Toyota Roomy (2017 year). Instruction japanese - part 18

 

  Index      Toyota     Toyota Roomy (2017 year) - instruction japanese

 

Search            copyright infringement  

 

 

 

 

 

 

 

 

Content   ..  16  17  18  19   ..

 

 

Toyota Roomy (2017 year). Instruction japanese - part 18

 

 

271

4-5. 運転支援装置について

4

運転

警告

パノラミックビューモニターについて

運転操作時は、必ず後方や周囲の安全を直接確認してください。
次のことをお守りいただかないと、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡に
つながるおそれがあります。

画面だけを見ながら運転操作することは絶対にしないでください。
画面に映し出されている映像と実際の状況は異なることがあります。また、カ
メラの映し出す範囲は限られていますので、画面だけを見て右左折、後退する
ことは絶対にしないでください。車をぶつけたり、思わぬ事故を引き起こすお
それがあります。必ず目視やインナーミラー、ドアミラーなどで周囲の安全を
確認し、十分注意したうえで運転してください。

乗車人数・積載量・路面の勾配などにより、画面のガイド線の示す位置はかわ
ります。必ず後方や周囲の安全を直接確認しながら運転してください。

ハンドルがまっすぐ(直進状態)で車幅延長線と予想進路線がずれているとき
は、トヨタ販売店で点検を受けてください。

前方車幅延長線・後方車幅延長線は、実際の車幅より広く表示されます。後退
するときは、必ず後方や周囲の安全を直接確認しながら運転してください。

以下のような状況では、使用しないでください。

・ 凍結したり、すべりやすい路面、または雪道
・ タイヤチェーン、応急用タイヤ

を使用しているとき

・ フロントドア・バックドアが完全に閉まっていないとき
・ 坂道など平坦でない路面
・ タイヤをメーカー指定のものから交換しているとき
・ サスペンションを改造しているとき

外気温が低い場合、画面が暗くなったり、映像が薄れることがあります。特に
動いているものの映像が歪む、または画面から見えなくなることがあるため、
必ず周囲の安全を直接目で確認しながら運転してください。

タイヤを交換すると、画面に表示されるガイド線の示す位置に誤差が生じるこ
とがあります。

故障したときは

映像が表示されないなど、パノラミックビューモニターが故障したときは、道
路運送車両の保安基準に適合しないおそれがありますので、ただちにトヨタ販
売店で点検を受けてください。

:グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

272

4-5. 運転支援装置について

注意

パノラミックビューモニターの注意点について

パノラミックビューは、フロントカメラとバックカメラ、左右サイドカメラが
撮影した映像を合成処理した映像です。表示可能な範囲や表示内容には限界が
あるため、パノラミックビューモニターの特性を十分理解したうえで使用して
ください。

パノラミックビューの四隅には、それぞれのカメラ映像境界位置を中心に映像
合成処理領域が存在し、映像の鮮明度が低下することがありますが、故障では
ありません。

それぞれのカメラ付近の照度条件により、パノラミックビューに明暗ができる
場合があります。

パノラミックビューでは、それぞれのカメラの取り付け位置や撮像範囲より上
部は表示されません。

車両付近には死角があり、パノラミックビューモニターには表示されない領域
があります。

フロントビューまたはバックビューに表示されている立体物が、パノラミック
ビューでは表示されない場合があります。

パノラミックビューモニターは、人物や障害物などの立体物が実際と異なって
表示される場合があります。(倒れているように表示される場合や、映像合成
処理領域付近で消えてしまう場合、映像合成処理領域付近から現れるように表
示される場合、表示位置の距離感が実際と異なるなど)

バックカメラが取り付けられたバックドア、サイドカメラを内蔵したドアミ
ラーが取り付けられたフロントドアが開いている場合、パノラミックビューモ
ニターは正しく表示されません。

パノラミックビューに表示される車両アイコンは、コンピューターグラフィッ
クによる画像を表示しているため、実際の車両とは色や形状、大きさなどが異
なります。このため、車両付近の立体物が車両と接触しているように見える場
合や、立体物との位置関係が実際の位置関係と異なる場合があります。

