Toyota FJ Cruiser (2017 year). Instruction japanese - part 3

 

  Index      Toyota     Toyota FJ Cruiser (2017 year) - instruction japanese

 

Search            copyright infringement  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Content   ..  1  2  3  4   ..

 

 

Toyota FJ Cruiser (2017 year). Instruction japanese - part 3

 

 

31

運転する前に

1-2. ドアの開閉のしかた、ロックのしかた

1

ドア

ワイヤレス機能、キー、ドアロックスイッチを使って施錠・解錠でき

ます。

■ ワイヤレス機能

oP. 29

■ キー

全ドアを解錠する

全ドアを施錠する

■ ドアロックスイッチ

全ドアを施錠する

全ドアを解錠する

32

1-2. ドアの開閉のしかた、ロックのしかた

キーを使わずに外側からフロント席ドアを施錠するときは

ロックレバーを施錠側にする

ドアハンドルを引いたままドアを閉める

キーがエンジンスイッチに差し込まれているときは施錠されません。

■ ロックレバー

ドアを施錠する

ドアを解錠する

運転席ドアは、ロックレバーが施

錠側になっていても、車内のドア

ハンドルを引くと開けられます。

33

1-2. ドアの開閉のしかた、ロックのしかた

運転する前に

1

警告

事故を防ぐために

運転中は次のことを必ずお守りください。

お守りいただかないと、不意にドアが開き、重大な傷害におよぶか、最悪の場

合死亡につながるおそれがあります。

シートベルトを必ず使用する

すべてのドアを施錠する

すべてのドアを確実に閉める

走行中はドア内側のドアハンドルを引かない

ドアが開き車外に放り出されたりして、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死

亡につながるおそれがあります。特に、運転席はロックレバーが施錠側になっ

ていてもドアが開くため、注意してください。

ドアを開閉するときは

傾斜地・ドアと壁などのあいだが狭い場所・強風など、周囲の状況を確認し、予

期せぬ動きにも対処できるよう、ドアハンドルを確実に保持してドアを開閉し

てください。

34

1-2. ドアの開閉のしかた、ロックのしかた

アクセスドア(リヤドア)

室内のドアハンドルを使用してアクセスドア(リヤドア)を開けるこ

とができます。

フロントドアを大きく開ける

アクセスドア(リヤドア)の
ド ア ハ ン ド ル を 引 く(車 外
側)、押す(車内側)

アクセスドア(リヤドア)を
開ける

フロントドアを大きく開けてから

アクセスドア(リヤドア)を開閉

してください。

35

1-2. ドアの開閉のしかた、ロックのしかた

運転する前に

1

警告

アクセスドア(リヤドア)を開けるときは

アクセスドア(リヤドア)を開ける前にフロント席の乗員がシートベルトをは

ずしていることを確認してください。シートベルトが着用されたままアクセス

ドア(リヤドア)を開けるとシートベルトがロックしてフロント席の乗員がベ

ルトで締め付けられる場合があり、重大な傷害につながるおそれがあります。

アクセスドア(リヤドア)を閉めるときは

次のことを必ずお守りください。

お守りいただかないと、体を挟むなどして重大な傷害につながるおそれがあり

危険です。

注意

フロントドアとアクセスドア(リヤドア)を開閉するときは

次のことを必ずお守りください。

お守りいただかないと、車両に傷がついたり、損傷する場合があります。

フロントドアが完全に開いていない状態でアクセスドア(リヤドア)を開閉し
ない

フロントドアとアクセスドア(リヤドア)を同時に開閉しない

フロントドアを閉じてからアクセスドア(リヤドア)を閉じない
アクセスドア(リヤドア)を閉じてからしかフロントドアを閉じることはでき
ません。

ドアを開閉するときは十分に周囲の安全
を確かめてください。

ドアを閉めるときは、手や指などを挟ま
ないよう十分注意してください。

36

1-2. ドアの開閉のしかた、ロックのしかた

バックドア

バックドアは次の方法で施錠・解錠および開けることができます。

■ バックドアの施錠・解錠

ワイヤレスリモコン
oP. 29

キー

バックドアを解錠する

バックドアを施錠する

ドアハンドルを引いてドアを
開ける

施錠側にキーを回して保持すると

バ ッ ク ド ア ガ ラ ス が 開 き ま す。

(oP. 42)

