Suzuki WagonR (2017 year). Instruction japanese - part 24

 

  Index      Suzuki     Suzuki WagonR (2017 year) - instruction japanese

 

Search            copyright infringement  

 

 

 

 

 

 

 

 

Content      ..     22      23      24      25     ..

 

 

Suzuki WagonR (2017 year). Instruction japanese - part 24

 

 

7

万一のとき/バッテリーあがり

7-17

お近くのスズキ販売店またはスズキ
代理店でバッテリーを完全充電しま
す。

鉛バッテリーからは水素ガスが発生
しています。水素ガスは、火気や火花
に引火すると爆発のおそれがありま
すので、次のことをお守りください。
・バッテリーを充電するときやブー

スターケーブルをつなぐときは、
必ずバッテリー液面を確認してく
だ さ い。バ ッ テ リ ー 液 面 が 下 限
(2)以下のままで充電などする
と、バッテリーが発熱して爆発の
おそれがあります。また、バッテ
リーの寿命を縮めるおそれがあり
ます。
バッテリー補充液を上限(1)ま
で 補 充 し て か ら、充 電 な ど を 行
なってください。

82K209

・充電は火気のない風通しの良いと

ころで、すべてのバッテリーキャッ
プを外して行なってください。

・④の接続のときに、バッテリーが

あがった車の 

  端子につながな

いでください。発生した火花が水
素ガスに引火し、爆発のおそれが
あります。バッテリーから離れた
エンジンマウントのボルトに接続
してください。

・乾いた布でバッテリーをふかない

でください。静電気が発生して引
火のおそれがあります。

6

(1)
(2)

バッテリー液は希硫酸です。目や皮
膚につくと、失明などの重大な傷害
を受けるおそれがあります。万一、
付着したときは、すぐに多量のきれ
いな水で洗浄し、医師の診察を受け
てください。

ブースターケーブルは確実に接続し
てください。エンジン始動時の振動
などでブースターケーブルが外れる
と、ドライブベルトや冷却ファンに
巻き込まれるおそれがあります。

シ ョ ー ト 防 止 の た め、ブ ー ス タ ー
ケーブルの

端子は、バッテリーの

端 子 以 外 の 部 分(

端 子、ボ

デー、ブラケットなど)と接触させ
ないでください。

は押しがけがで

きません。

オートマチック車

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7

万一のとき/バッテリーあがり

7-18

鉛バッテリーを交換するときは

■ 外しかた

エンジンスイッチを 

(OFF)

にします。キーレスプッシュスター
トシステム非装備車は、エンジンス
イッチからキーを抜きます。

バッテリーケーブルの

側(1)を

外します。

バッテリー端子のナットは、10
mm スパナ(市販品)などでゆる
めます。

63R70080

バッテリーケーブルの

側(2)を

外します。

カバーを開け、ナットをゆるめま
す。

鉛バッテリーを交換するときは、次の
ことをお守りください。

濡れた手でバッテリーに触れないで
ください。感電のおそれがあります。

走行後の場合は、30 分以上放置し、
バッテリーの水素ガスが抜けるのを
待ってから作業を行なってください。

バ ッ テ リ ー を 交 換 す る と き は、ブ
レーキパイプに当たらないように注
意してください。ブレーキパイプが
変形するおそれがあります。万一、
ブレーキパイプが変形したときは、
自分で直さず、スズキサービス工場
で点検を受けてください。

アイドリングストップシステム装備車
は、高性能な専用の鉛バッテリーを使
用していますので、次のことをお守り
ください。守らないとアイドリングス
トップシステムが正常に作動しなく
なったり、バッテリーの寿命が短く
なったりするおそれがあります。

バッテリーを交換するときは、指定
のバッテリーを使用する(指定外の
ものを使用しない)
→ 8-2ページ(サービスデータ

バッテリー端子から電気製品の電源
をとらない

鉛バッテリー交換の際、バッテリーや
車両の部品を損傷するおそれがありま
すので、スズキ販売店またはスズキ代
理店での交換(有料)をおすすめしま
す。

ショート防止のため、次のことをお守
りください。

側のケーブルから先に外す

金 属 工 具 な ど に よ り、

端 子 と

端子とを接触させない

外したケーブルは、交換時にバッテ
リー端子と接触しないよう、バッテ
リーの側面や離れた場所へ動かす

1

LOCK

2

(2)

(1)