273

4-5. 運転支援装置について

4

運転

注意

カメラの取り扱いについて

パノラミックビューモニターが正常に作動しなくなるおそれがありますので、
次のことにご注意ください。

・ カメラ周辺にはカメラの視野に影響をおよぼすもの(視野をさえぎるもの、

光を発するもの、光沢素材でできているものなど)は取り付けないでくだ
さい。

・ カメラ部を強くたたいたり、ものをぶつけたりして、強い衝撃を与えない

でください。カメラの位置、取り付け角度がずれるおそれがあります。

・ カメラ部は防水構造となっていますので、取りはずし・分解・改造をしな

いでください。

・ カメラレンズを洗うときは、水でカメラの汚れを流した後、水で湿らせた

柔らかい布でふき取ってください。
カメラレンズを強くこするとカメラレンズが傷ついて、鮮明な画像を見る
ことができなくなるおそれがあります。

・ カメラのカバーは樹脂でできていますので、有機溶剤・ボデーワックス・

油膜取り剤・ガラスコート剤などを付着させないでください。付着したと
きは、すぐにふき取ってください。

・ 寒いときにお湯をかけるなどして急激な温度変化を与えないでください。
・ 洗車時に高圧洗浄機でカメラやカメラ周辺に直接水をあてないでくださ

い。強い水圧により衝撃が加わり、装置が正常に作動しなくなるおそれが
あります。

カメラ部をぶつけたときは、カメラの故障などのおそれがあります。早めにト
ヨタ販売店で点検を受けてください。

274

4-5. 運転支援装置について

運転を補助する装置

ABS(アンチロックブレーキシステム)

急ブレーキ時やすべりやすい路面でのブレーキ時にタイヤのロック防
止に貢献し、スリップを抑制します。

ブレーキアシスト

急ブレーキ時などに、より大きなブレーキ力を発生させます。

VSC(ビークルスタビリティコントロール)

急なハンドル操作や、すべりやすい路面で旋回するときに横すべりを
抑え、車両の姿勢維持に寄与します。

TRC(トラクションコントロール)

すべりやすい路面での発進時や加速時にタイヤの空転を抑え、駆動力
の確保に貢献します。

ヒルスタートアシストコントロール

上り坂で発進するときに車が後退するのを緩和します。

EPS(エレクトリックパワーステアリング)

電気式モーターを利用して、ハンドル操作を補助します。

V フレックスフルタイム 4WD

オフロード走行やラリー走行などが目的ではなく、一般道での優れた
走行安定性に寄与することを目的とした 4WD です。すべりやすい雪
道や上り坂などでスムーズな発進、加速に貢献します。
通常の直進走行では FF(前輪駆動)に近い状態で走行します。
前・後輪に回転差が生じるとビスカスカップリングにより、その回転
速度の差に応じた最適なトルクを後輪へ配分します。

走行の安全性や運転性能を高めるため、走行状況に応じて次の装置が自
動で作動します。ただし、これらの装置は補助的なものなので、過信せ
ずに運転には十分に注意してください。

:グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

275

4-5. 運転支援装置について

4

運転

坂道発進補助機能

坂道での発進性を補助するため、駆動力が発生するまでのあいだブ
レーキ油圧(ブレーキの効き)を最長約 2 秒間保持して、車両が後退
するのを抑制し、坂道発進を容易にします。(→ P. 239)

緊急ブレーキシグナル

急ブレーキ時に非常点滅灯を自動的に点滅させることにより、後続車
に注意をうながし、追突される可能性を低減させます。

TRC・VSC が作動しているときは、
スリップ表示灯が点滅します。

ぬかるみや砂地、雪道などから脱出するときに、TRC が作動していると、
アクセルペダルを踏み込んでもエンジンの出力が上がらず、脱出が困難

な場合があります。このようなときに 

 を押すことにより、脱出し

やすくなる場合があります。

TRC を停止するには 

 を押す

TRC OFF 表示灯が点灯します。

もう一度 

 を押すと、システム作

動可能状態にもどります。

TRC・VSC が作動しているとき

KBTH460201

TRC を停止するには

KBTH460202

276

4-5. 運転支援装置について

TRC と VSC を停止するには

TRC と VSC を停止するには停車時に 

 

