Toyota Prius PHV (2017 year). Instruction japanese - part 26

 

  Index      Toyota     Toyota Prius PHV (2017 year) - instruction japanese

 

Search            copyright infringement  

 

 

 

 

 

 

 

 

Content   ..  24  25  26  27   ..

 

 

Toyota Prius PHV (2017 year). Instruction japanese - part 26

 

 

399

5-5. 運転支援装置について

5

運転

警告

安全にお使いいただくために

安全運転を行う責任は運転者にあります。常に周囲の状況を把握し、安全運転
に努めてください。
プリクラッシュセーフティシステムを日常のブレーキ操作のかわりには絶対
に使用しないでください。本システムはあらゆる状況で衝突を回避または衝突
の被害を軽減するものではありません。システムに頼ったり、安全を委ねる運
転をしたりすると思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか、最悪の場合
死亡につながるおそれがあります。

プリクラッシュセーフティシステムは衝突回避を支援、あるいは衝突被害の軽
減に寄与することを目的としていますが、その効果はさまざまな条件によりか
わります。そのため、常に同じ性能を発揮できるものではありません。
次の項目をお読みいただき、システムを過信せず安全運転に努めてください。

・ 衝突の可能性がなくてもシステムが作動するおそれがあるとき:→ P. 403
・ システムが正常に作動しないおそれがあるとき:→ P. 405

お客様ご自身でプリクラッシュセーフティシステムの作動テストを行わない
でください。状況によってシステムが正常に作動せず、思わぬ事故につながる
おそれがあります。

プリクラッシュブレーキについて

プリクラッシュブレーキが作動したときは、強いブレーキがかかります。

プリクラッシュブレーキの作動により車両が停止したときは、約 2 秒後にプリ
クラッシュブレーキが解除されます。必要に応じて運転者自らブレーキをかけ
てください。

プリクラッシュブレーキは運転者の操作状態によっては作動しません。運転者
がアクセルペダルを強く踏んでいたり、ハンドルを操作したりしていると、場
合によっては運転者の回避操作とシステムが判断し、プリクラッシュブレーキ
が作動しない場合があります。

プリクラッシュブレーキ作動中に、アクセルペダルを強く踏んだり、ハンドル
を操作したりすると、場合によっては運転者の回避操作とシステムが判断し、
プリクラッシュブレーキの作動が解除されます。

ブレーキペダルを踏んでいるときは、運転者の回避操作とシステムが判断し、
プリクラッシュブレーキの作動開始タイミングが遅れる場合があります。

400

5-5. 運転支援装置について

警告

プリクラッシュセーフティシステムを OFF にするとき

次のときは、システムを OFF にしてください。
システムが正常に作動せず、思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか、
最悪の場合死亡につながるおそれがあります。

