Suzuki Swift (2017 year). Instruction japanese - part 17

 

  Index      Suzuki     Suzuki Swift (2017 year) - instruction japanese

 

Search            copyright infringement  

 

 

 

 

 

 

 

 

Content      ..     15      16      17      18     ..

 

 

Suzuki Swift (2017 year). Instruction japanese - part 17

 

 

4

運転するときは/アダプティブクルーズコントロール

4-32

セットのしかた

定速走行時の目標車速をセットします。

クルーズスイッチ(1)を押します。

メーター内にアダプティブクルーズ
コントロールシステム作動表示灯
(7)が 点 灯 し、マ ル チ イ ン フ ォ
メ ー シ ョ ン デ ィ ス プ レ イ に「- - -
km/h」(8)が表示されます。

52R40110

52R40120

メーター内もしくはマルチインフォ
メーションディスプレイに車間距離
設定(9)が表示され、目標車速が
設定できる状態(待機状態)になり
ます。

52R40130

52R40140

1

Aタイプメーター装備車

(7)

(1)

(8)

Bタイプメーター装備車

(1)

(8)

(7)

2

Aタイプメーター装備車

(9)

Bタイプメーター装備車

(9)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転するときは/アダプティブクルーズコントロール

4-33

4

アクセルペダルで加速またはブレー
キペダルで減速しながら、希望の車
速に調節します。

目標車速は約40km/h∼100 km/
hの間で設定可能です。

RES/SET ノブ(3)を SET- 位置
(5)に動かします。
マルチインフォメーションディスプ
レイに目標車速(10)とクルーズ
コントロール作動表示(11)が表
示されると目標車速で走行できま
す。

イ ラ ス ト は 先 行 車 検 知 表 示
(12)なしを示します。

52R40160

52R40170

車間距離設定は目標車速設定後も切り
替えることができます。

→ 4-34ページ

(車間距離設定の切替えかた)

3

4

Aタイプメーター装備車

(12)

(11)

(10)

(3)

(5)

先行車検知表示(12)において先行
車が検知されている場合は、表示が変
わります。

→ 4-34ページ

(先行車検知表示の見かた)

アダプティブクルーズコントロールを
使用しないときは、必ずクルーズス
イッチ(1)を押してアダプティブク
ルーズコントロールシステム作動表示
灯(7)を消灯してください。誤って
アダプティブクルーズコントロールを
作動させると、思わぬ事故につながる
おそれがあります。

Bタイプメーター装備車

(3)

(10)

(12)

(5)

(11)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4

運転するときは/アダプティブクルーズコントロール

4-34

■ 先行車検知表示の見かた

■ 車間距離設定の切替えかた

先行車の車間距離は、交通状況に応じて
「短」、「中」、「長」の3段階から選
択できます。

ク ル ー ズ コ ン ト ロ ー ル 作 動 表 示
(11)が点灯しているときに、車間
距離設定スイッチ(6)を押すと、車
間距離設定表示(9)が次のように切
替わります。

68PJ40012

セットできる車速の上限を超えて走
行しているときは、約100 km/h に
セットされます。

目標車速は、標識や標示で指定され
た最高速度を超えないようにセット
してください。

→ 4-36ページ

(セット車速の変えかた)

次のようなときは、セットできませ
ん。

・チェンジレバーがニュートラルの

とき(マニュアル車)

・セレクトレバーが 

 

 

 

 お

よび 

 (マニュアルモード)の1

速または 2 速のとき(オートマ
チック車およびCVT車)

・ミリ波レーダーが設置されている

グリルカバーの汚れを検知したと

→ 4-41ページ

(ミリ波レーダーの取扱い)

エンジンスイッチを 

  または

(O F F )に する と、自動 的

にシステムが解除されます。

表示

状況

68PJ40008

先行車が検知されて
いないとき(定速制
御になります)

68PJ40009

先行車が検知されて
いるとき(減速・追
従制御になります)

P R N L

ACC

LOCK

Aタイプメーター装備車

表示

状況

68PJ40010

先行車が検知されて
いないとき(定速制
御になります)

52R40490

先行車が検知されて
いるとき(減速・追
従制御になります)

