Toyota FJ Cruiser (2017 year). Instruction japanese - part 6

 

  Index      Toyota     Toyota FJ Cruiser (2017 year) - instruction japanese

 

Search            copyright infringement  

 

 

 

 

 

 

 

 

Content   ..  4  5  6  7   ..

 

 

Toyota FJ Cruiser (2017 year). Instruction japanese - part 6

 

 

79

1-7. 安全にお使いいただくために

運転する前に

1

衝突以外で作動するとき(フロント SRS エアバッグ)

次のような状況で、車両下部に強い衝撃を受けたときも、作動する場合があり

ます。

SRS エアバッグが作動しないとき(フロント SRS エアバッグ)

フロント SRS エアバッグは、側面や後方からの衝撃・横転、または低速での前

方からの衝撃で作動するようには設計されていません。ただし、それらの衝撃

が前方への減速を十分に引き起こす場合には、フロント SRS エアバッグが作動

することがあります。

縁 石 や歩 道 の 端な ど、固 い も のに ぶ つ
かったとき

深い穴や溝に落ちたり、乗りこえたとき

ジャンプして地面にぶつかったり、道路
から落下したとき

側面からの衝突

後方からの衝突

横転

80

1-7. 安全にお使いいただくために

SRS エアバッグが作動しないとき

(SRS サイドエアバッグ& SRS カーテンシールドエアバッグ)

斜めから衝撃を受けた場合や、客室部分以外の側面に衝撃を受けたときには、

SRS サイドエアバッグと SRS カーテンシールドエアバッグが作動しない場合

があります。

SRS サイドエアバッグと SRS カーテンシールドエアバッグは、前方や後方か

らの衝撃・横転、または低速での側面からの衝撃で作動するようには設計され

ていません。

客室部分以外の側面への衝撃

斜めからの衝撃

前方からの衝突

後方からの衝突

横転

81

1-7. 安全にお使いいただくために

運転する前に

1

トヨタ販売店に連絡が必要な場合

次のような場合には、できるだけ早くトヨタ販売店へご連絡ください。

いずれかの SRS エアバッグがふくらんだとき

フロントSRSエアバッグはふくらまなかっ
たが、事故で車両の前部を衝突したとき、
または破損・変形などがあるとき

SRS サイドエアバッグと SRS カーテン
シールドエアバッグはふくらまなかった
が、事故でドア部分を衝突したとき、ま
たは破損・変形などがあるとき

ハンドルのパッド部分・助手席 SRS エア
バッグのカバー部が傷付いたり、ひび割
れたり、その他の損傷を受けたとき

SRS サイドエアバッグが内蔵されている
シート表面が傷付いたり、ひび割れたり、
その他の損傷を受けたとき

SRS カーテンシールドエアバッグが内蔵
さ れ てい る フ ロン ト ピ ラ ー部・リ ヤ ピ
ラー部・ルーフサイド部が傷付いたり、ひ
び割れたり、その他の損傷を受けたとき

82

1-7. 安全にお使いいただくために

警告

SRS エアバッグについて

必ず次のことをお守りください。

お守りいただかないと、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるお

それがあります。

運転者と乗員すべてがシートベルトを正しく着用してください。

SRS エアバッグはシートベルトを補助するためのものです。

助手席 SRS エアバッグは強い力でふくらむため、特に乗員がエアバッグに近

付きすぎると、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあ

ります。乗員が SRS エアバッグのふくらむ場所に近い場合は特に危険です。

シートの背もたれを調整して、シートをできるだけ SRS エアバッグから離

し、まっすぐに座ってください。

お子さまがシートにしっかり座っていないと、SRS エアバッグのふくらむ衝

撃で重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

お子さまが小さくてシートベルトを使用できないときは、チャイルドシートで

しっかり固定してください。

お子さまはリヤ席に乗せ、チャイルドシートまたはシートベルトを着用させる

ことをおすすめします。

(oP. 95)