けん引されるとき

けん引するとき

トラック・船舶・列車などに積載するとき

車両をリフトで上げ、ハイブリッドシステムを始動しタイヤを空転させるとき

点検でシャシーダイナモやフリーローラーなどを使用するとき

事故などにより、フロントバンパーやフロントグリルに強い衝撃が加わったと

事故や故障で自車の走行が不安定なとき

オフロード走行やスポーツ走行をするとき

タイヤの空気圧が適正でないとき

著しく摩耗したタイヤを装着しているとき

メーカー指定のサイズ以外のタイヤを装着しているとき

タイヤチェーンを装着しているとき

応急用タイヤやタイヤパンク応急修理キットを使用しているとき

車両に前方センサーをさえぎるような装備品(除雪装置など)を一時的に取り
付けているとき

401

5-5. 運転支援装置について

5

運転

プリクラッシュセーフティシステムの ON / OFF を変更する

マルチインフォメーションディスプレイの

画面(→ P. 273)か

ら、プリクラッシュセーフティシステムの ON(作動)/ OFF(非作
動)を変更することができます。

パワースイッチが ON モードになるたびシステムは ON になります。

システムを OFF にすると、PCS
警告灯が点灯します。

プリクラッシュセーフティシステムの警報タイミングを変更する

マルチインフォメーションディスプレイの

画面(→ P. 273)か

ら、プリクラッシュセーフティシステムの警報タイミングを変更する
ことができます。

パワースイッチを OFF にしても選択した警報タイミングは継続します。

遠い

「中間」より警報タイミングが早くな

中間

初期設定

近い

「中間」より警報タイミングが遅くな

プリクラッシュセーフティシステムの設定変更

1

2

3

402

5-5. 運転支援装置について

システムの作動条件

プリクラッシュセーフティシステムが ON で、前方の車両や歩行者と衝突の可能
性が高いとシステムが判断したときに作動します。
各機能の作動速度は次のとおりです。

衝突警報

・ 自車速度約 10 ∼ 180km/h(検出対象が歩行者のときは、自車速度約 10

∼ 80km/h)

・ 自車から見た前方の車両や歩行者との相対速度約 10km/h 以上

プリクラッシュブレーキアシスト

・ 自車速度約 30 ∼ 180km/h(検出対象が歩行者のときは、自車速度約 30

∼ 80km/h)

・ 自車から見た前方の車両や歩行者との相対速度約 30km/h 以上

プリクラッシュブレーキ

・ 自車速度約 10 ∼ 180km/h(検出対象が歩行者のときは、自車速度約 10

∼ 80km/h)

・ 自車から見た前方の車両や歩行者との相対速度約 10km/h 以上

ただし、次のときシステムは作動しません。

補機バッテリー端子を脱着したあと、しばらく走行するまでのあいだ

シフトポジションが R のとき

VSC が OFF のとき(衝突警報のみ作動可能状態になります)

PCS 警告灯が点滅または点灯しているとき

歩行者検出について

プリクラッシュブレーキの作動解除

プリクラッシュブレーキ作動中に次の操作をすると、プリクラッシュブレーキの
作動が解除されます。

アクセルペダルを強く踏み込む

ハンドルを大きくきる、またはすばやく操作する

知識

対象となる歩行者の大きさ・輪郭・動きなど
から検出します。

周囲の明るさや、歩行者の動き・姿勢・角度
などによっては、歩行者を検出できず、シス
テムが正常に作動しないおそれがあります。

(→ P. 407)

403

5-5. 運転支援装置について

5

運転

衝突の可能性がなくてもシステムが作動するおそれがあるとき

例えば次のような状況では、システムが衝突の可能性があると判断し、作動す
るおそれがあります。

・ 車両や歩行者のすぐそばを通過するとき
・ 車線を変更して先行車を追いこすとき
・ 車線変更している先行車を追い抜くとき

・ 前方車両に急接近したとき
・ 路面にうねり・凹凸があるときなど、車両姿勢が変化しているとき
・ 道路脇の構造物(ガードレール・電柱・木・壁など)に近付いたとき

・ 道路脇が構造物に囲まれた狭い道(狭いトンネル・鉄橋など)を走行するとき
・ 路上または道路脇に金属物(マンホール・鉄板など)

・段差・突起物があるとき

・ 右左折する先行車を追いこすとき

・ 右左折待ちの対向車とすれ違うとき

・ 隣の車線の前方車両との位置関係がず

れる道(曲がりくねった道など)を走行
するとき

・ カーブ入り口の道路脇に車両・歩行者・

構造物が存在するとき

404

5-5. 運転支援装置について

・ ETC ゲートや駐車場のゲートなどの開閉バーに急速に接近したとき
・ 洗車機を使用するとき

・ 前方車両から水・雪・土埃などの巻き上げがあるとき
・ 車両前方に水蒸気や煙などがあるとき
・ 路面または壁面に車両や歩行者との区別がつきにくい模様・ペイントがある

とき

・ 電波の反射が強い物体(大型トラック・ガードレールなど)の横を走行する

とき

・ テレビ塔・放送局・発電所など、強い電波やノイズが発生する場所の近くを

走行するとき

・ 横断する歩行者が車両のすぐそばに近

付いたとき

・ 道路上方に構造物(天井の低いトンネ

ル・道路標識など)がある場所を走行す
るとき

・ 上り坂で道路上方に構造物(看板など)