Bタイプメーター装備車

Aタイプメーター装備車

᡾ᩖᜫް

˹

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転するときは/アダプティブクルーズコントロール

4-35

4

68PJ40013

一時的に加減速したいときは

■ 加速したいとき

アクセルペダルを踏んでください。制御
が一時的に解除され、通常走行と同様に
加速できます。

アクセルペダルから足を離すと、自動
的にもとの制御にもどります。

■ 減速したいとき

ブレーキペダルを踏んでください。制御
が解除され、マルチインフォメーション
ディスプレイのクルーズコントロール作
動表示(11)が消えて、待機状態にな
ります。

車速が約 40 km/h 以上のときに、RES
+スイッチ(4)を押します。マルチイ
ンフォメーションディスプレイの表示が
もとにもどります。

エンジンを切ると記憶が消去され、
初期状態にもどります。

車速や道路状況に応じて適切な車間
距離は増減しますが、次の表を参考
に設定してください。

<車速80 km/h走行時の目安>

Bタイプメーター装備車

᡾ᩖᜫް

˹

車間設定

車間距離

「短」

約35m

「中」

約45m

「長」

約65m

モードで走行中、減速するときは

車速に応じてシフトダウンしますが、
加速時に自動シフトアップしないの
で、手動で行なう必要があります。

もとの制御にもどすには

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4

運転するときは/アダプティブクルーズコントロール

4-36

セット車速の変えかた

■ 速度を上げるとき

アクセルペダルで希望の車速まで加速
し、RES/SET ノブ(3)を SET- 位置
(5)に動かします。

■ 速度を下げるとき

ブレーキペダルで希望の車速まで減速
し、RES/SET ノブ(3)を SET- 位置
(5)に動かします。

■ RES / SET ノブを使って

加速するときは RES/SET ノブ(3)を
RES + 位置(4)に動かしたままにし
ます。

減速するときは RES/SET ノブ(3)を
SET - 位置(5)に動かしたままにし
ます。

希望の設定車速になったら、ノブから手
を離します。

解除のしかた

■ 制御の一時的な解除

キャンセルスイッチ(2)を押したとき

ブレーキペダルを踏んだとき

同時にマルチインフォメーションディス
プレイのクルーズコントロール作動表示

(11)が消えて、待機状態になります。

車速が約 40 km/h 以上のときに、RES/
SET ノブ(3)を RES+ 位置(4)に動か
します。マルチインフォメーションディス
プレイのクルーズコントロール作動表示
(11)が表示され、もとにもどります。

■ 制御の自動解除

車速が約40 km/h以下になったとき

車 が 横 滑 り し そ う に な っ た と き
(ESP

®

作動時を含む)

レーダーセンサーが設置されているセ
ンサーカバー表面の汚れを検知したと

→ 4-41ページ

(ミリ波レーダーの取扱い)

チェンジレバーがニュートラルのとき
(マニュアル車)

セレクトレバーが 

 

 

 

 およ

び  

 (マニュアルモード)の1速また

は2速のとき(オートマチック車および
CVT車)

制御が解除されたときの状況が改善され
るなどしてから、車速が約40 km/h以上
のときにRES/SETノブ(3)をRES+位
置(4)に動かします。マルチインフォ
メーションディスプレイのクルーズコン
トロール作動表示(11)がもとにもど
ります。

ブレーキペダルを踏んでから再設定す
るまでは、マルチインフォメーション
ディスプレイにクルーズコントロール
作動表示(11)が表示されません。
(待機状態)

先行車を検知している減速・追従制
御時は、R E S   / S E T ノブ(3 )を
R E S + 位置(4 )に動かしたまま
セット車速を上げても加速しませ
ん。た だ し、先 行 車 が い な く な る
と、自動的にセット車速まで加速し
ますので気をつけてください。

ノブを小刻みに動かすと希望の車速
の微調整(1km/h)ができます。

もとの制御にもどすには

P

R N

L

もとの制御にもどすには

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転するときは/アダプティブクルーズコントロール

4-37

4

■ システムの解除

クルーズスイッチ(1)を押したとき

前方衝突警報

減速・追従制御に先行車が急減速した
り、他車が割り込んできたりして、十分
に自動減速ができず先行車に接近する
と、前方衝突警報が作動して注意を促し
ます。
室内ブザーが、 ピピピピッ と鳴り、マ
ルチインフォメーションディスプレイに
次のメッセージが表示されます。

52R40500

前方衝突警報が作動したときは、ブ
レーキペダルを踏んで減速し、適切な
車間距離を確保してくだい。

システム異常があると自動的に解除さ
れ、同時にアダプティブクルーズコン
トロール警告灯が点灯します。
→ 4 - 3 8 ページ(アダプティブク

ルーズコントロール警告灯)