3

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7

万一のとき/バッテリーあがり

7-19

取り付け金具(3)のナットを緩め
ます。

取り付け金具のナットは、8  mm
スパナ(市販品)などで緩めます。

63R70090

両側のフック(4)を持ち、外側に
開いて、取り付け金具(3)の切り
欠きから外します。

63R70100

バッテリーを外します。

バッテリーは重いため、両手で
しっかりと持って、ブレーキパイ
プ(6)などに当たらないように
取り出します。

63R70120

4

(3)

5

(3)

(4)

(4)

(3)

取り付け金具を外すときは、取り付け
るときに位置を間違えないよう、あら
かじめ両側のフック(4)がかかって
いる位置を確認してください。

63R70110

(5)バッテリーケースのホルダー部

バッテリーを傾けすぎないでくださ
い。液漏れのおそれがあります。

(4)

(5)

(5)

(4)

6

(6)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7

万一のとき/ヒューズ切れ

7-20

■ 取り付けかた

「外しかた」と逆の手順で行ないます。

鉛バッテリーのタイプについては、巻
末の「サービスデータ」をご覧くださ
い。
→ 8-2ページ(サービスデータ)

鉛バッテリーを交換したときは、初期
設定が必要な機能があります。
→ 8-7 ページ(次の機能は、必ず初

期設定してください)

1 か月に一度は連続して 30 分以上走行
して充電する必要があります。

エンジンを停止したままライトをつけ
たり、長時間ナビゲーションやオー
ディオなどを使用したりしないように
しましょう。(アイドリングストップ
システム装備車によるエンジン自動停
止中を除く)

渋滞などで長時間アイドリングを続け
ている場合は、電装品の使用を極力避
けてください。
→ 2-4ページ

(鉛バッテリーの液面を点検する)

電気装置が作動しないときや、電球が切
れていないのにランプが点灯しないとき
は、ヒューズ切れが考えられます。

ヒューズは、エンジンルーム内と運転
席足元にあります。

装備仕様の違いにより、所定の位置に
ヒューズがない場合があります。ま
た、装備がなくてもヒューズだけがあ
る場合があります。

バッテリー端子および取り付け金具の
ナットは、確実に締め付けてくださ
い。ゆるみがあると、火災や故障の原
因となります。

バッテリーケーブルを取り付けるとき
は、

側から先に取り付けてくださ

い。ショートのおそれがあります。

鉛バッテリー交換は、「マイナスで始
まり、マイナスで終わる」といわれま
す。作業手順を守ってください。

バッテリーあがりを

防ぐためには

ヒューズ切れ

ヒューズが切れたときは

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7

万一のとき/ヒューズ切れ

7-21

エンジンルーム内のヒューズ

63R70130

上図のエンジンルームは代表例です。
お車のタイプにより異なります。

■ リレーボックス内のヒューズ

ヒューズの表は、ボックスのふたの裏側
にあります。

74P70160

74P70340

次の表は、各ヒューズが受け持つ主な
装備を表しています。

(1) バッテリーヒューズボックス

(タイプ別装備)

(2) リレーボックス No.1
(3) リレーボックス No.2(タイプ別装備)

(2)

(1)

(3)

リレーボックス No.1

USE THE DESIGNATED
FUSES AND RELAYS ONLY.

1
2
3
4
5
6
7
8
9

10

12

13

14

15

16

17

18

19

20 21

11

22 23

位置

表示

容量

接続先名称

1

RDTR

30A

ラジエーター

ファン

2

ST

30A

スターター

3

SUB BAT

30A

DCDC

30A

4

ABS SOL

25A

ABS

ソレノイド

5

BLW

25A

ブロワー

ファン

6

H/L R

15A

ヘッドライト

(右)

7

ST2

20A

FI

※2

15A

燃料噴射装置

8

H/L L

15A

ヘッドライト

(左)

9

STOP

15A

10

CPRSR

10A

コンプレッサー

リレーボックス No.2

24

25

26

27
28
29
30
31
32
33

USE THE DESIGNATED
FUSES AND RELAYS ONLY.

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7

万一のとき/ヒューズ切れ

7-22

※1 マイルドハイブリッド装備車
※2 マイルドハイブリッド非装備車

助手席足元のヒューズ

63R70140

11

ALT

※1

150A

オルタ

ネーター

ALT

※2

80A

12 ABS MOT 40A

ABS

モーター

13

IGN2

40A

エンジン
スイッチ

14

P/S

40A

パワー

ステアリング

15

IGN

※1

30A

エンジン
スイッチ

IGN

※2

40A

エンジン
スイッチ

16

BTRY

50A

ジャンクション

ボックス

17

BTRY2

30A

リレーボックス

No.2

18

T/M 

PUMP

30A

19

B/U

25A

バックアップ

20

FI2

15A

燃料噴射装置

21

BLW2

25A

ブロワー

ファン

22

ST SIG

5A

アイドリング

ストップ

コントローラー

23

ST SIG2

5A

24

25

26

位置

表示

容量

接続先名称

27

H/L 

HI/SOL L

15A

LEDヘッド

ライト(左)

