Suzuki Escudo (2016 year). Instruction japanese - part 13

 

  Index      Toyota     Suzuki Escudo (2016 year) - instruction japanese

 

Search            copyright infringement  

 

 

 

 

 

 

 

 

Content      ..     11      12      13      14     ..

 

 

Suzuki Escudo (2016 year). Instruction japanese - part 13

 

 

4

運転するときは/4WD車

4-22

こんなことにも気をつけて

■ 車を少し移動させるとき

少しだけ移動するときでも、ブレーキペ
ダルやアクセルペダルが確実に踏める正
しい運転姿勢をとってください。

80J014

■ 停車するとき

4-28ページの「4WD車を運転するとき
は」も 
あ わ せ て お 読 み い た だ き、
ALLGRIP(4WD)車の特性や操作上の
注意を十分理解して正しい取扱いをして
ください。

ALLGRIP(4WD)と は、走 行 状 況 に
応じて任意のモードをスイッチ操作で
選択できるシステムです。

ALLGRIPモードスイッチ

エンジンスイッチが 

  のときに

ALLGRIPモードスイッチを操作すると、
ALLGRIP(4WD)モードの切替えがで
きます。

54PJ000115

ALLGRIPモードスイッチを操作して切
替えた ALLGRIP(4WD)モードは、
メーター内のマルチインフォメーショ
ンディスプレイに表示されます。

→ 3-62 ページ(ALLGRIP(4WD)

モード表示(4WD車のみ))

坂道などで、セレクトレバーを前進の
位置( 

 

 )にしたまま惰性で後

退したり、後退の位置( 

 )にした

まま惰性で前進したりしないでくださ
い。エンストしてブレーキの効きが悪
くなったり、ハンドルが重くなったり
して、思わぬ事故につながるおそれが
あります。また、故障の原因になりま
す。

車が少しでも動いているときは、セレ
クトレバーを 

 に入れないでくださ

い。トランスミッションが故障する原
因となります。

D M

R

P

4WD車

ALLGRIP(4WD)モード

の切替え(4WD車のみ)

タイプ別装備

ON

LOCK

PUSH

AUTO

DR

IV

E

MO

DE SE

LE

CT

000-取扱説明書.book  22 ページ  2015年8月20日 木曜日 午前10時19分

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転するときは/4WD車

4-23

4

ALLGRIPモードスイッチの各
位置のはたらき

■ AUTOモード

通常はこのモードを選択してください。
乾燥した舗装路では前輪駆動に近い状態
とすることで経済性を高めます。滑りや
すい路面では、前輪のスリップを検知
し、自動的に 4WD に切替わることで、
走行安定性を補助します。

■ SPORTモード

このモードは、AUTO モードと比較し
て、状況に合わせて積極的に 4WD に切
替わるため、ハンドル操作や速度変化が
多くなるカーブの多い道や山道などの走
行に適しています。また、エンジン回転
数をより高く保つため、高速道路での合
流や追い越しなどにも適しています。

■ SNOWモード

凍結路や雪道などの滑りやすい路面で走
行安定性を確保したい場合は、このモー
ドを選択してください。前後輪に適切な
駆動力を発生させることで、カーブ走行
時でも挙動が乱れることを抑制します。

■ LOCKモード

ぬかるみや砂地、雪道などでの立ち往生
(スタック)から脱出する場合に、この
モードを選択してください。
空転している車輪以外に駆動力を再配分
することで、脱出しやすくなります。

ALLGRIPモードスイッチの
操作

停車中でも走行中でも ALLGRIP(4WD)
モードの切替えは可能です。走行中に切替
える場合は、ハンドルを直進状態にしま
す。

54PJ000116

■ AUTOモード

AUTOスイッチを押します

■ SPORTモード

ダイヤルを時計方向(SPORT 側)にま
わします。

■ SNOWモード

ダイヤルを反時計方向(SNOW側)にま
わします。

■ LOCKモード

車速約60 km/h以下で切替えできます。

ダ イ ヤ ル を 反 時 計 方 向(S N O W
側)にまわして、SNOW モードに
切替えます。

LOCKスイッチを押します。

(1) AUTOスイッチ
(2) ダイヤル
(2) LOCKスイッチ

LOCK

PUSH

AUTO

DR

IV

E MODE SELE

CT

(2)

