Toyota Prius Alpha (2017 year). Instruction japanese - part 11

 

  Index      Toyota     Toyota Prius Alpha (2017 year) - instruction japanese

 

Search            copyright infringement  

 

 

 

 

 

 

 

 

Content   ..  9  10  11  12   ..

 

 

Toyota Prius Alpha (2017 year). Instruction japanese - part 11

 

 

159

4-2. 運転のしかた

4

運転

シフトポジションについて

パワースイッチが OFF のときはシフトポジションの切りかえはできません。

パワースイッチが ON モードで、READY インジケーターが消灯しているとき
は、N にのみ切りかえが可能です。シフトレバーを操作して D または R の位置
で保持したときも N に切りかわります。

READY インジケーターが点灯中は、P から、D・N・R を選択できます。

READYインジケーターが点滅しているときは、シフトレバーを操作してもPか
ら他のシフトポジションに切りかえることはできません。READY インジケー
ターが点滅から点灯にかわってから、再度シフトレバーを操作してください。

D 以外から直接、B に切りかえることはできません。

また、次に示す操作をするとブザーが鳴り、シフトポジションの切りかえが無効
になるときや、自動的に N に切りかわる場合があります。その場合は適切なシフ
トポジションに切りかえてください。

シフトポジションの切りかえを無効にするとき

・ P からブレーキペダルを踏まずにシフトレバーを操作したとき
・ P または N から、B を選択したとき

自動的にシフトポジションが N に切りかわるとき

・ 走行中に、P ポジションスイッチを押したとき

※ 1

・ 車両が前進しているときに R を選択したとき

※ 2

・ 車両が後退しているときに D を選択したとき

※ 3

・ R から B を選択したとき

※ 1

極低速走行時は、P に切りかわることがあります。

※ 2

低速走行時は、R に切りかわることがあります。

※ 3

低速走行時は、D に切りかわることがあります。

リバース警告ブザー

シフトポジションを R にするとブザーが鳴り、R にあることを運転者に知らせま
す。

知識

160

4-2. 運転のしかた

自動 P ポジション切りかえ機能について

パワースイッチが ON モードの状態でシフトポジションが P 以外のとき、車両を
完全に停止させパワースイッチを押すと、自動的にシフトポジションが P に切り
かわり、パワースイッチが OFF になります。

シフトポジションが P から切りかわらない場合は

補機バッテリーあがりの可能性があります。補機バッテリーがあがってしまった
場合の対処法は、P. 433 を参照してください。

エンジンブレーキについて

高速走行時は、通常の車にくらべてエンジンブレーキによる減速感が小さくな
ります。

強いエンジンブレーキが必要な場合は、シフトポジションを B にしてください。

補機バッテリーを脱着したとき

→ P. 435

警告

すべりやすい路面を走行するとき

急なアクセル操作や、シフト操作を行わないでください。エンジンブレーキ力
の急激な変化が、横すべりやスピンの原因になりますので注意してください。

シフトレバー/ P ポジションスイッチについて

シフトレバーのノブを取りはずしたり、純正品以外のノブを取り付けたりしな
いでください。また、ものをぶら下げたりしないでください。シフトレバーが
定位置にもどらなくなって、思わぬ事故につながるおそれがあり危険です。

車が動いているときは、P ポジションスイッチにふれないでください。
停車直前など、極低速走行中に P ポジションスイッチを押すと、シフトポジ
ションが P に切りかわることがあるため、車が急停止して思わぬ事故につな
がるおそれがあり危険です。

意図せぬシフトポジションの切りかわりを防止するため、操作時以外は P ポ
ジションスイッチやシフトレバーにふれないでください。

161

4-2. 運転のしかた

4

運転

注意

駆動用電池の充電について

シフトポジションが N では、ガソリンエンジンが回転していても駆動用電池は
充電されないため、N で長時間放置すると駆動用電池の残量が低下し、走行不
能になるおそれがあります。