がある場所を走行するとき

・ 車両に覆いかぶさるような障害物(生い

茂った草・垂れ下がった枝・垂れ幕な
ど)がある場所を走行するとき

405

5-5. 運転支援装置について

5

運転

システムが正常に作動しないおそれがあるとき

例えば次のような状況では、前方センサーが対象となる車両を検出できず、シ
ステムが正常に作動しないおそれがあります。

・ 前方から自車に向かって車両が近付いてくるとき
・ 前方車両がオートバイ・自転車のとき
・ 車両の側面または前面に近付いたとき
・ 先行車の後端面積が小さいとき(空荷のトラックなど)

・ 前方車両の荷台から荷物がはみ出しているとき

・ 前方車両が特殊な形状のとき(トラクター・サイドカーなど)
・ 前方車両が太陽光などを強く反射しているとき
・ 車両が横から割り込んできたり、飛び出してきたりしたとき
・ 前方車両が急な動きをしたとき(急ハンドル・急加速・急減速など)
・ 自車が車線変更を行い、変更した車線の先行車に急接近したとき

・ 先行車の後端が低い位置にあるとき(低

床トレーラーなど)

・ 前方車両の最低地上高が極端に高いと

・ 前方車両と自車の中心がずれていると

406

5-5. 運転支援装置について

・ 悪天候(雨・霧・雪・砂嵐など)のとき
・ 前方車両から水・雪・土埃などの巻き上げがあるとき
・ 車両前方に水蒸気や煙などがあるとき
・ 周囲の明るさが急激に変化する場所を走行するとき(トンネルの出入り口な

ど)

・ 強い光(太陽光や対向車のヘッドランプ光など)がカメラセンサーに直接あ

たっているとき

・ 薄暗いとき(朝方・夕方など)、および夜間やトンネル内
・ ハイブリッドシステムを始動したあと、走行を開始してしばらくのあいだ
・ 右左折中および右左折後の数秒間
・ カーブ走行中およびカーブを曲がりきってからの数秒間
・ 自車が横すべりしているとき

・ ホイールアライメントがずれているとき
・ ワイパーブレードがカメラセンサーの視界をさえぎっているとき
・ ふらつき運転をしているとき
・ 過度な高速走行をしているとき
・ 坂道を走行しているとき
・ 前方センサーの向きがずれているとき

・ 車両姿勢が変化しているとき

407

5-5. 運転支援装置について

5

運転

例えば次のような状況では、制動力が十分に得られず、システムの性能を発揮
できないおそれがあります。

・ ブレーキ性能が十分に発揮できない場合(ブレーキ部品が極度に冷えている・

過熱している・ぬれているなど)

・ 車両の整備状態(ブレーキ部品・タイヤの摩耗や空気圧など)が良好でない

とき

・ 砂利道やすべりやすい路面を走行しているとき

例えば次のような歩行者は、前方センサーが検出できず、システムが正常に作
動しないおそれがあります。

・ 身長が約 1m 以下、または約 2 m 以上の歩行者
・ 合羽・ロングスカートなどを着ていて、全身の輪郭があいまいな歩行者
・ 大きな荷物を抱えていたり、傘をさしていたりして、体の一部が隠れている

歩行者

・ 前かがみになっている、またはしゃがんでいる歩行者
・ ベビーカー・車いす・自転車などを押している歩行者
・ 集団でいる歩行者
・ 白っぽい服を着ていて、極端に明るく見える歩行者
・ 夜間やトンネル内など、暗闇にいる歩行者
・ 服装の色合いや明るさなどが背景に溶け込んでいる歩行者
・ 壁際や車両・フェンス・ガードレールなどのそばにいる歩行者
・ 路面の金属物(マンホール・鉄板など)上にいる歩行者
・ 歩く速度が速い歩行者
・ 歩く速度を急激に変化させている歩行者
・ 物陰から飛び出してきた歩行者
・ 車両の側端(ドアミラーなど)すれすれの位置にいる歩行者