Aタイプメーター装着車

Bタイプメーター装着車

前方衝突警報が頻繁に作動するよう
な状況では、アダプティブクルーズ
コントロールを使用しないでくださ
い。

次のようなときは、短い車間距離で
も前方衝突警報が作動しない場合が
あります。

・先行車とほぼ同じ速度で走行して

るとき

・先行車の方が速く、次第に離れて

いくとき

・目標車速をセットした直後
・アクセルペダルを踏んでいるとき

や離した直後

4-31ページの

 もあわせてお読みください。

衝突のおそれがあると判断される
と、前方衝突警報ブレーキが作動し
ます。

 4-61 ページ(デュアルセン

サーブレーキサポート)

次のような状況に注意してください

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4

運転するときは/アダプティブクルーズコントロール

4-38

■ アダプティブクルーズコント

ロール警告灯

54P000233

メーター内にあります。

→ 1-16ページ(警告灯)

アダプティブクルーズコントロールの
システムに異常があると、エンジンス
イッチが 

 のときにオレンジ色に

点灯します。スズキサービス工場で点
検を受けてください。

システムが正常な場合はエンジンス
イッチを 

 にしたときに、約3秒間

点灯したあと消灯します。

ESP

®

を作動停止 (OFF) にすると、

ESP

®

OFF 表示灯、デュアルセンサー

ブレーキサポートOFF 表示灯、車線逸
脱 OFF 表示灯およびアダプティブク
ルーズコントロール警告灯が点灯し
デュアルセンサーブレーキ機能(タイ
プ別装備)が停止します。このとき、
アダプティブクルーズコントロールの
機能も作動停止します。
→ 4-61 ページ(デュアルセンサー

ブレーキサポート)

68PJ40029

マルチインフォメーションディスプレイ
内にあります。

→ 4-39 ページ(アダプティブクルー

ズコントロールのメッセージ)

アダプティブクルーズコントロールの
システムに異常があると、エンジンス
イッチが 

  のときにマルチイン

フォメーションディスプレイ内に表示
されます。スズキサービス工場で点検
を受けてください。

システムが正常な場合はエンジンス
イッチを 

 にしたときに、約3秒間

点灯したあと消灯します。

ESP

®

を作動停止 (OFF) にすると、

ESP

®

OFF 表示灯、デュアルセンサー

ブレーキサポートOFF表示灯、車線逸
脱 OFF 表示灯およびアダプティブク
ルーズコントロール警告灯が点灯し
デュアルセンサーブレーキ機能(タイ
プ別装備)が停止します。このとき、
アダプティブクルーズコントロールの
機能も作動停止します。
→ 4-61 ページ(デュアルセンサー

ブレーキサポート)

Aタイプメーター装備車

ON

ON

Bタイプメーター装備車

ON

ON

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転するときは/アダプティブクルーズコントロール

4-39

4

アダプティブクルーズコントロールのメッセージ

システムの異常など、お知らせしたい情報があると、メーター内またはマルチインフォ
メーションディスプレイに警告灯もしくはメッセージが表示されます。

メッセージの種類によっては、同時にメーター内のマスターウォーニングが点滅した
り、室内ブザーが鳴ったりする場合があります。

メッセージが表示されたときは、その指示にしたがってください。

メッセージ

マスター

ウォーニング

ブザー音

(室内ブザー)

原因と対処方法

52R40670

点滅

ポーン

(1回)

アダプティブクルーズコントロールの
システムに異常が考えられます。スズ
キサービス工場で点検を受けてくださ
い。

 4-38 ページ(アダプティブクルー

ズ コントロール警告灯 (A タイプ
装備車)

52R40650

点滅

ポーン

(1回)

表示された 状態が解消されな いとき
は、ミ リ 波 レ ー ダ ー 前 方 に あ る セ ン
サーカバー表面をやわらかい布で汚れ
をふき取ってください。

→ 4-41ページ

(ミリ波レーダーの取扱い)

52R40510

消灯

ピピピ…

先行車に接近しています。ブレーキペ
ダルを踏んで減速し、適切な車間距離
を確保してください。

→ 4-63ページ(前方衝突警報)

Aタイプメーター装備車

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転するときは/アダプティブクルーズコントロール

4-40

4

メッセージ

マスター

ウォーニング

ブザー音

(室内ブザー)

原因と対処方法

52R40520

点滅

ポーン

(1回)

アダプティブクルーズコントロールの
システムに異常が考えられます。スズ
キサービス工場で点検を受けてくださ
い。

 4-38 ページ(アダプティブクルー

ズコントロール警告灯(B タイプ装
備車)