シフト制御システムの異常が考えられるとき

次のような状態になったときは、シフト制御システムの異常が考えられます。
安全で平坦な場所に停車し、パーキングブレーキをかけて、トヨタ販売店にご
連絡ください。

マルチインフォメーションディスプレイにシフト制御システムに関する警告
メッセージが表示されたとき(→ P. 380)

シフトポジション表示灯の選択枠以外が全て点灯したとき

シフトポジション表示灯が点灯しないとき

シフトポジションの切りかえ操作について

P から P 以外、および P 以外から P への切りかえ操作を短時間にくり返し行
わないでください。そのような操作を行うと、システム保護のため、一定時間
P からの切りかえができなくなることがあります。その場合は、約 20 秒待っ
てから操作し直してください。

162

4-2. 運転のしかた

方向指示レバー

左折

左側へ車線変更

(レバーを途中で保持)

レバーを離すまで、左側方向指示灯が
点滅します。

右側へ車線変更

(レバーを途中で保持)

レバーを離すまで、右側方向指示灯が
点滅します。

右折

作動条件

パワースイッチが ON モードのとき

表示灯の点滅が異常に速くなったとき

方向指示灯の電球が切れていないか確認してください。

操作のしかた

1
2

3

4

知識

163

4

運転

4-2. 運転のしかた

パーキングブレーキ

パーキングブレーキをかけるには、
右足でブレーキペダルを踏みなが
ら、左足でパーキングペダルをいっ
ぱいまで踏み込む(再度踏み込むと
解除される)

駐車するとき

→ P. 138

パーキングブレーキ未解除警告ブザー

→ P. 376

冬季のパーキングブレーキの使用について

→ P. 277

操作のしかた

知識

注意

走行前の注意

パーキングブレーキを完全に解除してください。
パーキングブレーキをかけたまま走行すると、ブレーキ部品が過熱し、ブレー
キの効きが悪くなったり、早く摩耗したりするおそれがあります。

164

4-3. ランプのつけ方・ ワイパーの使い方

ランプスイッチ

レバーの端をまわすと、次のようにランプが点灯します。

消灯

車幅灯・尾灯・番号灯・イ

ンストルメントパネルラ
ンプを点灯

上記ランプとヘッドラン

プを点灯

ヘッドランプ・LED デイラ

イト(→ P. 166)・車幅
灯などを自動点灯・消灯

(パ ワー ス イッ チ が ON

モードのとき)

ランプ点灯時ハイビームに切り
かえ

レ バーをもとの 位置へもど すとロー
ビームにもどります。

レバーを引いているあいだ、ハイ
ビームを点灯

ランプが消灯していても、ハイビーム
が点灯します。レバーを離すと、ロー
ビームにもどる、または消灯します。

自動または手動でヘッドランプなどを点灯できます。

操作のしかた

1
2

3

4

ハイビームにする

1

2

165

4-3. ランプのつけ方・ ワイパーの使い方

4

運転

乗車人数や荷物の量などによる車の姿勢の変化に合わせて、ヘッドラン
プの光軸を調整することができます。

上向きに調整

下向きに調整

目盛り設定の目安

X

5 人乗り車

X

7 人乗り車

手動光軸調整ダイヤル(ハロゲンヘッドランプ装着車)

1
2

乗員と荷物の条件

ダイヤル位置

乗員

荷物

運転者

なし

0

運転者と助手席乗員

なし

0

全乗員

なし

1.5

全乗員

ラゲージルーム満載時

3.5

運転者

ラゲージルーム満載時

4.5

乗員と荷物の条件

ダイヤル位置

乗員

荷物

運転者

なし

0

運転者と助手席乗員

なし

0

全乗員

なし

3

全乗員

ラゲージルーム満載時

3.5

運転者

ラゲージルーム満載時

4.5

運転者と助手席乗員と

サードシート乗員

なし

1.5

166

4-3. ランプのつけ方・ ワイパーの使い方

LED デイライト(装着車のみ)