シートの縁に座ったり、ダッシュボード
にもたれかかったりしない

お子さまを助手席SRSエアバッグの前に
立たせたり、ひざの上に抱いたりしない

運転者および助手席乗員は、ひざの上に
何も持たない

83

1-7. 安全にお使いいただくために

運転する前に

1

警告

SRS エアバッグについて

ドアやフロントピラー・リヤピラー・ルー
フサイドレールへ寄りかからない

助手席やリヤ外側席では、ドアに向かって
ひざをついたり、窓から顔や手を出したり
しない

ダッシュボード・ハンドルのパッド部分
などには何も取り付けたり、置いたりし
ない

ドア・フロントガラス・ドアガラス・フ
ロントピラーおよびリヤピラー、ルーフ
サイドレール・アシストグリップなどに
は何も取り付けない

84

1-7. 安全にお使いいただくために

警告

SRS エアバッグについて

SRS サイドエアバッグがふくらむ場所を覆うようなシートアクセサリーを使

用しないでください。エアバッグが展開する際、アクセサリーが干渉するおそ

れがあります。そのようなアクセサリーがエアバッグが正常に作動するのをさ

またげ、システムを不能にしたり、またはエアバッグが誤って展開したりし

て、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

SRS エアバッグシステム構成部品の周辺は、強くたたくなど過度の力を加え

ないでください。

SRS エアバッグが正常に作動しなくなるおそれがあります。

SRS エアバッグがふくらんだ直後は、構成部品が熱くなっているため、ふれ

ないでください。

SRS エアバッグがふくらんだあとに、もし呼吸が苦しく感じたら、ドアやド

アガラスを開けて空気を入れるか、安全を確認して車外に出てください。皮膚

の炎症を防ぐため、残留物はできるだけ早く洗い流してください。

SRS エアバッグが収納されているパッド部およびフロントピラーガーニッ

シュ部に傷が付いていたり、ひび割れがあるときはそのまま使用せず、トヨタ

販売店で交換してください。

85

1-7. 安全にお使いいただくために

運転する前に

1

警告

改造・廃棄について

トヨタ販売店への相談なしに、次の改造・廃棄をしないでください。

SRS エアバッグが正常に作動しなくなったり、誤ってふくらむなどして、重大

な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

SRS エアバッグの取りはずし・取り付け・分解・修理

ハンドル・インストルメントパネル・ダッシュボード・シート・シート表皮・

フロントピラー・リヤピラー・ルーフサイドレール周辺の修理・取りはずし・

改造

フロントフェンダー・フロントバンパー・車両客室側面部の修理・改造

グリルガード(ブルバー・カンガルーバーなど)・除雪装置・ウインチなどの

取り付け

サスペンションの改造

CD プレーヤー・無線機などの電化製品の取り付け

86

1-7. 安全にお使いいただくために

子供専用シート

知っておいていただきたいこと

● 車の仕様やお子さまの年齢・体格に合わせて、適切な子供専用シート

をお選びください。

● 子供専用シートの取り付け方法および取りはずし方は、それぞれの子

供専用シートに付属の取り扱い説明書をお読みください。

● この車は 2006 年 10 月 1 日施行の保安基準に適合した ISOFIX 対応

チャイルドシート固定専用バーを標準装備しています。

子供専用シートの適合性一覧表について

■ 質量グループについて

ECE R44 

の基準に適合する子供専用シートはお子さまの体重によ

り次の 5 種類に分類されます。

グループ 0  :10kg まで
グループ 0

+

:13kg まで

グループ Ⅰ  :9 ∼ 18kg
グループ Ⅱ  :15 ∼ 25kg
グループ Ⅲ  :22 ∼ 36kg

この本では代表的な次の 3 種類の子供専用シートをシートベルトで固定
する方法を紹介します。

ECE R44 は、子供専用シートに関する国際法規です。

■ サイズ等級、固定具について

子供専用シートに表示される分類記号と、それにともなう取り付け器
具の記号になります。

子供専用シートの固定機構を使用して、子供専用シートを固定するこ

とができます。

87

1-7. 安全にお使いいただくために

運転する前に

1

ベビーシート

ECE R44 基準のグループ 0、0

+

に相当

チャイルドシート

ECE R44 基準のグループ 0

+

、Ⅰ

に相当

ジュニアシート

ECE R44 基準のグループⅡ、Ⅲ
に相当

88

1-7. 安全にお使いいただくために

シート位置別子供専用シート適合性一覧表(シートベルトでの取り付け)

