Suzuki Landy (2017 year). Instruction japanese - part 1

 

  Index      Suzuki     Suzuki Landy (2017 year) - instruction japanese

 

Search            copyright infringement  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Content      ..       1      2      ..

 

 

Suzuki Landy (2017 year). Instruction japanese - part 1

 

 

お問い合わせ、ご相談は

スズキ代理店にお問い合わせやご相談をいただくときは、別冊の「スズキ4輪車サービスネットワーク」に記載して

ありますお近くの代理店にお気軽にご連絡ください。お客様のご相談に対して的確な判断と迅速な処理をするため、

あらかじめ、お手元に車検証をご準備いただき、次の事項をご確認のうえ、ご連絡願います。

①車名、車台番号、ナンバープレートの番号など
②ご購入年月日
③走行距離
④ご相談内容
⑤お客様のご住所、お名前、お電話番号

お車のことや、車検・点検などのアフターサービスについてのお問い合わせやご相談が

ございましたら

フロント

まずは、お買い上げいただきましたスズキ販売店またはスズキ代理店にお尋ねください。

知識

このたびは、スズキ ランディをお買い求めいただきありがとうございます。

本書は、お車の取扱いや万一のときの処置などについて説明しています。
本書では、次の記号を使用しています。これらは重要ですので、とくにしっかりお読みください。

保証や点検整備については、別冊のメンテナンスノートに記載しています。本書とあわせてお読みください。
本書とメンテナンスノートは、常にお車の中に保管してください。

お車をおゆずりになるときは、次に所有されるかたのために、本書とメンテナンスノートをお車に付けてお渡しください。

限定車の装備品や、スズキ販売店またはスズキ代理店で取り付けた装備品などについては、装備品に添付されて

いる取扱説明書をお読みください。

車の仕様などの変更により、本書の内容やイラストとお車が一致しない場合があります。あらかじめご了承ください。

ご不明な点は、担当セールススタッフにおたずねください。

ご使用の前に、必ずこの取扱説明書をお読みください。お車の取扱いを誤ると、事故や故障の

原因となります。本書をよくお読みいただき、いつまでも快適なカーライフをお楽しみください。

安全のために守っていただきたいこと。

守らないと生命の危険または重大な傷害につながるおそれがあります。

守らないと傷害または事故につながるおそれがあります。

守らないと車両破損につながるおそれや正規性能を確保できないことがあります。

知っておくとお車やいろいろな装備を上手に使うことができ便利です。

お車のために守っていただきたいこと。

お車を使ううえで知っておいていただきたいこと。

アドバイス

警告

注意

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(2,1)

Model: C27-JPN(OEM) ]

2

外観フロント



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(3,1)

Model: C27-JPN(OEM) ]

3

$:⾞両型式、オプションなどで異なる装備

外観リヤ



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(4,1)

Model: C27-JPN(OEM) ]

4

⾞室内



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(5,1)

Model: C27-JPN(OEM) ]

5

$:⾞両型式、オプションなどで異なる装備

運転席まわり



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(6,1)

Model: C27-JPN(OEM) ]

6

インストルメントパネル



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(7,1)

Model: C27-JPN(OEM) ]

7

$:⾞両型式、オプションなどで異なる装備

メーター



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(8,1)

Model: C27-JPN(OEM) ]

8

警告灯⼀覧



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(9,1)

Model: C27-JPN(OEM) ]

9

$:⾞両型式、オプションなどで異なる装備

表⺬灯⼀覧



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(10,1)

Model: C27-JPN(OEM) ]

10

MEMO



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(12,1)

Model: C27-JPN(OEM) ]

12

正しい運転姿勢について

警告

ハ ン ド ル 、 シ ー ト 、 ミ ラ ー の 調 節
は、必ず⾛⾏前に⾏う。
⾛⾏中に調節すると、思わぬ事故に
つながるおそれがあります。

ハ ン ド ル や シ ー ト を 調 節 し た あ と
は、確実に固定されていることを確
認する。
固定されていないと運転姿勢が突然
変わり、思わぬ事故につながるおそ
れがあります。

注意

背もたれと背中の間にクッションな
どを⼊れない。
運転姿勢が不安定になり、思わぬ事
故につながるおそれがあります。

運転する前に

運転前の準備

正しい運転姿勢をとれるよう、ハンドル(

P.164)、シート(

P.145)、ミラー(

P.165)を調節し、シートベルトを着用してくださ

い。






-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(13,1)

Model: C27-JPN(OEM) ]

