路面での高速走行時に、ハイドロプレーニング

現象が発生したとき

ABS が作動することで、制動距離が通常よりも長くなる可能性があるとき

ABS は制動距離を短くする装置ではありません。特に次の状況では、常に速度

を控えめにして前車と安全な車間距離をとってください。

泥・砂利の道路や積雪路を走行しているとき

タイヤチェーンを装着しているとき

道路のつなぎ目など、段差をこえたとき

凹凸のある路面や石だたみなどの悪路を走行しているとき

TRC の効果を発揮できないとき

すべりやすい路面では、TRC が作動していても、車両の方向安定性や駆動力が

得られないことがあります。車両の方向安定性や駆動力を失うような状況では、

特に慎重に運転してください。

TRC や VSC を OFF にするときは

TRC や VSC は駆動力や車両の方向安定性を確保しようとするシステムです。

そのため、必要なとき以外は TRC・VSC を作動停止状態にしないでください。

TRC や VSC を作動停止状態にしたときは、路面状況に応じた速度で、特に慎

重な運転を心がけてください。

スリップ表示灯が点滅しているときは

VSC が作動中であることを知らせています。常に安全運転を心がけてください。

無謀な運転は思わぬ事故につながるおそれがあり危険です。表示灯が点滅した

ときは特に慎重に運転してください。

166

2-4. その他の走行装置の使い方

警告

タイヤを交換するときは

4 輪とも指定されたサイズで、同じメーカー・ブランド・トレッドパターン(溝

模様)のタイヤを使用し、推奨された空気圧にしてください。(oP. 295)

異なったタイヤを装着すると、ABS・VSC・TRC が正常に作動しません。

タイヤ、またはホイールを交換するときは、トヨタ販売店に相談してください。

タイヤとサスペンションの取り扱い

問題があるタイヤを使用したり、サスペンションを改造したりすると、運転を

補助するシステムに悪影響をおよぼし、システムの故障につながるおそれがあ

ります。

167

2

運転するときに

2-5. さまざまな状況での運転

荷物を積むときの注意

警告

積んではいけないもの

次のようなものを積むと引火するおそれがあり危険です。

燃料が入った容器

スプレー缶

荷物を積むときは

次の警告をお守りください。お守りいただかないと、思わぬ事故につながるお

それがあり危険です。

できるだけ荷物はラゲージルームに積んでください。

次の場所には荷物を積まないでください。

お守りいただかないと、ブレーキペダル・アクセルペダルを正しく操作できな

かったり、荷物が視界をさえぎったり、荷物が乗員に衝突したりして、思わぬ

事故につながるおそれがあり危険です。

・ 運転席足元

・ 助手席やリヤ席(荷物を積み重ねる場合)

・ インストルメントパネル

・ ダッシュボード

・ フタのない小物入れ/トレイ

安全で快適なドライブをするために、荷物を積むときは次のことをお

守りください。

● できるだけ荷物はラゲージルームに積む
● 荷物が安全な位置に置かれているか確認する
● 走行中のバランスを維持するために重さが偏らないように積む
● 燃費が悪化しないようにするために、不要な荷物は積まないように

する

168

2-5. さまざまな状況での運転

警告

室内に積んだ荷物はすべてしっかりと安定させてください。

安定していないと、急ブレーキや事故の際に投げ出され、乗員を傷付けるおそ

れがあります。

シート背もたれより高いものをラゲージルームに積まないでください。

急ブレーキや事故の際に、投げ出され、乗員を傷付けるおそれがあります。

後席のシート背もたれを折りたたんで、寸法が長い荷物を積むときは、できる

だけ前席シート背もたれの真うしろには積まないでください。

ラゲージルームに人を乗せないでください。乗員用には設計されていません。

乗員は、適切にシートベルトを着用させ、座席に座らせてください。

お守りいただかないと、急ブレーキや衝突の際に、重大な傷害におよぶか、最

悪の場合死亡につながるおそれがあります。

荷物の重量・荷重のかけ方について

荷物を積み過ぎないでください。

荷重を不均等にかけないようにしてください。

これはタイヤに負担をかけるだけでなく、ハンドル操作性やブレーキ制御の低

下により思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につ

ながるおそれがあります。

169

2-5. さまざまな状況での運転

2

運転するときに

寒冷時の運転

寒冷時に備えて、準備や点検など正しく処置していただいた上で適切

に運転してください。

■ 冬の前の準備

● 次のものはそれぞれ外気温に適したものをお使いください。

・ エンジンオイル
・ 冷却水
・ ウォッシャー液

● バッテリーの液量・比重を点検してください。
● 冬用タイヤ(4 輪)やタイヤチェーン(後部タイヤ用)を用意し

てください。

タイヤは 4 輪とも同一サイズで同一銘柄のものを、タイヤチェーン
はタイヤサイズに合ったものを用意してください。

(タイヤについて:oP. 211)