を押し 3 秒以上保持してください。

TRC OFF 表示灯と VSC OFF 表示灯が点灯します。

もう一度 

 

を押すと、システム作動可能状態にもどります。

ABS・ブレーキアシスト・TRC・VSC・ヒルスタートアシストコントロールの
作動音と振動

エンジン始動時や発進直後、ブレーキペダルをくり返し踏んだときに、エンジ
ンルームから作動音が聞こえることがありますが、異常ではありません。

上記のシステムが作動すると、次のような現象が発生することがありますが、異
常ではありません。

・ 車体やハンドルに振動を感じる
・ 車両停止後もモーター音が聞こえる
・ ABS の作動時に、ブレーキペダルが小刻みに動く
・ ABS の作動終了後、ブレーキペダルが少し奥に入る

EPS モーターの作動音

ハンドル操作を行ったとき、モーターの音(“ウィーン”という音)が聞こえる
ことがありますが、異常ではありません。

TRC や VSC の自動復帰について

TRC や VSC を作動停止にしたあと、次のときはシステム作動可能状態に戻りま
す。

エンジンスイッチを OFF にしたとき

(TRC のみを作動停止にしている場合)車速が高くなったとき

但し、TRC と VSC の作動を停止している場合は、車速による自動復帰はあり
ません。

EPS の効果が下がるとき

停車中か極低速走行中に長時間ハンドルをまわし続けると、EPS システムのオー
バーヒートを避けるため、EPS の効果が下がりハンドル操作が重く感じられる
ようになります。
その場合は、パワーステアリング警告灯が黄色に点灯(→ P. 393)、および「パ
ワーステアリング機能低下」の警告メッセージ

(→ P. 400)が表示されます

ので、ハンドル操作を控えるか、停車し、エンジンを停止してください。10 分
程度でもとの状態にもどります。

知識

:グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

277

4-5. 運転支援装置について

4

運転

ヒルスタートアシストコントロールの作動条件

次のときシステムが作動します。

シフトレバーの位置が P または、N 以外(前進または後退での上り坂発進時)

車両停止状態

アクセルを踏んでいない

パーキングブレーキがかかっていない

ヒルスタートアシストコントロールの自動解除

次のいずれかのときシステムが解除されます。

シフトレバーを P または N にした

アクセルを踏んだ

パーキングブレーキをかけた

ブレーキペダルから足を離して約 2 秒経過した

スリップ表示灯が点灯、および警告メッセージ

(→ P. 401)が表示されたとき

システムに異常があるおそれがあります。トヨタ販売店に連絡してください。

緊急ブレーキシグナルの作動条件

次のときシステムが作動します。

非常点滅灯が点滅していないこと

車速約 60km/h 以上

ブレーキペダルが踏み込まれ、車両の減速度から急ブレーキだと判断された

緊急ブレーキシグナルの自動解除

次のいずれかのときシステムが解除されます。

非常点滅灯を点滅させた

ブレーキペダルを離した

車両の減速度から急ブレーキではないと判断された

:グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

278

4-5. 運転支援装置について

警告

ABS の効果を発揮できないとき

タイヤのグリップ性能の限界をこえたとき(雪に覆われた路面を過剰に摩耗し
たタイヤで走行するときなど)

雨でぬれた路面やすべりやすい路面での高速走行時に、ハイドロプレーニング
現象が発生したとき

ABS が作動することで、制動距離が通常よりも長くなる可能性があるとき

ABS は制動距離を短くする装置ではありません。特に次の状況では、常に速度
を控えめにして前車と安全な車間距離をとってください。

泥・砂利の道路や積雪路を走行しているとき

タイヤチェーンを装着しているとき

道路のつなぎ目など、段差をこえたとき

凹凸のある路面や石だたみなどの悪路を走行しているとき

TRC の効果を発揮できないとき

すべりやすい路面では、TRC が作動していても、車両の方向安定性や駆動力が
得られないことがあります。車両の方向安定性や駆動力を失うような状況では、
特に慎重に運転してください。