ドアロックスイッチ
oP. 31

37

1-2. ドアの開閉のしかた、ロックのしかた

運転する前に

1

■ バックドアを開けた状態で保持するには

次の位置でバックドアを保持することができます。

半開き位置

バックドアを半分ほど開ける

バックドアを閉めるときには保持

されません。

全開位置

全開位置でバックドアを保持す
ることができます。

ロックする

ロックを解除する

バ ッ ク ド ア を 閉 め る 前 に、必 ず

ロックを解除してください。

38

1-2. ドアの開閉のしかた、ロックのしかた

警告

走行中の警告

走行中はバックドアを閉めてください。

開けたまま走行すると、バックドアが車外のものにあたったり荷物が投げ出さ

れたりして、思わぬ事故につながるおそれがあります。

また、排気ガスが車内に侵入し、重大な健康障害や死亡につながるおそれがあ

ります。走行する前に必ずバックドアが閉まっていることを確認してくださ

い。

走行前にバックドアが完全に閉まっていることを確認してください。

バックドアが完全に閉まっていないと、走行中にバックドアが突然開き、思わ

ぬ事故につながるおそれがあります。

ラゲージルームには絶対に人を乗せないでください。

急ブレーキをかけたときや衝突したときなどに、重大な傷害におよぶか、最悪

の場合死亡につながるおそれがあります。

お子さまを乗せているときは

次のことを必ずお守りください。

お守りいただかないと、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながる

おそれがあります。

ラゲージルームでお子さまを遊ばせないでください。

誤って閉じ込められた場合、熱射病などを引き起こすおそれがあります。

お子さまにはバックドアの開閉操作をさせないでください。

不意にバックドアが動いたり、閉めるときに手・頭・首などを挟んだりするお

それがあります。

39

1-2. ドアの開閉のしかた、ロックのしかた

運転する前に

1

警告

バックドアの操作にあたって

次のことを必ずお守りください。

お守りいただかないと、体を挟むなどして重大な傷害におよぶか、最悪の場合

死亡につながるおそれがあります。

バックドアを開閉するときは、十分に周囲の安全を確かめてください。

人がいるときは、安全を確認し、動かすことを知らせる「声かけ」をしてくだ

さい。

強風時の開閉には十分注意してください。

バックドアが風にあおられ、勢いよく開いたり閉じたりするおそれがあります。

バックドアステーをロックしていない状
態で使用すると、バックドアが突然閉じ
て重大な傷害を受けるおそれがありま
す。特に傾斜した場所では、平坦な場所
よりもバックドアの開閉がしにくく、急
にバックドアが開いたり閉じたりするお
それがあります。バックドアを開けて作
業するときは、必ずバックドアステーを
ロックした状態で行ってください。

ロックした状態であっても、強風などで
バックドアに過度の力が加わると、ロッ
クが解除されてバックドアが閉じるおそ
れがあります。体の一部を挟まないよう
十分注意してください。

バックドアを閉めるときは、指などを挟
まないよう十分注意してください。

バックドアは必ず外から軽く押して閉め
てください。

40

1-2. ドアの開閉のしかた、ロックのしかた

警告

バックドアステーを持ってバックドアを閉めたり、ぶらさがったりしないでく

ださい。

手を挟んだり、バックドアステーが破損したりして、思わぬ事故につながるお

それがあります。

バックドアにキャリアなどの重いものを取り付けると、開閉操作のさまたげと

なるおそれがあります。バックドアへのアクセサリー用品の取り付けは、トヨ

タ純正品を使用することをおすすめします。

バックドアを開けて駐停車するときは

車両後方に停止表示板、または停止表示灯を置いてください。バックドアが開

いていると、非常点滅灯などが見えなくなるため、思わぬ事故につながるおそ

れがあり危険です。

41

1-2. ドアの開閉のしかた、ロックのしかた

運転する前に

1

注意

バックドアステーについて

バックドアには、バックドアの動きを制限するためのステーが取り付けられて

います。バックドアステーの損傷や作動不良を防ぐため、次のことをお守りく

ださい。

バックドアを閉める前にバックドアステーのロックが解除されているのを確
認してください。

ビニール片・ステッカー・粘着材などの
異物をステーのロッド部(棒部)に付着
させない

ロッド部を軍手などでふれない

バックドアにトヨタ純正品以外のアクセ
サリー用品を付けない

ステーの上に乗ったり、ものを載せたり
しない。また、無理な力をかけない

バックドア
ステー

42

1-2. ドアの開閉のしかた、ロックのしかた

バックドアガラス

バックドアは閉じたまま、キーを使用してバックドアガラスのみを開く

ことができます。

キーを挿し込み、施錠側いっ
ぱいにまわしたまま保持する
とバックドアガラスが少し開

ツマミを引き上げてバックド
アガラスを持ち上げる

閉めるときは、バックドアガラス

をゆっくり降ろしてバックドアに

押し付け、確実にロックします。

43

1-2. ドアの開閉のしかた、ロックのしかた

運転する前に

1

知識

バックドアガラスについて

バックドアガラスはゆっくりと開いてください。

リヤワイパー・リヤウォッシャーの作動中は(リヤワイパー装着車)