28

H/L 

HI/SOL R

15A

LEDヘッド

ライト(右)

29

30

FOG

15A

フォグランプ

31

32

33

(1) 助手席足元のヒューズ

位置

表示

容量

接続先名称

(1)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7

万一のとき/ヒューズ切れ

7-23

■ 助手席足元のヒューズ

ヒューズの表は、ヒューズのふたにあり
ます。

81P70220

次の表は、各ヒューズが受け持つ主な
装備を表しています。

位置

表示

容量

接続先名称

1

P/W

30A

パワー

ウインドー

2

ACC

5A

ラジオ

3

MTR

10A

メーター

4

IG

15A

イグニッション

5

IG1 SIG2

5A

パワー

ステアリング

6

PSD R

20A

7

T/M 2

5A

8

STL

15A

電動ハンドル

ロック

9

HORN

15A

ホーン

10

D/L

20A

ドアロック

11

HAZ

10A

ハザード

USE THE

DESIGNATED
FUSES  AND
RELAY  ONLY.

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

15 16

13 14

17 18 19 20 21 22 23 24 25

28 29

26 27

30 31 32 33 34 35 36 37 38

12

T/M

10A

トランス

ミッション

13

RADIO

15A

ラジオ

14

ACC2

15A

アクセサリー

ソケット

15

IG1 SIG3

5A

単眼カメラ

16

ACC3

5A

17

DOME2

10A

室内灯

18

DOME

5A

メーター

19

KEY

5A

イグニッション

スイッチ

20

注)

P/W T

20A

パワーウインドー

タイマー機能

21

PSD L

20A

22

KEY 2

5A

イグニッション

スイッチ

23

TAIL L

5A

※1

尾灯(左)

※2

24

A-STOP

5A

エンジン

コントローラ

25

TAIL

10A

尾灯

※1

尾灯(右)/番号灯

※2

26

IG1 SIG

10A

アイドリング

ストップ

またはBCM

位置

表示

容量

接続先名称

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7

万一のとき/ヒューズ切れ

7-24

※1 オートライト非装備車
※2 オートライト装備車
※3 マイルドハイブリッド非装備車

注)P/W T のヒューズを外したり交換し

たりしたときは、はさみ込み防止機
構の初期設定を行なってください。
→ 3-23 ページ(はさみ込み防止

機構の初期設定が必要なとき)

ヒューズの点検・交換には、ヒューズ抜
き(低背ヒューズ用、市販品)および交
換用ヒューズ(別売り)が必要となりま
す。点検・交換の際は、スズキ販売店ま
たはスズキ代理店にご相談ください。

点検・交換のしかた

エンジンスイッチを 

 (OFF)

にします。

エンジンルーム内のリレーボックス
では、ボックスのカバーを外しま
す。

故障の状況から、点検すべきヒュー
ズをヒューズの表で確認します。
ヒューズ抜き(市販品)をヒューズ
に差し込んで引き抜き、ヒューズが
切れていないか点検します。

切 れ て い る と き は、同 じ 容 量 の
ヒューズと交換します。

交換したヒューズがすぐに切れる
ときは、電気系統の故障が考えら
れます。スズキサービス工場で点
検を受けてください。

82K208

27

A/B

10A

エアバッグ

28

BACK

10A

後退灯

29

ABS

5A

ABS/ESP

®

30 MRR HTR 10A

ドアミラ―

ヒーター

31

RR DEF

15A

リヤ

デフォッガー

32

S/H

※3

10A

シートヒーター

33

WIP

10A

ワイパー

34

IG2 SIG

5A

ブロアファン

35

WASH

15A

ウォッシャー

モーター

36

T/M 3

10A

トランス

ミッション

37

FR WIP

20A

フロント
ワイパー

38

STOP

10A

制動灯

位置

表示

容量

接続先名称

(1) 正常なヒューズの例
(2) 切れたヒューズの例

ヒューズの点検と交換

1

LOCK

2

3

4

(1)