52R40530

点滅

ポーン

(1回)

表示された 状態が解消されな いとき
は、ミ リ 波 レ ー ダ ー 前 方 に あ る セ ン
サーカバー表面の汚れをやわらかい布
でふき取ってください。

→ 4-41ページ

(ミリ波レーダーの取扱い)

52R40550

消灯

ピピピ…

先行車に接近しています。ブレーキペ
ダルを踏んで減速し、適切な車間距離
を確保してください。

→ 4-63ページ(前方衝突警報)

Bタイプメーター装備車

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転するときは/アダプティブクルーズコントロール

4-41

4

ミリ波レーダーの取扱い

ミリ波レーダー(1)は、ラジエーター
グリルにあるセンサーカバー(2)の内
側にあります。

52R40300

上図のイラストは代表例です。お車の
タイプにより異なります。

ミリ波レーダー前方のセンサーカバー表
面の汚れを検知すると、アダプティブク
ルーズコントロールは停止状態になり、
次の警告灯、表示が点灯また点滅して注
意をうながします。

52R40580

52R40590

(1)

(2)

(3) メーター内表示
(4) マルチインフォメーションディスプ

レイ表示

(3) メーター内表示
(4) マルチインフォメーションディスプ

レイ表示

Aタイプメーター装備車

(3)

(4)

Bタイプメーター装備車

(3)

(4)

点滅

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4

運転するときは/アダプティブクルーズコントロール

4-42

センサーカバー表面は、常にきれいな
状態を保ってください。汚れたとき
は、傷つけないようにやわらかい布で
ふいてください。また、次のようなも
のが付着しているときは、汚れとして
検知するのに時間がかかったり、検知
できなかったりする場合があります。
このようなときはアダプティブクルー
ズコントロールが正常に作動せず、思
わぬ事故につながるおそれがありま
す。

・ビ ニ ー ル 袋(透 明、半 透 明、有

色、金属コーティング品など)

・氷や雪など

以下の状況において、センサーが汚
れていなくても、電波異常を検知し
て、安全のためにシステムを一時停
止することがあります。

・雨天時、トンネルや高架道路の下

等を走行するとき

・道路両側が高いコンクリートの壁

や金属のフェンスがある道路を走
行するとき

・トンネルの中を走行するとき
・積雪道路を走行しているとき

電波の異常が改善され次第、一時停止
状態が自動的に解除されます。

ミリ波レーダーを正しく作動させる
た め に、次 の こ と を お 守 り く だ さ
い。取 扱 い を 誤 る と、ミ リ 波 レ ー
ダーが前方車両を正しく検知できな
くなり、アダプティブクルーズコン
トロールが正常に作動せず、思わぬ
事故につながるおそれがあります。
・ミリ波レーダーに強い衝撃をあた

えないでください。接触事故など
でミリ波レーダー周辺部が変形・
損 傷 し た 場 合 は、デ ュ ア ル セ ン
サーブレーキサポート OFFスイッ
チ を 操 作 し て 機 能 を 停 止 状 態 に
し、スズキサービス工場で点検を
受けてください。
→ 4-75 ページ(デュアルセン

サーブレーキサポート OFF ス
イッチ)

・センサーカバーにステッカーなど

を貼ったり、ものを取り付けたり
しないでください。透明のもので
も貼らないでください。

・ラジエーターグリルやフロントバ

ンパーなど、ミリ波レーダー周辺
部の改造や塗装、純正部品以外へ
の交換はしないでください。修理
や交換の際は、スズキ販売店また
は ス ズ キ 代 理 店 に ご 連 絡 く だ さ
い。

・ミリ波レーダーや周辺部品を取り

外したり、分解したりしないでく
ださい。

・フロントバンパーに腰かけたり、

寄 り か か っ た り し な い で く だ さ
い。

高圧洗浄機を使うときは、洗車ノズ
ルをセンサーカバー付近に向けない
でください。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転するときは/アダプティブクルーズコントロール

4-43

4

■ センサーカバー表面の汚れを

検知したときは

アダプティブクルーズコントロール一時
停止中が表示された状態が解消されない
ときは、次のようにしてください。

安全な場所に停車し、エンジンス
イ ッ チ を

(O F F )に し ま

す。

センサーカバー表面をきれいにしま
す。
エンジンスイッチを 

  にしま

す。

アダプティブクルーズコントロール
一時停止中表示が約 3 秒間表示され
たあと、消灯することを確認しま
す。

センサーカバー表面をきれいにし

て再び走行したとき、デュアルセ
ンサーブレーキサポート一時停止
中表示が再度表示される場合は、
別の異常が考えられます。スズキ
販売店またはスズキ代理店にご連
絡ください。