408

5-5. 運転支援装置について

PCS警告灯が点滅、およびマルチインフォメーションディスプレイに警告メッセー
ジが表示されたとき

システムが一時的に作動しない、またはシステムに異常があるおそれがありま
す。

次のときは、状況が改善されると PCS 警告灯・警告メッセージが消え、作動可
能状態になります。

・ 炎天下などで、前方センサーや前方センサー周辺の温度が高いとき
・ 極寒の環境などで、前方センサーや前方センサー周辺の温度が低いとき
・ レーダーセンサーやフロントグリルエンブレム周辺に雪や汚れなどが付着し

ているとき

・ カメラセンサー前部のフロントウインドウガラスが曇ったり、結露したり、

凍結したりしているとき(フロントウインドウガラスの曇りを取るには:→
P. 521,533)

・ ボンネットが開いているときや、フロントウインドウガラスのカメラセン

サー付近にシールが貼り付けられているときなど、カメラセンサーの前方が
さえぎられているとき

PCS 警告灯が点滅したままのとき、および警告メッセージが表示されたままの
ときは、システムに異常があるおそれがあります。トヨタ販売店で点検を受け
てください。

VSC を停止したとき

VSC の作動を停止(→ P. 510)したときは、プリクラッシュブレーキアシス
ト・プリクラッシュブレーキの作動も停止します。

PCS 警告灯が点灯し、マルチインフォメーションディスプレイに「VSC が OFF
のためプリクラッシュブレーキも停止します」が表示されます。

409

5

運転

5-5. 運転支援装置について

LDA(レーンディパーチャーアラート

[ ステアリング制

御機能付き ])

白(黄)線が整備された、高速道路または自動車専用道路を走行中、車
線からの逸脱の可能性を運転者に警告するとともに、逸脱を回避するた
めのハンドル操作の一部を支援します。

LDA は、フロントウインドウガラ
ス上部のカメラセンサーで、白(黄)
線を認識します。

車線逸脱警報機能

車両が車線から逸脱する可能性
がある場合に、マルチインフォ
メーションディスプレイの表示
および、警報ブザーにより注意を
うながします。

警報ブザーが鳴ったときは、まわり
の道路状況を確認の上、ハンドルを
慎重に操作して、白(黄)線内の中
央付近にもどってください。

機能概要

:車線逸脱警報

:グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

LDA に含まれる機能

410

5-5. 運転支援装置について

ステアリング制御機能

車両が車線から逸脱する可能性
がある場合に、短時間、小さな操
舵力をハンドルに与えて、車線か
らの逸脱を避けるのに必要なハ
ンドル操作の一部を支援します。

一定のあいだハンドルを操作しな
かったり、ハンドルをしっかり握っ
ていない状態での運転が続いたりし
たときは、マルチインフォメーショ
ンディスプレイに警告メッセージが
表示され、機能が一時的に解除され
ます。

ふらつき警報機能

車両がふらついて走行している
とき、または車線から何度もはみ
だしそうになった場合に、警報ブ
ザーおよびマルチインフォメー
ションディスプレイの表示によ
り注意をうながします。

411

5-5. 運転支援装置について

5

運転

警告

LDA をお使いになる前に

LDA を過信しないでください。LDA は自動で運転する装置でも前方への注意
を軽減する装置でもないため、運転者は常に自らの責任で周囲の状況を把握し、
ハンドル操作で進路を修正し、安全運転を心がけてください。また、長時間の
運転などによる疲労時は適切に休憩をとってください。
適切な運転操作をしなかったり、注意を怠ったりすると、思わぬ事故につなが
るおそれがあり危険です。

誤作動を防ぐために

LDA を使用しないときは、LDA スイッチでシステムを OFF にしてください。

LDA を使用してはいけない状況

次の状況では、LDA を使用しないでください。
システムが適切に作動せず、思わぬ事故につながるおそれがあり危険です。

タイヤチェーンを装着しているとき

タイヤの残り溝が十分にないとき、または空気圧が不足しているとき

構造・メーカー・銘柄・トレッドパターンが異なるタイヤを使用したとき

路側物に白(黄)線と見間違えるような構造物や模様があるとき(ガードレー
ル・縁石・反射ポールなど)