(2)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7

万一のとき/電球切れ

7-25

ライトやランプ、方向指示器/非常点滅
表示灯などを点灯または点滅させて、電
球切れがないか点検してください。

ヘッドライトなどのレンズ内
面のくもり

レンズ内面に大粒の水滴がついていると
きやランプ内に水がたまっているとき
は、スズキサービス工場で点検を受けて
ください。

電球が切れているときは、ワット数およ
び型式が同一の電球と交換してください。
電球のワット数および型式は、サービス
データ(8-4ページ)をご覧ください。

電球を交換しても点灯しない、または
すぐ切れるときは電気系統の故障が考
えられます。スズキサービス工場で点
検を受けてください。

ヒューズは、同じサイズで同じ容量の
ものと交換してください。サイズの違
うヒューズ、容量の大きいヒューズ、
針金、銀紙などを使用すると、配線が
焼損したり火災が発生したりする原因
となります。

制動灯はほかの人に見てもらうか、
壁などを利用して点検してください。

メーター内の方向指示器表示灯の点
滅が異常に速くなったときは、方向
指示器/非常点滅表示灯の電球切れ
が考えられます。

電球切れ

電球の点検

ヘッドライトやリヤコンビネーション
ランプなどは、ランプ内外の温度差に
より一時的にレンズ内面がくもること
がありますが、機能上の問題はありま
せん。(窓ガラスがくもるのと同じ現
象)

電球を交換するときは、次のことをお
守りください。

安全で平らな場所に駐車し、パーキ
ングブレーキをしっかりとかけてく
ださい。

エンジンを止め、各ランプを消灯さ
せ、エンジンや排気管、電球などが
十分に冷えてから行なってくださ
い。やけどのおそれがあります。

ハロゲン電球は高圧ガスを封入して
いるため、とくに慎重に扱ってくだ
さい。割れるとガラスが飛散して、
けがのおそれがあります。

電球を交換するときは

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7

万一のとき/電球切れ

7-26

ハロゲンヘッドライト

ボンネットを開けます。
→ 5-3ページ(ボンネット)

カプラー(1)は、カプラー本体を
しっかり持って車両後方へまっすぐ
引いて外します。
ゴムカバー(2)は、ツマミ(3)を
引いて外します。

63R70150

止め金(4)を図の矢印のように、押
しながらずらして固定フック(5)か
ら外します。

63R70160

63R70170

車両の部品などで手や腕などをけが
しないよう、長袖の上着と手袋を着
用してください。

51K0180

ハロゲン電球を扱うときは、油脂類が
付着していない、きれいな手袋をはめ
てください。使用時電球が高温になる
ため、素手で扱ってガラス部分に油な
どが付着すると、発熱による早期電球
切れのおそれがあります。

タイプ別装備

1

2

止め金の固定状態は、電球近くの穴

(6)を通して車両前方からも確認でき

ます。

(1)

(3)

(2)

3

(5)

(4)

(6)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7

万一のとき/電球切れ

7-27

電球を外します。交換後は、外した
ときと逆の手順でもとにもどしま
す。

ゴムカバーは、「TOP」という表
示があるツマミを上にして、しっ
かりとはめ込みます。

ハロゲンヘッドライト(上向き)

ボンネットを開けます。
→ 5-3ページ(ボンネット)

カバー(1)を反時計方向にまわし
て外します。

63R70310

電球(ソケット一体式)(2)は、
反時計方向にまわして外します。

カプラー(3)は、つめを引きなが
ら引き抜きます。

63R70320

交換後は外したときと逆の手順でも
とにもどします。

カバーは、取り付け方向マーク

(4)が上になるように、しっかり

と取り付けます。

63R70330

4

タイプ別装備

1

2

(1)

3

4

(2)

(3)

5

(4)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7

万一のとき/電球切れ

7-28

非分解式ランプ

次のランプは非分解式のため、電球のみ
の交換はできません。ランプ本体の交換
となります。点検・交換の際は、スズキ
販売店またはスズキ代理店にご相談くだ
さい。

LEDヘッドライト

LEDヘッドライト(下向き)

スティングレーの車幅灯

フロントフォグランプ

制動灯/尾灯

方向指示器/非常点滅表示灯(フェン
ダーまたはドアミラー)

ハイマウントストップランプ

そのほかの一般的な電球

電球ソケットおよび電球の取り外し/取
り付けは、次の方法で行ないます。

■ 電球ソケットの取り外し/取

り付け

ソケットをランプ本体から取り外すと
きは、ソケットを反時計方向にまわし
て引き抜きます。

取り付けるときは、ソケットをランプ
本体の切り欠きにあわせて差し込み、
時計方向にまわします。

72M2038

■ 電球の取り外し/取り付け

2つのタイプがあります。

Aタイプは、図のように抜き差しする
だけです。

72M2014

Bタイプは、次のようになります。
・取り外すときは、電球を押しながら

反時計方向にまわします。

・取り付けるときは、電球を押しなが

ら時計方向にまわします。

72M2015

՘ɝ۶Ȫ

՘ɝ͇Ȥ

Aタイプ

՘ɝ۶Ȫ

՘ɝ͇Ȥ

Bタイプ

՘ɝ۶Ȫ

՘ɝ͇Ȥ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7

万一のとき/電球切れ

7-29

■ 車幅灯、方向指示器/非常点

滅表示灯(前面)