シートベルトの着⽤

必ず⾛⾏前にシートベルトを正しく着⽤してください。

シートベルト (P.19)

⼩さなお⼦さまを乗せるときは、適切なチャイルドシートをご使⽤ください。

チャイルドシート (P.43)

ミラーの調節

シートおよびハンドルの調節が完了したら、ミラーを調節します。確実に後⽅確認がで
きる位置に、ドアミラーおよびルームミラーを調節してください。

ドアミラー (P.166)
ルームミラー (P.165)

⾞に合ったフロアマットを適切に使⽤する

ペダル操作のさまたげになって思わぬ事
故につながるおそれがありますので、次
のことをお守りください。

⾜元の形に合わないフロアマットを
使わない

フロアマットを重ねて敷かない

フロアマットは固定具などで確実に
固定する

運 転 席 お よ び 助 ⼿ 席 側 の フ ロ ア
(カーペット下)には、スズキ純正
フロアマットに付属する固定具を取
り付ける⽳があります。

この⾞専⽤のスズキ純正フロアマットの
ご使⽤をおすすめします。

13

$:⾞両型式、オプションなどで異なる装備

運転する前に

運転前の準備






-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(14,1)

Model: C27-JPN(OEM) ]

14

警告

排気ガスには⼗分注意する

排気ガスには無⾊無臭で有害な⼀酸化炭素が含まれています。⼀酸化炭素を吸い込む
と⼀酸化炭素中毒になり、重⼤な健康障害におよぶか、死亡につながるおそれがあり
ます。

以下の状況では、暖機運転をしたりエンジンをかけたままにしたりしない。
排気ガスが⾞両周辺に滞留したり、⾞室内に侵⼊したりするおそれがあります。

雪が積もった場所に駐停⾞するとき

降雪時に駐停⾞するとき

⾞庫や屋内、壁などに囲まれた換気が悪い場所に駐停⾞するとき

仮眠や⻑時間の駐⾞をするとき

排気管が腐⾷または損傷しているおそれがあるとき

他⾞の排気⼝が近くにあるとき

⾛⾏する前に、バックドアが確実に閉まっていることを確認する。
⾛⾏中に排気ガスが侵⼊するおそれがあります。

⾞室内に排気ガスが侵⼊したと感じたときは、窓を開けて⼗分に換気をする。

排気管に⽳や⻲裂がある場合や排気⾳に異常があるときは、スズキサービス⼯場で点
検を受ける。
排気ガスが⾞室内に侵⼊するおそれがあり危険です。

⾞室内に⼈やペットを残さない

お⼦さま、介護を必要とされる⽅、ペットを⾞室内に残さない。
炎天下では⾞室内が⾼温になり、⽣命にかかわるおそれがあり危険です。

診断機接続⽤のコネクターにはご注意を

運転する前に

運転するときに注意すること






-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(15,1)

Model: C27-JPN(OEM) ]

警告

診断機接続⽤のコネクターには、後付け⽤品を取り付けないでください。バッテリー
があがったり、警告灯が点灯するなど、思わぬトラブルを招くおそれがあります。

注意

燃料が⼊った容器やスプレー⽸などを積まない

ガソリンや可燃性ガスの⼊ったスプレー⽸などは積まない。
引⽕や爆発するおそれがあり危険です。

⽕気には⼗分注意する

操作部が露出しているガスライターをグローブボックスなどの⼩物⼊れに⼊れておい
たり、床やシートのすき間に落としたままにしない。
荷物を押し込んだときやシートを動かしたときに、ライターの着⽕ボタンが押されて
ガスが噴出し、⽕災につながるおそれがあります。また、ライターを使⽤したあと、
すぐに収納すると⽕災を起こすおそれがあります。

灰⽫を使ったあとは、マッチやタバコの⽕が消えていることを確認し、必ずふたを閉
める。
紙くずなど燃えやすいものは⼊れないでください。出⽕するおそれがあります。

アクセサリーをウインドーに取り付けない

ウインドーにアクセサリーを取り付けない。
視界の妨げになったり、吸盤がレンズの働きをして⽕災を起こしたり、SRSエアバッグが作動
したときアクセサリーが⾶んでケガをするなど、思わぬ事故につながるおそれがあります。

故障や破損したまま⾛⾏しない

排気⾳が⼤きくなったときは、スズキサービス⼯場で点検を受ける。

15

$:⾞両型式、オプションなどで異なる装備

運転する前に

運転するときに注意すること

次ページに続く






-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

Content      ..       1      2     ..