● 上表に記入する文字の説明

U :この質量グループでの使用を許可された汎用(ユニバーサル)カテゴリーの子供

専用シートに適しています。

UF:この質量グループでの使用を許可された汎用(ユニバーサル)カテゴリーの前向

きの子供専用シートに適しています。

× :子供専用シートを取り付けることはできません。

:子供専用シートを取り付ける際は背もたれの角度を最前段位置にしてください。

子供専用シートの装着に際しては子供専用シートの取り扱い説明書もご確認ください。

質量グループ

着席位置(または他の場所)

フロントシート

リヤシート

助手席

左右席

中央席

O(10kg まで)

×

UF

O

+

(13kg まで)

×

UF

Ⅰ(9 ∼ 18kg)

前向き UF

UF

後ろ向き ×

Ⅱ(15 ∼ 25kg)

UF

UF

Ⅲ(22 ∼ 36kg)

UF

UF

89

1-7. 安全にお使いいただくために

運転する前に

1

シート位置別子供専用シート適合性一覧表

(ISOFIX 対応トップテザーアンカーでの取り付け)

● 上表に記入する文字の説明

(1):サイズ等級表示(A から G)のない子供専用シートの各シート位置での ISOFIX

対応子供専用シート固定機構の取り扱いについては、子供専用シート製造業者
または販売業者にご相談ください。

IUF:この質量グループでの使用を許可された汎用(ユニバーサル)カテゴリーの

ISOFIX 対応の前向きの子供専用シートに適しています。

IL1 : この質量グループでの使用を許可された「トヨタ純正 NEO 

G-Child 

ISO

baby」、「トヨタ純正 NEO G-Child ISO leg」に適しています。

IL2 : この質量グループでの使用を許可された「トヨタ純正 NEO G-Child ISO leg」

に適しています。

× :ISOFIX 子供専用シートを取り付けることはできません。

子供専用シートの装着に際しては子供専用シートの取り扱い説明書もご確認ください。

質量グループ

サイズ等級

固定具

車両 ISOFIX 位置

リヤシート

左右席

キャリコット

F

ISO/L1

×

G

ISO/L2

×

O(10kg まで)

E

ISO/R1

IL1

O

+

(13kg まで)

E

ISO/R1

IL1

D

ISO/R2

IL2

C

ISO/R3

IL2

Ⅰ(9 ∼ 18kg)

D

ISO/R2

×

C

ISO/R3

×

B

ISO/F2

IUF, IL2

B1

ISO/F2X

IUF, IL2

A

ISO/F3

IUF, IL2

Ⅱ(15 ∼ 25kg)

(1)

×

Ⅲ(22 ∼ 36kg)

(1)

×

90

1-7. 安全にお使いいただくために

ISOFIX 子供専用シートのリスト

表に記載されていない子供専用シートを使用する場合は、子供専用シート製造業者また
は販売業者にご相談ください。

質量グループ

サイズ

等級

固定具

ISOFIX 子供専用シート

カテゴリー

O(10kg まで)

E

ISO/R1

トヨタ純正NEO G-Child 

ISO baby

準汎用

E

ISO/R1

トヨタ純正NEO G-Child 

ISO leg

準汎用

O

+

(13kg まで)

E

ISO/R1

トヨタ純正NEO G-Child 

ISO baby

準汎用

E

ISO/R1

トヨタ純正NEO G-Child 

ISO leg

準汎用

D

ISO/R2

C

ISO/R3

Ⅰ(9 ∼ 18kg)