バックドアガラスが開くと、リヤワイパー・リヤウォッシャーが停止します。

バックドアガラスを閉めると、作動が再開します。

バックドアガラスを閉めたあとは(リヤワイパー装着車)

バックドアガラスが確実にロックされていることを確認してください。

確実にロックされていないと、リヤワイパー・リヤウォッシャーが作動しませ

ん。

警告

走行中の警告

走行中はバックドアガラスを閉めてください。

開けたまま走行すると、バックドアガラスが車外のものにあたったり荷物が投

げ出されたりして、思わぬ事故につながるおそれがあります。

また、排気ガスが車内に侵入し、重大な健康障害や死亡につながるおそれがあ

ります。走行する前に必ずバックドアガラスが閉まっていることを確認してく

ださい。

走行前にバックドアガラスが完全に閉まっていることを確認してください。

バックドアガラスが完全に閉まっていないと、走行中にバックドアガラスが突

然開き、思わぬ事故につながるおそれがあります。

ラゲージルームには絶対に人を乗せないでください。

急ブレーキをかけたときや衝突したときなどに、重大な傷害におよぶか、最悪

の場合死亡につながるおそれがあります。

44

1-2. ドアの開閉のしかた、ロックのしかた

警告

お子さまを乗せているときは

次のことを必ずお守りください。

お守りいただかないと、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながる

おそれがあります。

ラゲージルームでお子さまを遊ばせないでください。

誤って閉じ込められた場合、熱射病などを引き起こすおそれがあります。

お子さまにはバックドアガラスの開閉操作をさせないでください。

不意にバックドアガラスが動いたり、閉めるときに手・頭・首などを挟んだり

するおそれがあります。

バックドアガラスの操作にあたって

次のことを必ずお守りください。

お守りいただかないと、体を挟むなどして重大な傷害におよぶか、最悪の場合

死亡につながるおそれがあります。

バックドアガラスを開ける前に、バックドアガラスに貼り付いた雪や氷などの

重量物を取り除いてください。開いたあとに重みでバックドアガラスが突然閉

じるおそれがあります。

バックドアガラスを開閉するときは、十分に周囲の安全を確かめてください。

人がいるときは、安全を確認し、動かすことを知らせる「声かけ」をしてくだ

さい。

強風時の開閉には十分注意してください。

バックドアガラスが風にあおられ、勢いよく開いたり閉じたりするおそれがあ

ります。

45

1-2. ドアの開閉のしかた、ロックのしかた

運転する前に

1

警告

ダンパーステーを持ってバックドアガラスを閉めたり、ぶらさがったりしない

でください。

手を挟んだり、ダンパーステーが破損したりして、思わぬ事故につながるおそ

れがあります。

バックドアガラスにトヨタ純正品以外のアクセサリー用品を取り付けないで

ください。

バックドアガラスの重量が重くなると、開いたあとに突然閉じるおそれがあり

ます。

半開状態で使用すると、バックドアガラ
スが突然閉じて重大な傷害を受けるおそ
れがあります。
特に傾斜した場所では、平坦な場所より
もバックドアガラスの開閉がしにくく、
急にバックドアガラスが開いたり閉じた
りするおそれがあります。必ずバックド
アガラスが全開で静止していることを確
認して使用してください。

バックドアガラスを閉めるときは、指な
どを挟まないよう十分注意してくださ
い。

バックドアガラスは必ず外から軽く押し
て閉めてください。

46

1-2. ドアの開閉のしかた、ロックのしかた

注意

バックドアガラスを閉める前に

キーが車外にあることを必ず確認してください。

キーが車内にあってもバックドアガラスを閉めることができるため、キーを車

内に閉じ込める可能性があります。

ダンパーステーについて

バックドアガラスにはバックドアガラスを支えるためのダンパーステーが取り

付けられています。ダンパーステーの損傷や作動不良を防ぐため次のことをお

守りください。

ビニール片・ステッカー・粘着材などの
異物をステーのロッド部(棒部)に付着
させない

ロッド部を軍手などでふれない

バックドアガラスにトヨタ純正品以外の
アクセサリー用品を付けない

ステーに手をかけたり、横方向に力をか
けたりしない

ダンパーステー

 

 

 

 

 

 

 

Content   ..  1  2  3  4   ..