雪道を走行しているとき

雨・雪・霧・砂ぼこりなどで白(黄)線が見えにくいとき

道路の修復で、アスファルト修復跡や白(黄)線の跡などが残っているとき

工事によって規制された車線・仮設の車線を走行しているとき

雨天時や積雪・凍結などで、すべりやすい路面を走行しているとき

高速道路または自動車専用道以外の車線を走行しているとき

工事区間を走行しているとき

412

5-5. 運転支援装置について

LDA を ON にするには LDA スイッ
チを押す

LDA 表示灯が点灯し、マルチインフォ
メーションディスプレイにメッセージ
が表示されます。

OFF にするには、再度スイッチを押し
ます。

いったん LDA を ON / OFF すると、
次回ハイブリッドシステムを始動した
ときにも、そのままの状態が続きます。

警告

LDA の故障、または誤作動を防ぐために

ヘッドランプを改造したり、ランプの表面にステッカーなどを貼ったりしない
でください。

サスペンションなどを改造しないでください。交換が必要な場合はトヨタ販売
店にご相談ください。

ボンネットやグリルの上には、何も取り付けたり置いたりしないでください。
また、グリルガード(ブルバー・カンガルーバーなど)を取り付けたりしない
でください。

フロントウインドウガラスの修理が必要な場合は、トヨタ販売店にご相談くだ
さい。

設定のしかた

413

5-5. 運転支援装置について

5

運転

LDA 表示灯

システムがONになっているとき
に点灯します。

ステアリング制御表示灯/ハンドル操舵支援作動表示

ステアリング制御機能のハンドル操舵支援が作動中のとき、表示灯が
点灯するとともに、マルチインフォメーションディスプレイの作動画
面が表示されます。

車線逸脱警報機能表示

マルチインフォメーションディスプレイを

画面(→ P. 272)に

切りかえると表示されます。

メーター表示

1

2

3

X

白線表示の内側が白いとき

X

白線表示の内側が黒いとき

システムが白(黄)線を認識してい
ることを示しています。車両が車線
から逸脱した場合、逸脱している側
の白線表示が橙色で点滅します。

システムが白(黄)線を認識できて
いない、またはシステムが一時的に
解除されていることを示していま
す。

414

5-5. 運転支援装置について

各機能の作動条件

車線逸脱警報機能

次の条件をすべて満たしたとき作動します。

・ LDA を ON にしているとき
・ 車速が約 50km/h 以上のとき
・ システムが白(黄)線を認識しているとき
・ 車線の幅が約 3m 以上のとき
・ 方向指示レバーを操作していないとき
・ 直線路または半径が約 150m よりゆるいカーブを走行しているとき
・ システムの異常が検知されていないとき(→ P. 417)

ステアリング制御機能

車線逸脱警報機能の作動条件に加えて、次の条件をすべて満たしたとき作動し
ます。

・ マルチインフォメーションディスプレイの

画面で

(操舵支

援)を「有」に設定しているとき(→ P. 274)

・ 一定以上の加減速がないとき
・ 車線変更に相当する程度の操舵力でハンドルを操作していないとき
・ ABS・VSC・TRC・PCS が作動していないとき
・ TRC または VSC を停止していないとき
・ 手放し運転警告(→ P. 415)が表示されていないとき

ふらつき警報機能

次の条件をすべて満たしたとき作動します。

・ マルチインフォメーションディスプレイの

画面で

(ふらつき

警報)を「有」に設定しているとき(→ P. 274)

・ 車速が約 50km/h 以上のとき
・ 車線の幅が約 3m 以上のとき
・ システムの異常が検知されていないとき(→ P. 417)

知識

 

 

 

 

 

 

 

Content   ..  24  25  26  27   ..