B

ISO/F2

トヨタ純正NEO G-Child 

ISO leg

準汎用

B1

ISO/F2X

A

ISO/F3

知識

ISOFIX 対応チャイルドシート固定専用バーについて

この車に標準装備されている ISOFIX 対応チャイルドシート固定専用バーは、

ECE R44 に適合している子供専用シートの取り付け専用です。それ以外のも

のを使用することはできません。

91

1-7. 安全にお使いいただくために

運転する前に

1

子供専用シートの選択、使用について

お子さまに最適な子供専用シートについては、子供専用シート製造業者、ま

たは販売業者にご相談ください。

お子さまが成長し、適切にシートベルトが着用できるようになるまでは、お

子さまに合った子供専用シートを使用してください。

体が十分に大きく、子供専用シートが不必要なお子さまは、リヤシートに乗

せて車のシートベルトを使用してください。

シートベルトで取り付けるタイプの子供専用シートの選択について

「シート位置別子供専用シート適合性一覧表」(oP. 88)を参照し、子供専用

シートを取り付け可能な位置と、対応する子供専用シートの種類(記号)をご

確認の上、適したものを選択してください。

ECE R44 適合の ISOFIX 対応子供専用シートの選択について

「シート位置別子供専用シート適合性一覧表」(oP. 89)を確認して、適切な

シートを選択してください。

お子さまの体重から、該当する「質量グループ」を確認する

(例 1):体重が 12kg の場合、質量グループは「0

+

」になります。

(例 2):体重が 15kg の場合、質量グループは「Ⅰ」になります。

サイズ等級を選択する

で確認した「質量グループ」から該当するサイズ等級を確認し

ます。

(例 1)

:質量グループが「0

+

」の場合、サイズ等級は「C」

「D」

「E」

が該当します。

(例 2)

:質量グループが「Ⅰ」の場合、サイズ等級は「A」

「B」

「B1」

「C」・「D」が該当します。

ただし、該当のサイズ等級でも適合性一覧表の「車両 ISOFIX 位置」に

「×」と記載されているものは選択できません。また、「IL」と記載され

ている場合は、「ISOFIX 子供専用シートのリスト」(oP. 90)で指定

されている製品を使用してください。

92

1-7. 安全にお使いいただくために

子供専用シートに表示されているマーク/
ラベルを確認して、基準に適合したシート
であることを確認する

汎用(ユニバーサル)子供専用シートには、
次に示すマーク・ラベル類が表示されてい
ます。

表示されている位置・記号などは、商品に

より異なります。

ISOFIX 対応子供専用シートであること

を示す表示

サイズ等級が示されています。

(表示され

る文字は、製品により異なります)

 

で確認したサイズ等級に適合し

ているものを選択してください。

汎用(ユニバーサル)子供専用シートの
認可マーク

UNIVERSAL は汎用品の認可であること

をあらわし、併せて、対象となるお子さ

まの体重の範囲が記載されています。

トップテザー(oP. 95)を示すマーク

商品の取り付け装置の位置により、意匠

は異なります。

93

1-7. 安全にお使いいただくために

運転する前に

1

ISOFIX 対応子供専用シートの種類(サイズ等級別)

助手席に子供専用シートを取り付けるとき

やむを得ず助手席に子供専用シートを取り付ける場合には、助手席シートを次

のように調整し、子供専用シートを前向きに取り付けてください。

キャリコットについて

キャリコットは横向きに取り付けることのできるベビーシートのことです。

詳しくは子供専用シート製造業者、または販売業者におたずねください。

A-ISO/F3

全高前向き幼児用チャイルドシート

B-ISO/F2

低型前向き幼児用チャイルドシート

B1-ISO/F2X

低型前向き幼児用チャイルドシート

(B-ISO/F2 と別形状のもの)

C-ISO/R3

大型後向き幼児用チャイルドシート

D-ISO/R2

小型後向き幼児用チャイルドシート

E-ISO/R1

後向き乳児用チャイルドシート

F-ISO/L1

左向き位置用チャイルドシート(キャリコット)

G-ISO/L2

右向き位置用チャイルドシート(キャリコット)

背もたれを直立状態にする

シートをいちばんうしろに下げる

シートベルトの高さをいちばん低い位置
まで下げる

94

1-7. 安全にお使いいただくために

警告

子供専用シートを使用しない場合

子供専用シートを使用しないときであっても、シートに適切にしっかりと取り

付けた状態にしてください。ゆるめた状態で客室内に置くことは避けてくださ

い。

子供専用シートの取りはずしが必要な場合は、車両からはずして保管するか、

ラゲージルーム内に容易に動かないように収納してください。

 

 

 

 

 

 

 

Content   ..  4  5  6  7   ..