ボンネットを開け、エンジンルーム内か
ら交換します。

63R70180

63R70190

63R70200

■ リヤコンビネーションランプ

バックドアを開け、ランプ全体を外して
から交換します。

ボルト 2 個は、プラスドライバー(市
販品)などで外します。

ランプ本体は、車両の後方へまっすぐ
引いて外します。

63R70210

ランプ本体をもとにもどすときは、ク
リップ 2 か所(3)を車体側の穴にあ
わせ、ランプ本体のつめを車体側の溝
(4)にあわせて押し込みます。

(1) 車幅灯(Aタイプ)
(2) 方向指示器/非常点滅表示灯

(前面、Aタイプ)

ハロゲンヘッドライト車

(1)

(2)

LEDヘッドライト車

(2)

(1)

(2)

(1) 方向指示器/非常点滅表示灯

(後面、Aタイプ)

(2) 後退灯(Aタイプ)

(3)

(3)

(4)

(1)

(2)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7

万一のとき/オーバーヒート

7-30

■ 番号灯(Aタイプ)

レンズ(1)を反時計方向にまわして外
してから交換します。

63R70220

次のようなときは、オーバーヒートです。

メーター内の水温警告灯が赤色に点灯

エンジンルームから蒸気が立ちのぼっ
ている

水温警告灯

63R70230

メーターパネル内にあります。

エンジン回転中に、エンジン冷却水温
が高くなると赤色に点滅します。ま
た、エンジン冷却水温が異常に高く
なったときは赤色に点灯します。
→ 1-12ページ(警告灯)

(1)

オーバーヒート

オーバーヒートとは

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7

万一のとき/オーバーヒート

7-31

車を安全な場所に止めます。

エンジンをかけたままでボンネット
を開けて、エンジンルーム内の風通
しをよくします。

エンジンルームから蒸気が立ちの
ぼっているときは、ボンネットを
開けずに次の手順を行なってくだ
さい。
→ 5-3ページ(ボンネット)

冷却ファンの作動を確認し、水温警
告灯が消灯するのを待ってエンジン
を止めます。

冷却ファンが作動していないとき
や、水温警告灯が消灯しないとき
は、ただちにエンジンを止め、ス
ズキ販売店またはスズキ代理店に
ご連絡ください。

エンジンが十分に冷えてから、冷却
水の量やホースなどからの水漏れを
点検します。

冷却水の量が不足しているときは補
充します。

水漏れなどの異常があるときは、
スズキ販売店またはスズキ代理店
にご連絡ください。

冷却水がなく、やむをえず水だけ
を補充したときは、できるだけ早
くスズキサービス工場で冷却水の
点検または交換をしてください。

エンジンルームから蒸気が立ちのぼっ
ているときは、ボンネットを開けない
でください。蒸気や熱湯が吹き出し
て、やけどのおそれがあります。

オーバーヒートしたときは

1

2

3

4

ラジエーターキャップは、エンジンが
十分に冷えてから外してください。エ
ンジンが熱いときは冷却水に圧力がか
かっているため、蒸気や熱湯が吹き出
してやけどのおそれがあります。

82K126

5

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7

万一のとき/そのほか

7-32

発炎筒は、助手席足元の左側面のホル
ダーに取り付けています。

点火すると約 5 分間発炎します。踏切
や高速道路などの危険な場所で故障し
たときに、非常用信号として使用しま
す。

使用方法は発炎筒に記載されていま
す。あらかじめよく読んでおいてくだ
さい。

発炎筒に表示されている有効期限が切
れる前に、新品と交換してください。
発炎筒はスズキ販売店またはスズキ代
理店でご購入ください。

63R70240

(1) ホルダー

(2) 発炎筒

そのほか

発炎筒

(1)

(2)

お子さまにはさわらせないでくださ
い。やけどや火災などの思いがけな
い事故を起こすおそれがあります。

必ずホルダーに保管してください。

点火するときは、筒先を顔や身体に
向けないでください。やけどのおそ
れがあります。

ガソリンなどの可燃物の近くでは使
用しないでください。火災の原因と
なります。

トンネル内など、換気が悪い場所で
発炎筒を使用すると、煙で視界が悪
くなります。トンネル内での合図は
非常点滅表示灯をご使用ください。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

Content      ..     22      23      24      25     ..