(3)

(1)

1

2

000-取扱説明書.book  23 ページ  2015年8月20日 木曜日 午前10時19分

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4

運転するときは/4WD車

4-24

4WD警告灯

57L30042

メーター内にあります

→ 1-19ページ

(警告灯・表示灯の見かた)

4WD システムに異常があると、エン
ジンスイッチが 

 のときに点灯し

ます。このとき、システムは作動停止
し、2 W D 状 態になります。スズキ
サービス工場で点検を受けてくださ
い。

次のような状況になると点滅します。
この と き、シ ス テム は 作 動停 止 し、
2WD状態になります。
・異径タイヤの装着またはタイヤの空

気圧不足の状態で、一定時間走行し
たとき

走行中の切替え操作は、安全運転に支
障がないように十分注意して行なって
ください。

雪道などで前輪を空転させたまま、
スイッチ操作をしないでください。

車両が思わぬ方向に飛び出すおそれが
あります。

スタックしたときは、LOCK モード
に切替えてください。LOCK モード
以外でスタックから脱出しようとす
ると、駆動装置などが損傷するおそ
れがあります。ぬかるみなどでは、
ESP

®

 OFF スイッチを操作した方が

脱出しやすい場合があります。

→ 4-41ページ

(ESP

®

装備車の取扱い)

タイヤの摩耗程度が 4 輪で著しく異
なると、駆動装置に悪影響をあたえ
るおそれがあります。タイヤがかた
よって摩耗するのを防ぐために、タ
イヤのローテーションを行なってく
ださい。

→ 6-6ページ

(タイヤのローテーション)

一度エンジンを止め、再始動すると
AUTO モードにもどります。
L O C K モードで走行中、車速約 6 0
km/h 以上になると自動的に SNOW
モードに切替わります。そのあと減速
しても、自動的に LOCK モードにもど
りません。
次のような操作をすると、ショックが
発生することがありますが異常ではあ
りません。
・ブレーキや加速、旋回のときなどに

スイッチを操作する

・エンジンスイッチを 

  または

 にする

ACC

OFF

ON

000-取扱説明書.book  24 ページ  2015年8月20日 木曜日 午前10時19分

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転するときは/4WD車

4-25

4

・スタックなどで駆動輪が空転し、駆

動系 部 品が 過 熱し た とき。同 時 に
メーター内のマルチインフォメー
ションディスプレイに「4WD シス
テム高温 2WD(強制)」と表示さ
れた 場 合は、駆 動 系部 品 保護 の た
め、すみ や かに 安 全な 場 所に 停 車
し、アイドリング状態にしてくださ
い。しばらくしてシステムが正常な
状態にもどると、警告灯が消灯し、
メッセージが消えます。

システムが正常な場合はエンジンスイッ
チを 

 にしたときに、約 2 秒間点灯

したあと消灯します。

マ ル チ イ ン フ ォ メ ー シ ョ ン
デ ィ ス プ レ イ の メ ッ セ ー ジ
(4WD車のみ)

→ 3-61 ページ(マルチインフォメー

ション ディスプレイ)

4WD システムの異常など、お知らせし
たい情報があると、メーター内のマルチ
インフォメーションディスプレイにメッ
セージが表示されます。

同時に

(マスターウォーニング)

が 点 滅 し、室 内 ブ ザ ー(ポ ー ン、1
回)が鳴ります。

メッセージが表示されたときは、その
指示にしたがってください。

点灯したときは、4WD のシステムに
異常が考えられます。高速走行を避け
てスズキサービス工場に行き、すみや
かに点検を受けてください。

点灯または点滅すると、マルチイン
フォメーションディスプレイにメッ
セージが表示されます。

→ 4-25 ページ(マルチインフォ

メーションディスプレイのメッ
セージ(4WD車のみ))