ヒルスタートアシストコントロールの効果を発揮できないとき

ヒルスタートアシストコントロールを過信しないでください。急勾配の坂や、
凍った路面ではヒルスタートアシストコントロールが効かないことがありま
す。

ヒルスタートアシストコントロールはパーキングブレーキのように車を長時
間駐停車するための機能ではありませんので、同機能を坂道での駐停車のため
に使用しないでください。思わぬ事故につながるおそれがあり危険です。

スリップ表示灯が点滅しているときは

VSC が作動中であることを知らせています。常に安全運転を心がけてくださ
い。無謀な運転は思わぬ事故につながるおそれがあり危険です。表示灯が点滅
したら特に慎重に運転してください。

279

4-5. 運転支援装置について

4

運転

警告

TRC や VSC を OFF にするときは

TRC や VSC は駆動力や車両の方向安定性を確保しようとするシステムです。
そのため、必要なとき以外は TRC・VSC を作動停止状態にしないでください。
TRC や VSC を作動停止状態にしたときは、路面状況に応じた速度で、特に慎
重な運転を心がけてください。

V フレックスフルタイム 4WD について

この車の 4WD(V フレックスフルタイム 4WD)は、オンロード専用です。オ
フロード走行やラリー走行などが目的ではなく、一般道での優れた走行安定性
に寄与することを目的とした 4WD ですので、無理な運転はしないでくださ
い。

脱輪などにより、いずれかのタイヤが宙に浮いているときは、むやみに空転さ
せないでください。
前・後輪の回転差が激しい状態が続くと、駆動系部品に無理な力が加わり焼き
付きなどの損傷を受けたり、焼き付きにより、車両が急に飛び出し思わぬ事故
につながるおそれがあり危険です。

タイヤまたはホイールを交換するときは

4 輪とも指定されたサイズで、同じメーカー・ブランド・トレッドパターン(溝
模様)のタイヤを使用し、推奨された空気圧にしてください。(→ P. 452)
異なったタイヤを装着すると、ABS・TRC・VSC・V フレックスフルタイム
4WD

が正常に作動しません。

タイヤ、またはホイールを交換するときは、トヨタ販売店に相談してください。

タイヤとサスペンションの取り扱い

問題があるタイヤを使用したり、サスペンションを改造したりすると、運転を
補助するシステムに悪影響をおよぼし、システムの故障につながるおそれがあ
ります。

:グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

280

4-6. 運転のアドバイス

寒冷時の運転

次のものはそれぞれ外気温に適したものをお使いください。

・ エンジンオイル
・ 冷却水
・ ウォッシャー液

バッテリーの点検を受けてください。

冬用タイヤ(4 輪)やタイヤチェーン(前部タイヤ用)を使用してく
ださい。

タイヤは 4 輪とも同一サイズ、同一銘柄で著しい摩耗差のないものを、
タイヤチェーンはタイヤサイズに合ったものを使用してください。

(タイヤについて:→ P. 345)

状況に応じて次のことを行ってください。

ドアやワイパーが凍結したときは無理に開けたり動かしたりせず、ぬ
るま湯をかけるなどして氷を溶かし、すぐに水分を十分にふき取って
ください。

フロントウインドウガラス前の外気取り入れ口に雪が積もっていると
きは、エアコンのファンを正常に作動させるために、雪を取り除いて
ください。

外装ランプ・車両の屋根・タイヤの周辺やブレーキ装置に雪や氷が付
いているときは、取り除いてください。

乗車する前に靴底に付いた雪をよく落としてください。

ゆっくりスタートし、車間距離を十分にとって控えめな速度で走行して
ください。

寒冷時に備えて、準備や点検など正しく処置していただいた上で適切に
運転してください。

冬を迎える前の準備

運転する前に

運転するとき

281

4-6. 運転のアドバイス

4

運転

パーキングブレーキをかけると、ブレーキ装置が凍結して解除できな
くなるおそれがあります。パーキングブレーキはかけずに、シフトレ
バーを P に入れて駐車し、必ず輪止め