日中での走行時、自車が他の運転者から見やすくなるように、ハイブリッドシス
テム始動後、パーキングブレーキを解除してランプスイッチを

にすると、

LED デイライトが自動で点灯します。
LED デイライトは夜間の使用を意図したものではありません。

ライトセンサー

ランプ消し忘れ防止機能

パワースイッチをアクセサリーモードまたは OFF にしてランプが点灯した状態
で運転席ドアを開けるとヘッドランプと尾灯が消灯します。

再びランプを点灯する場合は、パワースイッチを ON モードにするか、一度ラン
プスイッチを

にもどし、再度

または

の位置にします。

オートレベリングシステム(LED ヘッドランプ装着車)

通行人や対向車がまぶしくないように、乗車人数、荷物の量などによる車の姿勢
の変化に合わせて、ヘッドランプの光軸を自動で調整します。

カスタマイズ機能

ライトセンサーの感度の設定などを変更できます。

(カスタマイズ一覧:→ P. 451)

知識

センサーの上にものを置いたり、センサーを
ふさぐようなものをフロントウインドウガ
ラスに貼らないでください。周囲からの光が
さえぎられると、自動点灯・消灯機能が正常
に働かなくなります。
また、エアコン作動のさまたげとなります。

注意

補機バッテリーあがりを防止するために

ハイブリッドシステムを停止した状態でランプ類を長時間点灯しないでくださ
い。

167

4

運転

4-3. ランプのつけ方・ ワイパーの使い方

オートマチックハイビーム

ラ ン プ スイ ッ チ を

ま た は

にし、レバーを前方へ押す

オ ー ト マ チ ッ ク ハ イ ビ ー ム ス
イッチを押す

オートマチックハイビームが作動する
と、オートマチックハイビーム表示灯
が点灯します。

:グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

オートマチックハイビームは、フロントウインドウガラスに設置された
カメラセンサーにより対向車または先行車のランプや街路灯などの明る
さを判定し、自動的にハイビームとロービームを切りかえます。

オートマチックハイビームの使い方

1

2

168

4-3. ランプのつけ方・ ワイパーの使い方

次の条件をすべて満たすと、ハイビームを点灯します。

車速が約 30km/h 以上

車両前方が暗い

対向車または先行車が存在しない、またはランプを点灯していない

前方の道路沿いの街路灯の光が少ない

次の条件のいずれかのときはロービームが点灯します。

車速が約 25km/h 以下

車両前方が明るい

対向車または先行車がランプを点灯している

前方の道路沿いの街路灯の光が多い

ハイビームとロービームの自動切りかえ条件

169

4-3. ランプのつけ方・ ワイパーの使い方

4

運転

ロービームへの切りかえ

レバーをもとの位置にもどす

オートマチックハイビーム表示灯が
消灯します。

オートマチックハイビームにもどす
には、再度レバーを前方に押します。

ハイビームへの切りかえ

オ ー ト マ チ ッ ク ハ イ ビ ー ム ス
イッチを押す

オートマチックハイビーム表示灯が
消灯し、ハイビーム表示灯が点灯し
ます。

オートマチックハイビームにもどす
には、再度スイッチを押します。

手動切りかえのしかた

170

4-3. ランプのつけ方・ ワイパーの使い方

作動条件

パワースイッチが ON モードのとき

オートマチックハイビームについて

次の状況では、ハイビームが自動でロービームに切りかわらない場合がありま
す。

・ 見通しの悪いカーブで対向車と突然すれ違ったとき
・ 他車が前方を横切ったとき
・ 連続するカーブや中央分離帯、街路樹などで対向車や先行車が見え隠れする

とき

・ 対向車が離れた車線から接近してきたとき
・ 対向車または先行車が無灯火のとき

対向車のフォグランプにより、ハイビームがロービームに切りかわる場合があ
ります。

街路灯や信号・広告などの照明、または標識・看板などの反射物によりハイビー
ムがロービームに切りかわる場合や、ロービームが継続する場合があります。

次の原因により、ハイビームとロービームの切りかえのタイミングが変化する
場合があります。

・ 対向車または先行車のランプの明るさ
・ 対向車または先行車の動きや向き
・ 対向車または先行車のランプが片側のみ点灯しているとき
・ 対向車または先行車が二輪車のとき
・ 道路の状態(勾配やカーブ、路面状況など)
・ 乗車人数や荷物の量