1

LOCK

2

3

ON

4

センサーカバー表面が汚れていなくて
も、次のような状況ではアダプティブ
ク ル ー ズ コ ン ト ロ ー ル 警 告 灯、
CRUISE システム一時機能停止中表示
(4)が点灯し、アダプティブクルー
ズコントロールが停止状態になる場合
があります。

トンネル内

両側にコンクリート壁がある道路

金属製のフェンスがある道路

高架橋、立体交差の下や付近

大雨や、大雪などの悪天候時

水たまりがある路面や、積雪路

これらの状況下では、ミリ波レーダーか
ら発する電波が乱反射して、前方車両の
位置が正しく検知できなくなるため、一
時的に機能を停止する場合があります。
上記のような状況が改善したあと約2分
間走行すると、警告灯および表示が消え
て、アダプティブクルーズコントロー
ルは作動状態にもどります。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4

運転するときは/ESP

®

4-44

ESP

®

(※)は、ABS、ブレーキアシスト、

トラクションコントロール、スタビリ
ティコントロール(横滑り防止機能)な
どを総合的に制御して、車両の走行安定
性を補助しようとするシステムです。

※ESP

®

は、Electronic Stability Program

(エレクトロニック スタビリティ プロ

グラム)の略で、Daimler AGの登録商
標です。

■ ABS(アンチロックブレーキ

システム)

4-47ページをお読みください。

■ ブレーキアシスト

ABSのブレーキアシストと同様です。

■ トラクションコントロール

滑りやすい路面での発進時や加速時に起
こる駆動輪の過度の空転を、ブレーキ制
御およびエンジン出力制御により防ぎ、
適切な駆動力を確保しようとする補助機
能です。

■ ス タ ビ リ テ ィ コ ン ト ロ ー ル

(横滑り防止機能)

急激なハンドル操作をしたり、滑りやす
い路面で旋回したりするときの車の横滑
りなどを抑制することで、車両の走行安
定性を補助しようとする機能です。

常に周囲の状況を確認して、安全運転
に努めてください。ESP

®

による制御

には限界があります。

ESP

®

ESP

®

装備車の取扱い

次のことをお守りください。
守らないと ESP

®

が正常に作動しな

くなったり、誤作動につながったり
するおそれがあります。
・タイヤの空気圧を指定空気圧に調

整する
→ 8-5ページ(タイヤの空気圧)

・タイヤ交換時は指定のサイズで、

4 輪ともサイズ、銘柄、トレッド
パターン(溝模様)が同一のもの
を装着する

・著しく摩耗状態の異なるタイヤを

使用しない

・サスペンションやブレーキを改造

しない(車高やサスペンションの
硬さ変更など)

・サスペンションやブレーキが著し

く劣化した状態で走行しない

・エンジンを改造しない(マフラー

の改造など)

・LSD(リミテッドスリップデフ)

を装着するなどの改造をしない

タイヤチェーンやスペアタイヤ(市
販 品)を 装 着 し た と き な ど に は、
ESP

®

が正常に作動しない場合があ

ります。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転するときは/ESP

®

4-45

4

ESP

®

作動表示灯

52R40180

メーターパネル内にあります。
→ 1-19ページ(表示灯)

ESP

®

の電子制御システムに異常がある

と、エンジンスイッチが 

 のときに

点灯します。点灯中は次のようになり
ますので、スズキサービス工場で点検
を受けてください。
・次の機能が作動しません。

・トラクションコントロール
・スタビリティコントロール
・デュアルセンサーブレーキサポー

ト(タイプ別装備)
→ 4-61 ページ(デュアルセン

サーブレーキサポート)

・ア イ ド リ ン グ ス ト ッ プ シ ス テ ム

(タイプ別装備)
→ 4-79ページ(アイドリングス

トップシステム)

・ヒルホールドコントロール(タイプ

別装備)も作動しない場合がありま
す。
→ 4-52ページ

(ヒルホールドコントロール)

・ABSは作動します
・ブレ ー キ アシ ス ト は、故 障状 況 に

よっては作動しない場合がありま
す。

次のような操作をすると、一時的に
モーター音やカチッという音が聞こ
えることがあります。これはシステ
ムをチェックしている音で異常では
ありません。
・エンジンスイッチを 