ON

メッセージの要因が解消されると、
表示が消えます。

メッセージの表示中に、別のメッ
セージが追加されると、割り込み表
示されます。そのあとは、約5 秒ご
とに表示が切替わります。

メッセージが表示されているとき
に、メーター右側の表示切替えノブ
を2 秒以上長押しすると、もとの画
面にもどります。ただし、メッセー
ジの種類によっては、要因が解消さ
れるまでは、約 5秒後にふたたび表
示されます。

000-取扱説明書.book  25 ページ  2015年8月20日 木曜日 午前10時19分

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転するときは/4WD車

4-26

4

メッセージ

マスター

ウォーニング

ブザー

説明

61M0267

点滅

室内ブザー

4WDのシステムに異常が考えら
れます。

スズキサービス工場で点検を
受けてください。

ポーン
(1回)

61M0268

点滅

室内ブザー

異径タイヤの装着またはタイヤ
の空気圧不足が考えられます。

スズキサービス工場で点検を
受けてください。

ポーン
(1回)

61M0269

点滅

室内ブザー

駆動系部品の過熱が考えられま
す。

安全な場所に停車して、アイ
ドリング状態にしてくださ
い。

ポーン
(1回)

61M0270

点滅

室内ブザー

こ の メ ッ セ ー ジ が 表 示 さ れ た
ら、スズキサービス工場で点検
を受けてください。

ポーン
(1回)

61M0271

点滅

室内ブザー

車速約 60 km/h 以上で LOCK
モードを選択しようとしていま
す。

4-23ページの「ALLGRIP
モードスイッチの 操作」をお
読みください。

ポーン
(1回)

000-取扱説明書.book  26 ページ  2015年8月20日 木曜日 午前10時19分

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転するときは/4WD車

4-27

4

61M0272

点滅

室内ブザー

AUTOモード、SPORTモードの
ときに、LOCK スイッチを押し
ています。

「4-23ページの「ALLGRIP
モードスイッチの 操作」をお
読みください。

ポーン
(1回)

61M0273

点滅

室内ブザー

ALLGRIP モードスイッチに異常
が考えられます。

スズキサービス工場で点検を
受けてください。

ポーン
(1回)

メッセージ

マスター

ウォーニング

ブザー

説明

000-取扱説明書.book  27 ページ  2015年8月20日 木曜日 午前10時19分

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4

運転するときは/アダプティブクルーズコントロール

4-28

路面の状況に注意して走行す

61M0075

セレクトレバーが 

 

  のとき、アク

セルペダルから足を離しても一定の車速
で走行できます。

次の条件をすべてみたしているときに使
用できます。

シートベルトを着用しているとき。

半ドア警告灯が消灯しているとき。

パーキングブレーキが確実に解除され
ているとき

ギヤポジションが3速∼6速のとき

車速が 約40km/h∼約100km/hのとき

ESP

®

 OFFスイッチが押されていないとき

①定速制御(先行車がいないとき)

セットした目標車速で定速走行しま
す。

54PJ000088

目標車速は、約40km/h ∼約100km/h
の間でセットできます。

4WD 車は、雪道、急坂路、砂地、ぬ
かるみなどのタイヤがスリップしやす
い路面で優れた走行性能を発揮します
が、万能ではありません。また、オフ
ロード(不整地)、ラリー専用車では
ありません。次のことをお守りくださ
い。

砂地やぬかるみなど、タイヤが空転
しやすいところでは連続走行しない
でください。

ブレーキ性能は 2WD 車と比べてほ
とんど差がありません。滑りやすい
路面での走行には十分車間距離を
とってください。アクセル、ハンド
ル、ブレーキの操作も、2WD 車と
同様に慎重に行なってください。

渡河走行や水中走行をしないでくだ
さい。

4WD車を運転するときは

タイプ別装備

アダプティブクルーズコントロール

アダプティブクルーズ

コントロール

D M

000-取扱説明書.book  28 ページ  2015年8月20日 木曜日 午前10時19分

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転するときは/アダプティブクルーズコントロール

4-29

4

②減速制御(セット車速より遅い先行

車が現れたとき)