オートマチックハイビームは車両前方にあるランプの明るさなどで周囲の状況
を認識します。従って、ハイビームとロービームが運転者の感覚に合わず切り
かわる場合があります。

自転車などの軽車両は検知しない場合があります。

知識

171

4-3. ランプのつけ方・ ワイパーの使い方

4

運転

次の状況では、周囲の明るさが正確に検知されず、ハイビームが対向車や先行
車の迷惑になる場合や、ロービームが継続する場合があります。このような場
合は、手動でハイビームとロービームを切りかえてください。

・ 悪天候時(霧・雪・砂嵐・大雨など)
・ フロントウインドウガラスが汚れているときや、曇っているとき
・ フロントウインドウガラスにひび割れや破損があるとき
・ カメラセンサーが変形しているときや、汚れているとき
・ カメラセンサーが極端に高温になっているとき
・ 周囲にヘッドランプや尾灯などに似た光があるとき
・ 対向車または先行車のランプが無灯火のときや、ランプに汚れや変色があっ

たり光軸がずれているとき

・ 急激な明るさの変化が連続するとき
・ 起伏や段差が多い道路を走行しているとき
・ カーブが多い道路を走行しているとき
・ 車両前方に標識やミラーのように光を強く反射するものがあるとき
・ コンテナなど、先行車両の後部が光を強く反射するとき
・ 自車のヘッドランプが破損または汚れているとき
・ パンクやけん引などにより車両が傾いているとき
・ ハイビームとロービームをひんぱんに切りかえているとき

警告

安全にお使いいただくために

オートマチックハイビームを過信しないでください。運転者は常に自らの責任
で周囲の状況を把握し、安全運転を心がけ、必要に応じて手動でハイビームと
ロービームを切りかえてください。

172

4-3. ランプのつけ方・ ワイパーの使い方

注意

オートマチックハイビームを正しく作動させるために

カメラセンサーの近くのフロントウインドウガラスにステッカーを貼らない

ダッシュボードの上にものを置かない

カメラセンサー周囲にアクセサリーを取り付けない

荷物を積み過ぎない

車両を改造しない

トヨタ純正品以外のフロントウインドウガラスやヘッドランプに交換しない

オートマチックハイビームを正しく作動さ
せるために次のことをお守りください。

カメラセンサーのレンズにふれない

カメラセンサーに強い衝撃を与えない

カメラセンサーを分解しない

カメラセンサーに液体をかけない

173

4

運転

4-3. ランプのつけ方・ ワイパーの使い方

フォグランプスイッチ

X

フロントフォグランプ装着車

消灯する

点灯する

雨や霧などの悪天候下での視界を確保します。

操作のしかた

:グレード、オプションなどにより、装備の有無があります。

1
2

174

4-3. ランプのつけ方・ ワイパーの使い方

X

リヤフォグランプ装着車

消灯する

点灯する

手 を 離 す と

の 位 置 ま で も ど り ま

す。

再度操作すると、消灯します。

X

フロント&リヤフォグランプ装着車

消灯する

フロントフォグランプを

点灯する

フロント&リヤフォグラ

ンプを点灯する

手を離すと

の位置までもどりま

す。

再度操作すると、リヤフォグランプの
み消灯します。

1
2

1
2

3

 

 

 

 

 

 

 

Content   ..  9  10  11  12   ..