 にしたと

・ブレーキペダルを踏んだ状態でエ

ンジンスイッチを 

 にし、最初

にブレーキペダルから足を離した
とき

・エンジンをかけたとき
・エンジンをかけ、最初の発進時

エンジン回転が高いときに ESP

®

が作

動すると、エンジン回転の変動や車
体 の 振 動 を 感 じ る こ と が あ り ま す
が、異常ではありません。

ON

ON

ON

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4

運転するときは/ESP

®

4-46

次のような状況になると、0.2秒間隔で
小刻みに点滅します。
・発進時や加速時にトラクションコン

トロールが作動している

・急ハンドル時や旋回時にスタビリ

ティコントロールが作動している

システムが正常な場合はエンジンス
イッチを 

 にしたときに、約2秒間

点灯したあと消灯します。

ESP

®

 OFFスイッチ

次のようなときは、メーター内のESP

®

OFF 表示灯が点灯し ピッ と室内ブ
ザー音が鳴るまで ESP

®

 OFF スイッチ

を押し続けてください。トラクション
コントロールおよびスタビリティコン
トロールが作動しなくなります。
・車検を受けるときなどテスターに載

せる場合。トラクションコントロー
ルおよびスタビリティコントロール
を作動停止の状態にする必要があり
ます。

・スタックからの脱出などの場合。ト

ラクションコントロールが脱出に適
さないときがあります。

次のような操作をすると、ESP

®

  OFF

表示灯が消灯し、トラクションコント
ロールおよびスタビリティコントロー
ルが作動可能な状態にもどります。

・もう一度ESP

®

 OFFスイッチを ピッ

と室内ブザー音が鳴るまで押す。

・一度エンジンを止め、再始動する

52R40180

スタックからの脱出などのあとに通常
走行するときは、ESP

®

 OFF スイッチ

を再度押して ESP

®

 OFF 表示灯を消灯

させ、もとの状態にもどしてくださ
い。トラクションコントロールおよび
スタビリティコントロールは自動復帰
しません。(一度エンジンを止め、再
始動したときを除く)

小刻みに点滅したときは、滑りやすい
路面で、車がスタックまたは横滑りし
やすい状態になっています。とくに慎
重に運転してください。

点灯中はトラクションコントロールお
よびスタビリティコントロールは作動
しませんが、ABSは作動します。

ON

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転するときは/ESP

®

4-47

4

ESP

®

 OFF表示灯

52R40190

メーターパネル内にあります。
→ 1-19ページ(表示灯)

エンジンスイッチが 

  のときに、

ESP

®

 OFF スイッチを長押しすると

ピッ と室内ブザー音が鳴り点灯しま
す。
・点灯中は、トラクションコントロー

ルおよびスタビリティコントロール
は作動しません。

システムが正常な場合はエンジンス
イッチを 

 にしたときに、約2秒間

点灯したあと消灯します。

シ ス テ ム が 高 温 と 判 断 し た 場 合 は
E S P

®

OF F 表示灯が点灯し、トラク

ションコントロールのブレーキ制御お
よびアダプティブクルーズコントロー
ルが作動しなくなります。システムの
温度が下がると、ESP

®

OFF 表示灯が

消灯してトラクションコントロールお
よびアダプティブクルーズコントロー
ルが作動可能な状態にもどります。

ABS(アンチロックブレーキ
システム)とは

ABSとはAntilock Brake System(アン
チロックブレーキシステム)の略です。
ABSはブレーキをかけたときのタイヤの
ロックを自動的に防止することで、走行
安定性や操舵性を確保しようとする装置
です。

安全のため、ESP

®

 OFFスイッチを操

作しても、ABSおよびブレーキアシス
トは作動停止の状態になりません。

ESP

®

を作動停止(OFF)にすると、

デュアルセンサーブレーキサポート
OFF 表示灯、車線逸脱警報 OFF 表示
灯およびアダプティブクルーズコン
トロール警告灯が点灯し、デュアルセ
ンサーブレーキサポート(タイプ別装
備)が停止します。

→ 4-61 ページ(デュアルセン

サーブレーキサポート)

ON

ON

常に周囲の状況を確認して、安全運
転に努めてください。ABS による制
御には限界があります。

ABS は、タイヤのグリップ限界を超
えたり、ハイドロプレーニング現象
(※)が起こったりした場合は効果
を発揮できません。
※雨天の高速走行などで、タイヤと

路面の間に水膜が発生し、接地力
を失ってしまう現象

ABS

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

Content      ..     15      16      17      18     ..