レーダーが先行車を検知すると、先行
車の車速に応じて、設定した車間距離
を保ちながら自動減速・自動加速し、
先行車に追従します。

54PJ000089

レーダーが検知可能な先行車との車間
距離は、前方約100m以内です。

③追従制御(セット車速より遅い先行

車に追従するとき)

先行車の車速に応じて、設定した車間
を保ちながら自動減速・自動加速し、
先行車に追従します。

54PJ000090

④加速制御(セット車速より遅い先行
車がいなくなったとき)

セット車速までゆっくり加速し、定速
走行します。

54PJ000091

減速・追従制御時に、先行車に接近し
た場合は、前方衝突警報が作動します。

→ 4-53ページ(前方衝突警報)

常に周囲の状況を確認して、必要に応
じてブレーキペダルやアクセルペダル
を操作して安全運転に努めてくださ
い。アダプティブクルーズコントロー
ルによる制御には限界があります。

適切な制御が行われず、思わぬ事故に
つながるおそれがあります

交通量の多い道。交通状況にあった
速度で走行できないおそれがありま
す。

急カーブのある道。道路状況にあっ
た速度で走行できないおそれがあり
ます。

凍結や積雪などで滑りやすい道。タ
イヤが空転し、コントロールを失う
おそれがあります。

急な下り坂。定速走行時はブレーキ
制御を行わないため、セットした目
標車速を超えるおそれがります。ま
た、追 従 制 御 時 は 十 分 に 減 速 で き
ず、先行車に接近するおそれがあり
ます。

システムを過信しない

次のような状況では使用しない

000-取扱説明書.book  29 ページ  2015年8月20日 木曜日 午前10時19分

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4

運転するときは/アダプティブクルーズコントロール

4-30

急な上り坂、下り坂が繰り返される
道。レ ー ダ ー が 先 行 車 を 検 知 で き
ず、先行車に接近するおそれがあり
ます。

54P000376

けん引されているとき

高速道路の出口など。本線でセット
車 速 よ り 遅 い 車 に 追 従 し て い る 場
合、出口に向けて本線を外れて先行
車がいない状態になると、セット車
速まで加速をはじめます。

54PJ000092

事故や故障によって、まっすぐ走行
できないとき

右折専用車線や左折専用車線を走行
しているとき

前方衝突警報が頻繁に作動するとき

→ 4-53ページ(前方衝突警報)

雨、霧、雪、砂 嵐 な ど の 悪 天 候 時
や、レーダーセンサーが設置されて
いるグリルカバーに水滴や雪、汚れ
などが付着しているとき。レーダー
が先行車との車間距離を正確に測定
できないおそれがあります。

→ 4-56ページ

(レーダーセンサーの取扱い)

料金所や渋滞の最後尾などで先行車
が停車中または低速走行中のとき
は、レ ー ダ ー が 先 行 車 を 検 知 で き
ず、前方衝突警報も作動しません。
ブレーキで減速してください。

次のようなときは、レーダーが先行
車を正しく検知できないおそれがあ
ります。また、前方衝突警報が作動
しないおそれもあります。必要に応
じてブレーキで減速してください。
・先行車などが路上の水や雪を巻き

上げて走行しているとき。

・先行車が空荷のトレーラーなど車

両の後部が小さすぎるとき

・荷室や後席に重い荷物を積むなど

して、自車が傾いているとき

次のようなときは、レーダーが隣車
線の車両や路側などを検知して、前
方衝突警報が作動するおそれがあり
ます。

・カーブ路や、車線幅が狭いとき
・ハンドル操作などにより、自車の

車線内の位置が不安定なとき

近距離ではレーダーの検知範囲が狭
いため、次のようなときは、先行車
の検知が遅れたり検知できなかった
りするおそれがあります。必要に応
じてブレーキで減速してください。