※ 1

をしてください。

輪止めをしないと、車が動き思わぬ事故につながるおそれがあり危険
です。

パーキングブレーキをかけずに駐車するときは、シフトレバーを P に
入れた状態でシフトレバーが動かないこと

※ 2

を確認してください。

※ 1

輪止めは、トヨタ販売店で購入することができます。

※ 2

ブレーキペダルを踏まないで P からシフトするときにロックがかかります。シ
フトできる場合は、シフトロックシステムなどの故障が考えられます。ただち
にトヨタ販売店で点検を受けてください。

タイヤチェーンについて

取り付け・取りはずし・取り扱い方法については次の指示に従ってください。

安全に作業できる場所で行う

前 2 輪に取り付ける

タイヤチェーンに付属の取扱説明書に従う

取り付け後約 0.5 ∼ 1.0km 走行したら締め直しを行う

寒冷地用ワイパーブレードについて

降雪期に使用する寒冷地用ワイパーブレードは、雪が付着するのを防ぐために
金属部分をゴムで覆ってあります。トヨタ販売店で各車指定のブレードをお求
めください。

高速走行時は、通常のワイパーブレードよりガラスがふき取りにくくなること
があります。その場合には速度を落としてください。

駐車するとき

知識

282

4-6. 運転のアドバイス

警告

冬用タイヤ装着時の警告

次のことを必ずお守りください。
お守りいただかないと、車両のコントロールが不能となり、重大な傷害におよ
ぶか、最悪の場合死亡事故につながるおそれがあります。

指定サイズのタイヤを使用する

同一メーカー・同一銘柄・同一トレッドパターン(溝模様)のタイヤを使用する

摩耗差の著しいタイヤを混ぜて装着しない

空気圧を推奨値に調整する

装着する冬用タイヤの最高許容速度や制限速度をこえる速度で走行しない

冬用タイヤを装着する際は、必ず 4 輪とも装着する

タイヤチェーン装着時の警告

次のことを必ずお守りください。
お守りいただかないと、安全に車を運転することができずに、思わぬ事故につ
ながり、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

装着したチェーンに定められた制限速度、もしくは約 30km/h のどちらか低
いほうをこえる速度で走行しない

路面の凹凸や穴を避ける

急加速・急ハンドル・急ブレーキやシフト操作による急激なエンジンブレーキ
の使用は避ける

カーブの入り口手前で十分減速して、車のコントロールを失うのを防ぐ

駐車時の警告

パーキングブレーキをかけずに駐車するときは、必ず輪止めをしてください。
輪止めをしないと、車が動き思わぬ事故につながるおそれがあり危険です。

283

4-6. 運転のアドバイス

4

運転

注意

タイヤチェーンの使用について

トヨタ純正タイヤチェーンのご使用をおすすめします。
トヨタ純正品以外のタイヤチェーンの中には、使用すると、車体にあたり、走
行のさまたげとなるおそれがあるものもあります。
詳しくはトヨタ販売店にご相談ください。

フロントウインドウガラスに付いた氷を除去するとき

たたいて割らないでください。
ウインドウガラス外側に傷がつかなくてもガラスの内側(車内側)が割れるお
それがあります。

284

4-6. 運転のアドバイス

オーディオ

285

5

5-1. オーディオの基本操作

オーディオの種類...................286

ステアリングスイッチの

使い方..................................  287

5-2. ラジオの使い方

ラジオの使い方.......................288

アンテナ ..................................291

5-3. CD の聞き方

CD プレーヤーの使い方 ........292

5-4. 外部入力接続機器の使い方

AUX 端子の使い方.................296

286

5-1. オーディオの基本操作

オーディオの種類

CD プレーヤー& AM/FM ラジオ

携帯電話の使用

オーディオを聞いているときに、車内または車の近くで携帯電話を使用した場
合、オーディオのスピーカーから雑音が聞こえることがあります。

知識

KBTH510101

注意

バッテリーあがりを防止するために

エンジン停止中にオーディオを長時間使用しないでください。

オーディオの取り扱いについて

オーディオに飲み物などをこぼさないように注意してください。

:グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

 

 

 

 

 

 

 

Content   ..  16  17  18  19   ..