■ 運転する前に

状況に応じて次のことを行ってください。

● ドアやワイパーが凍結したときは無理に開けたり動かしたりせ

ず、ぬるま湯をかけるなどして氷を解かし、すぐに水分を十分に
ふき取ってください。

● フロントウインドウガラス前の外気取り入れ口に雪が積もって

いるときは、エアコンのファンを正常に作動させるために、雪を
取り除いてください。

● 足まわりに氷が付いているときは、氷を取り除いてください。
● フェンダー部分やブレーキ装置に雪や氷が付いているときは、取

り除いてください。

■ 運転するときは

ゆっくりスタートし、速度を控えて走行してください。

170

2-5. さまざまな状況での運転

知識

寒冷地用ワイパーブレードについて

降雪期に使用する寒冷地用ワイパーブレードは、雪が付着するのを防ぐため

に金属部分をゴムで覆ってあります。トヨタ販売店で各車指定のブレードを

お求めください。

高速走行時は、通常のワイパーブレードよりガラスがふき取りにくくなるこ

とがあります。その場合には速度を落としてください。

タイヤチェーンについて

取り付け・取りはずし・取り扱い方法については、次の指示に従ってください。

安全に作業できる場所で行う

後2 輪に取り付ける

タイヤチェーンに付属の取り扱い説明書に従う

取り付け後 0.5 ∼ 1.0 km 走行したら締め直しを行う

■ 駐車するときは

● パーキングブレーキをかけると、ブレーキ装置が凍結して解除でき

なくなるおそれがあります。パーキングブレーキはかけずに、シフ
トレバーを P に入れて駐車し、必ず輪止め

※1

をしてください。

輪止めをしないと、車が動き思わぬ事故につながるおそれがあり危
険です。

● パーキングブレーキをかけずに駐車するときは、シフトレバーを P

に入れた状態でシフトレバーが動かないこと

※2

を確認してくださ

い。

※1

輪止めは、トヨタ販売店で購入することができます。

※2

ブレーキペダルを踏まないで P からシフトするときにロックがかかります。

シフトできる場合は、シフトロックシステムなどの故障が考えられます。た
だちにトヨタ販売店で点検を受けてください。

171

2-5. さまざまな状況での運転

2

運転するときに

警告

冬用タイヤ装着時の警告

次のことを必ずお守りください。

お守りいただかないと、車両のコントロールが不能となり、重大な傷害におよ

ぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

指定サイズのタイヤを使用する

空気圧を推奨値に調整する

装着する冬用タイヤの最高許容速度や制限速度をこえる速度で走行しない

冬用タイヤを装着する際は、必ず 4 輪とも装着する

タイヤチェーン装着時の警告

次のことを必ずお守りください。

お守りいただかないと、安全に車を運転することができずに、思わぬ事故につ

ながり、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

装着したチェーンに定められた制限速度、もしくは 30 km/h のどちらか低い

方をこえる速度で走行しない

路面の凹凸や穴を避ける

急ハンドル・急ブレーキを避ける

カーブの入り口手前で十分減速して車のコントロールを失うのを防ぐ

172

2-5. さまざまな状況での運転

注意

タイヤチェーンの使用について

トヨタ純正タイヤチェーンのご使用をおすすめします。
トヨタ純正品以外のタイヤチェーンの中には、使用すると、車体にあたり、走
行のさまたげとなるおそれがあるものもあります。
詳しくはトヨタ販売店にご相談ください。

アルミホイール装着車:アルミホイールにタイヤチェーンを取り付けると、ホ
イールに傷が付くことがあります。

フロントウインドウガラスに付いた氷を除去するときは

たたいて割らないでください。

ウインドウガラスの内側(車内側)が割れるおそれがあります。

3

室内装備の使い方

173

3-1. エアコン・デフォッガーの

使い方

マニュアルエアコン.............. 174

リヤウインドウデフォッガー

(曇り取り).......................... 180

3-2. オーディオの使い方

ステアリングスイッチ.......... 181

アンテナ................................. 182

3-3. 室内灯のつけ方

室内灯一覧 ............................. 185

・ パーソナルライト................... 186
・ インテリアライト................... 186

3-4. 収納装備の使い方

収納装備一覧 ......................... 188

・ グローブボックス................... 189
・ フロントカップホルダー ....... 190
・ リヤカップホルダー............... 191
・ ボトルホルダー ...................... 192
・ 小物入れ .................................. 193

3-5. その他の室内装備の使い方

サンバイザー.........................  194

バニティミラー.....................  195

時計 ........................................  196

アクセサリーソケット .........  197

アームレスト.........................  198

フロアマット.........................  199

ラゲージルーム内装備 .........  201

174

3-1. エアコン・デフォッガーの使い方

マニュアルエアコン

エアコンの設定

■ 温度をかえるには

温度調節ダイヤルを右(暖)か左(冷)へまわす。

 が押されていない場合は、送風または暖房で使用できます。

■ 風量をかえるには

風量調節ダイヤルを右(増)か左(減)へまわす。
送風を止めるときはダイヤルを OFF の位置に合わせる。

温度調節ダイヤル

吹き出し口切りかえダイヤル

外気導入・内気循環モード
切りかえボタン

風量調節ダイヤル

エアコン ON / OFF ボタン

A/C

 

 

 

 

 

 

 

Content   ..  9  10  11  12   ..