・先行車が急に割り込んできたとき
・先行車が車線の端を走行している

二輪車のとき

54PJ000093

次のような状況に注意して

000-取扱説明書.book  30 ページ  2015年8月20日 木曜日 午前10時19分

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転するときは/アダプティブクルーズコントロール

4-31

4

アダプティブクルーズ
コントロールスイッチ

54PJ000094

セットのしかた

定速走行時の目標車速をセットします。

クルーズスイッチ(2)を押します。

マルチインフォメーションディス

プレイに次のような拡大画面がし
ばらく表示されます。

54PJ000137

マルチインフォメーションディスプレ
イに次のような画面が表示されると、
目標車速が設定できる状態(待機状
態)になります。

54PJ000095

アクセルペダルの加減で、希望の車
速に調節します。

目標車速 約 40km/h ∼ 100 km/h

の間に調節します。

SET −スイッチ(5)を押します。

マルチインフォメーションディス

プレイに次のような画面が表示さ
れると、アクセルペダルから足を
離しても走行できます。

54PJ000096

(1) 車間距離設定スイッチ
(2) クルーズスイッチ
(3) キャンセルスイッチ
(4) RES +スイッチ
(5) SET −スイッチ

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

1

(6) クルーズ表示
(7) 車間距離設定表示(約5秒間表示)
(8) 設定速度表示 

車間距離設定表示(7)は、待機状態
でも切替えることができます。

→ 4-33ページ

(車間距離設定の切替えかた)

(9) クルーズコントロール作動表示
(10)先行車検知表示 (先行車なし)

(6)

(7)

(8)

2

3

(9) (10)

000-取扱説明書.book  31 ページ  2015年8月20日 木曜日 午前10時19分

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4

運転するときは/アダプティブクルーズコントロール

4-32

■ アダプティブクルーズコント

ロール警告灯

54P000233

メーターパネル内にあります。

→ 1-19ページ

(警告灯・表示灯の見かた)

アダプティブクルーズコントロールの
システムに異常があると、エンジンス
イッチが 

 のときにオレンジ色に

点灯します。スズキサービス工場で点
検を受けてください。

システムが正常な場合はエンジンス
イッチを 

 にしたときに、約3秒間

点灯したあと消灯します。

■ 先行車検知表示(10)の見かた

アダプティブクルーズコントロールを
使用しないときは、必ずクルーズス
イ ッ チ(2)を 押 し て ク ル ー ズ 表 示
(6)を消灯させてください。誤って
アダプティブクルーズコントロールを
作動させると、思わぬ事故につながる
おそれがあります。

セットできる車速の上限をこえて走
行しているときは、約100 km/h に
セットされます。

目標車速は、標識や標示で指定され
た最高速度をこえないようにセット
してください。

→ 4-34ページ

(セット車速の変えかた)

次のようなときは、セットできませ
ん。

・セレクトレバーが 

 

 以外

・レーダーセンサーが設置されてい

るグリルカバーの汚れを検知した
とき

→ 4-56ページ

(レーダーセンサーの取扱い)

エンジンスイッチを 

  または

  にすると、自動的にシステ

ムが解除されます。

D M

ACC

OFF

点灯すると、メーター内のマルチイン
フォメーションディスプレイにメッ
セージが表示されます。
→ 4-35 ページ(アダプティブクルー

ズ コントロールのメッセージ)

表示

状況

54P010316

先行車が検知されて
いないとき(定速制
御になります)

先行車が検知されて
いるとき(減速・追
従制御になります)

ON

ON

000-取扱説明書.book  32 ページ  2015年8月20日 木曜日 午前10時19分

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転するときは/アダプティブクルーズコントロール

4-33

4

■ 車間距離設定の切替えかた

先行車の車間距離は、交通状況に応じて
「短」、「中」、「長」の3段階から選
択できます。

クルーズコントロール作動表示(9)
が点灯しているときに、車間距離設定
スイッチ(1)を押すと、車間距離設
定表示(7)が次のように切替わりま
す。

54PJ000097

一時的に加減速したいときは

■ 加速したいとき

アクセルペダルを踏んでください。制御
が一時的に解除され、通常走行と同様に
加速できます。

アクセルペダルから足を離すと、自動
的にもとの制御にもどります。

■ 減速したいとき

ブレーキペダルを踏んでください。制御
が解除され、マルチインフォメーション
ディスプレイのクルーズコントロール作
動表示(9)が消えて、待機状態になり
ます。

車速が約 40 km/h 以上のときに、RES +
ス イ ッ チ(4)を 押 し ま す。マ ル チ イ ン
フォメーションディスプレイの表示がもと
にもどります。

アクセルペダルを踏んで加速したとき
は、先行車が検知されていないときの
表示になります。

エンジンを切ると記憶が消去され、
初期状態にもどります。

車速や道路状況に応じて適切な車間
距離は増減しますが、次の表を参考
に設定してください。

<車速80 km/h走行時の目安>

車間設定

車間距離

「短」

約35m

「中」

約45m

「長」

約65m

もとの制御にもどすには

000-取扱説明書.book  33 ページ  2015年8月20日 木曜日 午前10時19分

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

4

運転するときは/アダプティブクルーズコントロール

4-34

セット車速の変えかた

■ アクセルペダルを使って

希望の車速まで加速し、SET  −スイッ
チ(5)を押します。

■ ブレーキペダルを使って

希望の車速まで減速し、SET  −スイッ
チ(5)を押します。

RES +/SET −

スイッチを使って

加速するときは、RES  +スイッチ(4)
を押し続けます。

減速するときは、SET  −スイッチ(5)
を押し続けます。

希望の車速になったら、スイッチから手
を離します。

解除のしかた

■ 制御の一時的な解除

キャンセルスイッチ(3)を押したと

ブレーキペダルをを踏んだとき

同時にマルチインフォメーションディス
プレイのクルーズコントロール作動表示
(9)が消えて、待機状態になります。

車速が約 40 km/h 以上のときに、RES +
ス イ ッ チ(4)を 押 し ま す。マ ル チ イ ン
フォメーションディスプレイのクルーズコ
ントロール作動表示(9)が表示され、も
とにもどります。

■ 制御の自動解除

車速が約40 km/h以下になったとき

車 が 横 滑 り し そ う に な っ た と き
(ESP

®

作動時を含む)

レーダーセンサーが設置されているセ
ンサーカバー表面の汚れを検知したと

→ 4-56ページ

(レーダーセンサーの取扱い)

モードで走行中、減速するときは

車速に応じてシフトダウンしますが、
加速時に自動シフトアップしないの
で、手動で行なう必要があります。

ブレーキペダルを踏んでから再設定す
るまでは、マルチインフォメーション
ディスプレイにクルーズコントロール
作 動 表 示(9)が 表 示 さ れ ま せ ん。
(待機状態)

先行車を検知している減速・追従制
御時は、RES +スイッチ(4)を押
し続けてセット車速を上げても加速
しません。ただし、先行車がいなく
なると、自動的にセット車速まで加
速しますので気をつけてください。

スイッチを短押しすると、希望の車
速 の 微 調 整(1 k m / h )が で き ま
す。

もとの制御にもどすには

000-取扱説明書.book  34 ページ  2015年8月20日 木曜日 午前10時19分

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転するときは/アダプティブクルーズコントロール

4-35

4

同時にマルチインフォメーションディス
プレイ表示が待機状態になり、室内ブ
ザーが ピッ と鳴ります。

セレクトレバーを 

 

  以外にした

とき

制御が解除されたときの状況が改善され
るなどしてから、車速が約40 km/h以上
のときに RES  +スイッチ (4) を押しま
す。マルチインフォメーションディスプ
レイのクルーズコントロール作動表示
(9)がもとにもどります。

■ システムの解除

クルーズスイッチ(2)を押したとき

前方衝突警報

減速・追従制御に先行車が急減速した
り、他車が割り込んできたりして、十分
に自動減速ができず先行車に接近する
と、前方衝突警報が作動して注意を促し
ます。
室内ブザーが、 ピピピピッ と鳴り、マ
ルチインフォメーションディスプレイに
次のメッセージが表示されます。

54PJ000130

前方衝突警報が作動したときは、ブ
レーキペダルを踏んで減速し、適切な
車間距離を確保してくだい。

アダプティブクルーズ
コントロールのメッセージ

システムの異常など、お知らせしたい情
報があると、メーター内のマルチイン
フォメーションディスプレイにメッセー
ジが表示されます。

メッセージの種類によっては、同時に
メーター内のマスターウォーニングが
点滅したり、室内ブザーが鳴ったりす
る場合があります。

メッセージが表示されたときは、その
指示にしたがってください。

システム異常があると自動的に解除さ
れ、同時にアダプティブクルーズコン
トロール警告灯が点灯します。
→ 4 - 3 2 ページ(アダプティブク

ルーズコントロール警告灯)

D

もとの制御にもどすには

前方衝突警報が頻繁に作動するよう
な状況では、アダプティブクルーズ
コントロールを使用しないでくださ
い。

次のようなときは、短い車間距離で
も前方衝突警報が作動しない場合が
あります。

・先行車とほぼ同じ速度で走行して

るとき

・先行車の方が速く、次第に離れて

いくとき

・目標車速をセットした直後
・アクセルペダルを踏んでいるとき

や離した直後

4-30ページの

 もあわせてお読みください。

衝突のおそれがあると判断される
と、前方衝突警報ブレーキが作動し
ます。

→ 4-48 ページ(レーダーブレー

キ サポートII(RBSII))

次のような状況に注意して

000-取扱説明書.book  35 ページ  2015年8月20日 木曜日 午前10時19分

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転するときは/アダプティブクルーズコントロール

4-36

4

■ アダプティブクルーズコントロール

メッセージ

マスター

ウォーニング

ブザー音

(室内ブザー)

原因と対処方法

54PJ000111

点滅

ピッ

(1回)

アダプティブクルーズコントロールの
システムに異常が考えられます。スズ
キサービス工場で点検を受けてくださ
い。

 4 - 3 2 ページ(アダプティブク

ルーズコントロール警告灯)

54PJ000121

消灯

ピッ

(1回)

レーダーセンサーが設置されているセ
ンサーカバーが汚れています。やわら
かい布で汚れをふき取ってください。

→ 4-56ページ

(レーダーセンサーの取扱い)

54PJ000122

消灯

ピッ

(1回)

このメッセージが表示されたときは、
システムの異常が考えられます。スズ
キサービス工場で点検を受けてくださ
い。

54PJ000130

消灯

ピピピ…

先行車に接近しています。ブレーキペ
ダルを踏んで減速し、適切な車間距離
を確保してください。

→ 4-53ページ(前方衝突警報)

000-取扱説明書.book  36 ページ  2015年8月20日 木曜日 午前10時19分

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

運転するときは/ABS

4-37

4

ABS(アンチロックブレーキ
システム)とは

ブレーキをかけたときのタイヤのロック
を自動的に防止することで、走行安定性
や操舵性を確保しようとする装置です。

制動距離について

ABSは制動距離を短くするものではあり
ません。

常に周囲の状況を確認して、安全運
転に努めてください。ABS による制
御には限界があります。

ABS は、タイヤのグリップ限界を超
えたり、ハイドロプレーニング現象
(※)が起こったりした場合は効果
を発揮できません。

※雨天の高速走行などで、タイヤと

路面の間に水膜が発生し、接地力
を失ってしまう現象

ABS

ABS装備車の取扱い

急ブレーキをかけたときや、滑りや
すい路面でブレーキをかけたときの
制動距離は、ABS がついていない車
と同等です。

次のようなときは、ABS のついてい
ない車より制動距離が長くなること
があります。スピードを控えめにし
て、車間距離を十分にとってくださ
い。
・凸凹道や石だたみなどの悪路
・じゃり道、新雪路
・道路の継ぎ目などの段差を乗り越

えるとき

・マンホールなど鉄板の上を通過す

るとき

・タイヤチェーンの装着時

急ブレーキ時には、ポンピングブレー
キ(※)をせずに、ブレーキペダルを
思い切り強く踏み込んでください。ポ
ンピングブレーキをすると、制動距
離が長くなります。

※ブレーキペダルを数回に分けて小

刻みに踏むブレーキのかけかた

路面の状況によりますが、約10km/h
以下ではABSが作動しません。

000-取扱説明書.book  37 ページ  2015年8月20日 木曜日 午前10時19分

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

Content      ..     11      12      13      14     ..